三郷の創業101年の歴史ある和菓子屋さん「饅頭屋」[ An old Japanese traditional desserts shop "Manjyu-ya" established a hundred years ago in Misato, Saitama-pref. ]


ふらっと立ち寄ったお店が創業101年の歴史ある和菓子屋さんでした。
その名も「饅頭屋」さん。
きっと、101年前、おまんじゅうを作って売り始めたハズです。
201404ShinodaSeika-7.jpg
わくわくしながらショーケースににじりよって、
じっと中を見ます。今が季節の柏餅もあります。
201404ShinodaSeika-9.jpg
みたらしだんご。売り切れ中。
「今すぐに焼きますよ。」と焼きたてのみたらしだんごを用意してもらえました。
201404ShinodaSeika-2.jpg
焼きたてのみたらしだんごですよ〜。
やわらかくて、焼目がこおばしくて、
201404ShinodaSeika-3.jpg
めちゃくちゃうまいです。
しかも1本55円という激しくリーズナボーな価格。
201404ShinodaSeika-8.jpg
わたしの大好きな草もち。
10個入りのと6個入りのパックがあります。
201404ShinodaSeika-4.jpg
中にあんこが入っていないタイプの草もちってなかなか売ってないので、
「さすが創業101年の饅頭屋さん!」と言わずにはいられません。
よく分かっていらっしゃる。
201404ShinodaSeika-6.jpg
きなこと白蜜が付いているので、お好みでかけていただきましょう。
よもぎの香りがくちいっぱいに広がってうまいです。
201404ShinodaSeika-10.jpg
ステキな名前の最中があったので、買いました。
「三郷インター最中」です。
実はこの最中はモックで、注文すると最中生地にあんこを詰めて作ってくれます。
201404ShinodaSeika-12.jpg
できたてほやほやの三郷インター最中です。
三郷インターって東洋一のインターチェンジだったのか!
たしかにどこに向かってるのか分からなくなるほどグルグル巻いています。
201404ShinodaSeika-16.png
創業101年の和菓子屋さんと巨大インターチェンジのコラボ。
なかなか興味深い。
201404ShinodaSeika-13.jpg
その場であんこを詰めて作ってもらうタイプの最中ははじめていただきます。
東洋一のインターチェンジ柄の最中です。
201404ShinodaSeika-14.jpg
新鮮なあんこがたっぷり入っています。
三郷からの手土産にぴったりです。
201404ShinodaSeika-1.jpg
100(+1)周年ありがとうキャンペーン!実施中です。
1010円以上のお買い上げで、みさと餅がもらえるそうです。
201404ShinodaSeika-11.jpg
レジ横には長期保存ようかんなるものも売っていました。
ようかんを一瞬で食べてしまう私は100箱くらい買わないと長期保存できません。
なので、あしげく饅頭屋さんに通う事を日課にします。
201404ShinodaSeika-5.jpg
御菓子司(有)篠田製菓 饅頭屋
埼玉県三郷市番匠免1-48 TEL:048-952-6054
営業時間 9:00AM - 5:00PM  定休日:月曜日
饅頭屋さんのブログ「大正時代から続く饅頭屋、篠田
スポンサーサイト