さっそくですがSIMアンロックのiPhone6を復元しました。[ I restore iPhone6 for the first time... is it working well? ]

2014年12月31日のことです。
突如としてワークしなくなったわたしのiMessage。
オーマイガー!

さらにその事態はiPhone6でのみ機能せず、
iPhone4、iPod touch、iPadミニでは正常に機能するという、
輪をかけてのオーマイガー!ワケワカラン!

全機種で使えないのは納得できるがiPhone6でのみiMessage使えないとか、
ヤメテ。

それを解決できないまま2015年1月26日。
電車通勤中に朝のポータル巡礼をしていた時のことです。
iPhone6がホッカイロ級に熱い。
そしてバッテリーの減り方が異常です。
まるでカウントダウンをするかのようです。
たとえるなら「30秒ごとに1%づつ減っていくような」感じです。

さらには勤務中にロッカーの中で待機モードになってても、
あら?ロッカーの中でネズミが使ってたのかしら?
というバッテリーの消費っぷりに驚愕です。

そういえば1月25日からiPhone6の挙動が変でした。
たびたびフリーズするようになって、
勝手にシャットダウンもするようになって、
キーボードの反応がスローモーションにもほどがあるわ!と
つっこみたくなるほどに遅かったのです。

10月に買ったばっかりなのに・・・
使い手が愚か者だとiPhone6にも苦労をかけるね。
そうそう、スマートフォンの動きに不都合を感じると
機種やファームウェアに文句をつける人がいますけれど、
相手(スマートフォン)は優秀なコンピュータです。
十中八九、使い手の問題です。
要するに、
「自分のスマホに文句言ってるヤツほどバカ」
ということです。

わたしもバカなので、たびたびiPhone6を罵倒してしまいますが、
こんなにも頭のいい便利な道具に感謝しきれぬ感謝を捧げるべきですね。

1月27日の夜中に復元作業開始。

「iPhoneを復元」=iOSの再インストール+全ての個人データの消去
「アップデート」=新しいiOSバージョンの書き込み+個人データの保護
こーゆうイメージでいいんだよね、きっと。



iPhoneの復元に関するあらゆるめんどうなことを覚悟して挑んだのに、
「iPhoneを復元するまえに”iPhoneを探す”をオフにする必要があります。」
だそうです・・・。

iPhone探すアプリを「オフ」にして再び挑むと、

「iPhoneソフトウェア更新プログラムサーバーに接続できず、
バックアップを復元できないためiPhoneが使用できない状態です。」


というメッセージが出ます。
あ”?
解決方法として、インターネット接続を確認するだとか、
ファイヤーウォールのなんちゃらを確認だとか、
「えー、もうむり、やだー」という行程が羅列されていますが、
いたって簡単です。

iPhone6の「言語と地域」を変更するだけで解決です。
「設定 < 一般 < 言語と地域」
20150128iPhone_restore-2.jpg
こんなとこ、開いてみたこともなかったですが、
わたしのiPhoneは言語が日本語、地域がアメリカ合衆国になってました。
言語を日本語、地域を日本にしても解決するらしいのですが、
一番確実な方法は「英語とアメリカ合衆国」の組み合わせです。

iPhoneを探すをオフにして、
言語と地域を変更して、
やっとスタートラインに立てました。
では、復元開始。

20150128iPhone_restore-4.jpg

レストア作業中・・・
空き領域がこのあとどんどん変化していくのがおもしろいよ。

20150128iPhone_restore-8.jpg
出荷状態にレストアされました。
無事、起動するかしら?
過去にiPhone4でこのままフリーズしてしまい、
翌朝ジーニアスバーヘ向かったことがあります。

20150128iPhone_restore-6.jpg

レストア完了です。
わー!空き領域が9.68GBになってる。
なにが減ったんだろうか?
と思ったら、自分で入れたアプリとか着信音とかまだ入っていないご様子。
20150128iPhone_restore-9.jpg
次に「バックアップから復元」します。
iTunesのバックアップから復元iCloudのバックアップから復元
選択できるので、リカバリ前にiTunesに保存した最新のを選びます。

「iPhoneのバックアップを暗号化」ですが、
Wi-Fiのパスやメールのパスワードもリセットされないまま復元されるそうな。

20150128iPhone_restore-5.jpg

完了しました。
レストア前とくらべて、空き領域が1.71GBも増えました。
もっさい動きのキーボードも直りました。
カウントダウン級に減っていくバッテリーも改善しました。
異常発熱も止まりました。
買いたてホヤホヤの時のような快適さがもどりました。

いつもこんなふうに使えれば最高です。
簡単なことだって?
レストアすればいいだけだって?
日本の大手キャリアの端末を使っている人はそれでいいのです。
しかしSIMアンロックの端末をMVNOで運用していると、
いろいろな問題があります。
使っている機種が新しいうちは問題ないのですが、
そうですね、
例えば、iPhone8の発売が噂されるあたりになってくると、
古いiPhone6を使っていると諸々の問題が発生します。

iOSをアップデートするとLTEを掴まなくなる、とか、
テザリングが無効になる、とか。
MVNOからの案内をしっかり読んで、
iOSをアップデートするか否かを判断しないと、
「こんなはずじゃなかったのにぃ〜!」
という事態になります。

「iPhoneの復元」は有無も言わさず最新のiOSにアップデートされるので、
MVNOを利用していて自分の使っているiPhoneが古くなった人は要注意です。
スポンサーサイト