オークリーのフロッグスキンくださいッ![ THE SUN IS THE ENEMY by OAKLEY. I love "FROGSKINS" a lot! ]


「太陽は、敵だ!」
というビックリキャッチなキャンペーン中のオークリーです。
新しいサングラスを買いました。
オークリー、フロッグスキンの赤。
はっちゃけっぷりは最高です。
オークリーがはっちゃけてなくて、どーするんですか!と。
20140614OAKLEY-Frogskins-2.jpg
紫外線100%カット。
「いまどき、紫外線をカットしないサングラスなんてあるの?」
とか思った人は、出直してきなさい。
安モノに代表的な表面にUVカット剤を塗布しただけのレンズや、
表面にUVカットフィルムを貼付けただけのレンズ。
これらの粗悪品は製造から右肩下がりで機能が低下します。
レンズを拭く行為による塗布剤のふきとりや、フィルムの剥がれ。
そもそも製造時に均一にUV加工が施されていないものさえあります。
濃色レンズのサングラスをかけることで、瞳孔は光を取り入れようと開きます。
開いた瞳孔に粗悪レンズを透過し紫外線が直撃です。
目から入った紫外線は、顏の皮膚の老化を促進します。
めっちゃ怖いな。
標高が100mあがるごとに紫外線は1%づつ増加します。
1%とあなどると痛い目みますよ。
わたしの愛する3000m級の北アルプスでは海抜0mのなんと30倍。
危機です、危険です。
とくに多形日光疹(日光アレルギー)持ちのわたしには大問題です。
目を守って!
とりあえずここ読んでオークリー教に入団出家してください。
20140614OAKLEY-Frogskins-3.jpg
あとね、何が良いって、天気が悪く見えないところがいい。
サングラスによっちゃ、晴天の空なのに、
「あれ?天気くずれてきちゃった?」
ってくらいにドンヨリした空に見えることがあります。
登山してる時に、正確な空の色が把握できないことは危険です。
いや、登山に限らず。
アメリカのオークリーに比べてオークリージャパンの取扱品目は少なく、
なかなか吟味の余地もないんだけども、顏が平らな日本人には、
やっぱりアジアンフィットが良いですね。
OAKLEY JAPAN WEB http://jp.oakley.com/
スポンサーサイト