竜神大吊橋からの100メートルバンジージャンピング![ This's a highest Bungee jumping in Japan. Ryujin Bungy at Northern Ibaraki. ]


ヤッホー竜神峡!
さてこの橋は何かと言いますと、竜神大吊橋。
あっちとこっちを結ぶ橋ではなく・・・
20140316RyujinBungy-23.jpg
バンジージャンピングを楽しむためダケの橋。
いいね、その思い切りがイイね。
20140316RyujinBungy-24.jpg
3月のバンジージャンプのご予定は、土・日・月・祝日でございます。
このバンジージャンピングは3月1日から営業を始めたてホヤホヤです。
参照:バンジージャパンwebhttp://www.bungyjapan.com/ja/index.php/booking/sections/C48/
20140316RyujinBungy-25.jpg
ちなみに、この橋は入場するために300円払わなきゃいけないの。
向こうに渡れるわけじゃなく、戻ってくるという観光橋です。
20140316RyujinBungy-22.jpg
8時集合ね!って言われたから8時に来たんだけど閉まってる。
橋が開くのは8時半です。
8時集合!なんて言ったの誰や!
20140316RyujinBungy-26.jpg
バンジージャンピングの受付はこちらで行います。
事前予約が必要なのであらかじめwebで予約をしてから来るという段取りでね。
20140316RyujinBungy-27.jpg
受付をしている場所をじっと観察すると、
ゲタみたいな絵が描かれたモノがありますね。
20140316RyujinBungy-28.jpg
体重計でした。
体重別にバンジーロープの階級を分けるのです。
体重測定後は手の甲にマッキーで体重を書き込まれちゃいます。
メンズは真っ赤なマッキーで、レディー達は肌に溶け込んで見えづらい黄色のマッキーで。
20140316RyujinBungy-29.jpg
iPadで規約を読んで、同意して、サインをします。
20140316RyujinBungy-30.jpg
これが命を守るハーネス。
20140316RyujinBungy-31.jpg
規約にサインした後はバンジークルーにハーネスを装着してもらいます。
「ハーネスを付けた後はトイレもタバコもダメだよ」だそうです。
クルー達のユニフォームがマムートでかっこいかった。
20140316RyujinBungy-32.jpg
では、バンジージャンプのカタパルトへGO!
おっかねー、誰かもう飛んでらっしゃるわぁ〜。
20140316RyujinBungy-33.jpg
と、とりあえずカエル岩をなでなでして、
無事カエルことをお祈りしておきましょう。
「若ガエル岩」って書いてあるって?細かいこと気にすんなッ。
20140316RyujinBungy-34.jpg
橋の途中にアクリルな部分があって、スリルを味わえます。
写真があまりスリル感無く映っている・・・という残念さ。
20140316RyujinBungy-35.jpg
では、バンジージャンプの現場です。
1バンジージャンパーに対して1人付き添いで入場できました。
1000円の入場料を支払ってカタパルトまで行くことができます。
(バンジークルーの皆さんはカタバルトじゃなくプラットフォームって言ってたよ。)
20140316RyujinBungy-36.jpg
バンジージャンパーはここで足にロープを装着してもらいます。
最後のドキドキタイムです。
20140316RyujinBungy-37.jpg
発射台に付くと、間髪入れずにバンジークルー達のカウントダウンが始まります。
5、4、3、2、1、バンジー!!!
20140316RyujinBungy-38.jpg
うわぁ〜飛んでった・・・
この写真だけで何度でも心臓バクバクできる・・・
20140316RyujinBungy-39.jpg
スッゴイ高度感です。
こっから引き上げて、バンジージャンピング終了です。
20140316RyujinBungy-40.jpg
竜神大吊橋は吊橋といえどもガッチリしててユラユラしません。
カタパルトまで行ってどうしても飛べなかった人には、
「リベンジチケット」なるものが発行されるんだとか。
20140316RyujinBungy-41.jpg
キツネともタヌキとも竜とも言えないような言えるような、
ヘンテコなキャラクターが鎮座しておりました。
おつかれさまでした。

動画ができあがったようなので貼っておきまーす。
スポンサーサイト