全日本モトクロス選手権2015の会場をレアな目線で歩いてみよう。Madfish × Kawasaki 編。[ I was watching from the standpoint of graphic decal made by MADFISH DESIGNS at All Japan Motocross Championship 2015. ]


顔に占める黒の面積が多い柴犬のいるレーシングチームと言えば、
ピュアテックレーシングですね。
さ、全日本モトクロス選手権の第2戦目は関東です、オフビレです。
ライダー達のかっこいいスタート写真や、
コーナーの写真やジャンプの写真は、
プロやセミプロやカメラオタクにまかせておいて、
わたしはいつものコンデジ(古め)で、
世界で一番かっこいいグラフィックデカールを作ることで有名な、
マッドフィッシュデザインズのグラフィックで武装したモトクロッサー縛りという、
極めてレアな撮影の旅に出ます。
では、Kawasakiからいってみよー!
20150418Madfish_and_Kawasaki-8.jpg
ピュアテックレーイングのLMX#12めいちゃん号と、
JX#57めいちゃんの弟、瞭くん号。
20150418Madfish_and_Kawasaki-7.jpg
IB#57つばさくん号。
そして派手なコースター。
20150418Madfish_and_Kawasaki-5.jpg
すごくシンプルで、だけどもすごくかっこいい。
IA2#74平山くん号。
20150418Madfish_and_Kawasaki-6.jpg
931RTってなんだろ?
シンプルゆえにマゼンタが映える。で、931ってなんだろ?
20150418Madfish_and_Kawasaki-2.jpg
IB#90ヒロト号。
バイクの完成にあたり、それはもうお祭り騒ぎのような大騒動があったんだとか。
20150418Madfish_and_Kawasaki-4.jpg
そう、この人が居るところには必ずお祭り騒ぎがあると思った方が良い。
その模様は後日改めて報告いたします。
20150418Madfish_and_Kawasaki-3.jpg
ベイビーフィッシュがこんなところにも。
20150418Madfish_and_Kawasaki-1.jpg
マッドシッフュブースに飾ってあったペンギンレーシングバイク。
お客さんの視線を独り占めにしていました。
ねぇ、カワサキのバイクには、
マッドフィッシュのグラフィック以外考えられないよね。
と行っても過言ではない黒と緑の使い方にウットリします。
緑のグラデーションをこんなにも美しく出せるデザイナーは他にはいませんね。
以上、マッドフィッシュ × Kawasaki でした。
スポンサーサイト