万葉線のねこ電車で30分間の昭和トリップ。[ You should choose an old NECO {cat } train, you can feel in a SHOWA {around 1970' } mood. ]


悲しいお知らせがあります。
万葉線「能町口駅」の待合所が・・・こんな味気ない建物になっていました。
以前の、となりのトトロにでも出てきそうなレトロ感はもう影も形もありません。
20140701Manyosen-Takaoka-2.jpg
かたむきかけた太陽が眩しく照らす線路をながめ、
「時代って!時代って!!!」と悔しがるのも束の間。。。
20140701Manyosen-Takaoka-3.jpg
電車がきた。
電車も電車で、こんなヨーロッパの街並に溶け込むようなオサレ車輛。
「アイトラム」と言うそうです。
20140701Manyosen-Takaoka-5.jpg
わたしが乗りたいのは、そうそう、コレコレ。
このニャンコ列車こそTHE万葉線!
(正しくは「ねこ電車」と言うそうです。)
20140701Manyosen-Takaoka-6.jpg
路面のデコボコもガツンガツンと尻に伝わる感じ。
いいね!
20140701Manyosen-Takaoka-7.jpg
この後、40人くらいのオバちゃんが乗り込んできて賑わう。
知らないオバちゃんに囲まれて、下車できるのか焦る。
20140701Manyosen-Takaoka-8.jpg
両替機の使い方が分からずに、さらに焦る。
非常に興味深い両替機でした。
20140701Manyosen-Takaoka-4.jpg
能町口駅から高岡駅までの路面電車の旅。
車で10分ほどの距離ですが、たっぷり30分の電車紀行。
20140701Manyosen-Takaoka-9.jpg
万葉線のりばが高岡駅の中に組み込まれていました。
乗るなら万葉線の「ねこ電車」の方できまりです。
スポンサーサイト