タルティーヌというオシャレな食べ物の話。[ TARTINES ! I like it, and its pronunciation is so chic. ]


こんなオシャレな本に出会いました。
そして、こんなオシャレな食べ物がずいぶんと衝撃的だったんです。
タルティーヌとはなんぞや?
20140616Tartines-6.jpeg
著者のヨーロッパでの”タルティーヌ”との出会いの話からこの本が始まります。
もう、そのツカミが最高でした。
つまりは、タルティーヌって「ただのパン」だったんです。
バター塗ったり、ジャム塗ったりした、ただのパン。
20140616Tartines-5.jpeg
ひときわ、わたしが心惹かれたのは、
Tartine au Nutella. つまり、ヌテラを塗ったくったタルティーヌ
ヌテラという甘い響きとタルティーヌという西洋の音がたまらんチン!
20140616Tartines-1.jpg
ここで余談。
このヌテラ375gはカルディで648円で購入しました。
ヌテラを探していた時にコストコで750g入りのを1000円弱で見つけました。
一度は手に取ってみたものの「完全にデブまっしぐら」なアイテムを
そっと商品棚に戻して、割高ですがカルディに買いに行ったワケです。
つまりは、その差額がダイエットです。
かしこ。
20140616Tartines-2.jpg
タルティーヌといえば、細長く切ったバゲットです。
これでもか!というほどにブレッドナイフを斜めにしてバゲットを切りましょ。
20140616Tartines-3.jpg
軽くバゲットを焼いて、さ、準備は整った。
戦闘態勢は完璧だ。
20140616Tartines-4.jpg
Tartine au Nutella.
Tartine au Nutella.
Tartine au Nutella.
どうじゃー!!!!
どの口がダイエットとかほざいてた?というテカテカな食べ物。
今日からは「朝ゴハンはパンでした」じゃなくて、
「朝食はタルティーヌでございますのよ。オホホホホ。」でいきましょ。
スポンサーサイト