かゆいところに手が届くコフランから、P-153にピッタリなパックグリルを見つけました。[ It's a best companion of PRIMUS P-153. The "Pack Grill" was released from COGHLAN'S. ]


日本では餅の季節の真っ最中です。
餅と言えば餅で作るワッフル、通称モッフルです。
バウルーのワッフルメーカーでモッフルを焼くにあたり、
このたび、ナイスなアイテムを入手いたしました。
20150104Coghlans_PackGrill-2.jpg
COGHLAN'S Pack Grill (コフラン・パックグリル)です。
P-153の上にバウルーワッフルメーカーを乗せることは可能ですが、
パックグリルがあれば、安定感バツグンじゃないですか。
20150104Coghlans_PackGrill-4.jpg
ほら、このとーり。
20150104Coghlans_PackGrill-3.jpg
P-153とパックグリルとバウルーの絶妙なクリアランス。
この冬、最高のワッフルコンビと呼んでも過言ではありません。
20150104Coghlans_PackGrill-5.jpg
餅を入れるためにバウルーをパカーッと開けておいても、
ひっくり返らない安心感はバリュアブルですね。
20150104Coghlans_PackGrill-6.jpg
モッフルを作る時は、はじめからガチッとフタをするのではなく、
餅が柔らかくなって自然にバウルーが閉じるのを待つのが吉です。
20150104Coghlans_PackGrill-7.jpg
P-153とパックグリルが近すぎなのかしら?
真っ赤になって変形しています。
20150104Coghlans_PackGrill-8.jpg
それでも、餅は焼き上がる。
モッフル、いっちょうあがりです。
20150104Coghlans_PackGrill-9.jpg
およよよ、パックグリルはやっぱりヘゴヘゴッてなっちゃったね。
道具というものは、使って馴染んで形が変わって愛着を増すのです。
20150104Coghlans_PackGrill-10.jpg
P-153とバウルー・ワッフルメーカーとコフラン・パックグリル。
なかなか完成度の高いコンビネーションです。
20150104Coghlans_PackGrill-11.jpg
ところで・・・2015年の正月にお友達から餅をいただきました。
お友達の母上が真心込めてつくった手作り餅です。
そーいえば、今年の正月は餅を用意していなかったな・・・
なぜなら!
2014年の正月のために2013年の暮れに買った餅がまだ冷蔵庫にあったから。
「すぐに棄てなさい!」
と言われて見てみたら、まったくカビてないんですよ。
20150104Coghlans_PackGrill-12.jpg
しかもね、賞味期限が2015年2月28日になってるじゃないですか。
まだ、イケる。
それより、切り餅1個のカロリーが121Kcalって書いてあって死んだ。
モッフルもほどほどにしておこう。

関連記事
バウルーのワッフルメーカーでモッフルを作ろう。
スポンサーサイト