ドコモショップでSIMカードのサイズ交換と電話番号の変更を同時にやると1回分の手数料だけでやってもらえるよ。

201503docomo_SIM_change-2.jpg
決死の覚悟でなければ行けない場所、それは「携帯キャリアの店頭」です。
それはなぜか?

あげればキリが無いほど理由はありますが、
やったらめったら待たされる
というのが最大の理由ではなかろうかと思います。

では、本日、決死の覚悟でドコモショップに足を運び、
「電話番号の変更」をします。

とりあえずSIMカードを挿しておくガラケもスマホも無いので、
SIMカードだけを裸のまま持っていくことにします。

電話番号を変更するとSIMカードが新しいものに変わります。

ということはですよ、
電話番号を変えるついでにSIMカードのサイズも換えたら、
1回分の手数料でなんとかならないだろうか?

つまりは、
電話番号の変更に2160円(8%税込み)かかります。
ドコモ店頭での機種変を伴わないSIMカードの変更に2160円(8%税込み)かかります。
いっこいっこだと合計4320円かかる変更手数料を、
1回分の手数料でお願いします。
支払う手数料をなんとか1回分にしていただけないだろうか大作戦を決行します。

通常、こういった要求は無いらしく、
ドコモのおにーさんが「確認しますね」と言ってどこやらに電話で確認しています。

どーやらできるようです。

SIMカードのサイズを変更した後に、電話番号を変更する、という手順で。
201503docomo_SIM_change-5.jpg
はい、2160円でSIMカードのサイズ変更と電話番号の変更を完了しました。

一説には、
電話番号の変更は特別な理由が無いとできないだとか、
根掘り葉掘り変更したい理由を聞かれるだとか言われてますが、
「変更してください!」
「変更するとメールアドレスも変わりますが、いいですか?」
「はい!」
という、やりとりだけで完了します。

それでですね、
「メールアドレスが変わりますが、いいですか?」という質問なんですが、
3回も確認されました。
4回目、きかれたら、ぶっ飛ばすとこでした。

キャリアメールなんか使ってねぇよ。
キャリアメールなんていう日本リミテッドなものを
わたしが使うとでも思ってるのかしら!
死んでも使わんわ。

失礼しました、取り乱しました。
あまりにもドコモショプの人がしつこいので、
カチーンときてしまいました。

ドコモショップの人が悪いのではありません。
携帯キャリアだけが悪いわけでもありません。
アホがスマホ持つことが元凶です。
つまり、悪いのは無知なアホタレとバカタレで、
そのアホとバカに無理くり端末を持たせて金儲けしようというキャリア、
そのコンボが最悪なだけです。

201503docomo_SIM_change-6.jpg
はい、さっそくヨドバシドットコムです。

ノーマルサイズのSIMカードをnanoSIMに交換してもらったまではいいですが、
当面ドコモのnanoSIMを使う場面がありません。

そもそもnanoSIMはApple製品にしか使えないですよね?
nanoSIMにしておけば、ノーマルSIMにもマイクロSIMにもできるだろう、
という安直な考えで、
とりあえずのナノSIMなの。←はい、ここ笑うところです。
201503docomo_SIM_change-7.jpg
ヨドバシドットコムでSIMカードアダプターを買いました。
モバイルライフ株式会社のSIMカードアダプター3サイズってやつです。
680円なり。
レビューでもなかなかの高評価でしたよ。
Amazonで売ってる100円のやつは粗悪品らしいので要注意です。
201503docomo_SIM_change-8.jpg
SIMカードアダプターはau製品には使えないそうです。
なにがどう違って使えないのか知りたいです。
201503docomo_SIM_change-9.jpg
ドコモのnanoSIMをアダプターに装着してノーマルSIMの大きさになりました。
ピッタリコンです。
よい作りです。
201503docomo_SIM_change-10.jpg
スマホに装着。
ここもピッタリコンです。
201503docomo_SIM_change-11.jpg
nanoSIMにアダプターを装着してノーマルSIMサイズにしたSIMカードは、
何の問題も無く使用可能です。
ドコモの電波を掴んでおります。
この機種自体がLTE対応ではないので3Gですけども。
1個問題があるとすれば・・・日付をどうやっても変えられないこと・・・

まとめ!
ドコモショップにSIMカードだけを持っていってサイズ変更することは可能。
特別な理由も無く電話番号変更することも可能。
さらに同時にやっちゃえば変更手数料は1回分だけでOK。
でした、おしまい。
スポンサーサイト