横田基地日米友好祭の楽しみ方・その参。[ Friendship Festival in YOKOTA 2014 Vol.3 ]


WW35FW F16戦闘機。
エンジンノズルが見たいんだけど、全部前を向いて展示されてました。
み〜せ〜て〜。
201409FriendsipFestivalinYOKOTA_29.jpg
タラコ型の燃料タンク。
リッターどんだけ飛べるの?
201409FriendsipFestivalinYOKOTA_21.jpg
誘導路の上を歩く。
なんて幸せな時間かしら。
201409FriendsipFestivalinYOKOTA_23.jpg
わたしは、いま、戦闘機、ふふふ。
滑走路の全長は約3キロでオーバーランが前後300mしか無いんだとか。
タイトですね。
201409FriendsipFestivalinYOKOTA_E-3C-2.jpg
背中に皿みたいのをのっけた飛行機がありました。
E-3C 80-0139 ZZです。
201409FriendsipFestivalinYOKOTA_E-3C-1.jpg
皿は「ロートドーム」という回転式のレーダーでした。
好奇心のかたまりでできているわたしにとって、
横田基地日米友好祭は最高でした。(長蛇の列を除けば・・・)
201409FriendsipFestivalinYOKOTA_22.jpg
混雑エリアからはなれて、
ぼけーっと戦闘機がたたずんでるエプロンを見る。
あ、F-22が居なかったな・・・
日本人がオスプレイ、オスプレイってうるさいからF-22来てなかったじゃん。
一番興味ありそうなところを、しっかりおさえてくるよね。
だって、一般的な日本人はきっと、
軍用機と言えばニュースで見たオスプレイくらいしか知らないだろうし、
興味だって無いだろうし。
完全に米軍にしてやられた感ある。
でも、わたしは誘導路歩いたから満足です。
おしまい。
スポンサーサイト