圧力鍋でたった3分でつくる中華おこわ。[ Chinese style glutinous Rice with pressure cooker. ]

r.F.m catering service [ラビットフットモンスター出張ゴハン] Vol.1
** 本日のメニュー:中華おこわ



材料
・もち米 3合
・たけのこの水煮 だいたい1本
・豚肉 150gほど
・干しシイタケ 3〜5個
たけのこの水煮は安さに負けて中国産。
日本中でベクレているシイタケですが、震災前の貴重な干しシイタケ使用。
豚肉は、ぜいたくを言うとバラブロックを使いたい。
20140111tinaco-catering-2.jpg
本日はケータリングゆえに、調味料を混ぜて持参です。
青いフタの容器の中身はこちらです。
・ごま油 1tbs
・しょうゆ 2tbs
・オイスターソース 3tbs
電車にてケータリングに来ましたゆえに、
絶対もれないナルゲン容器使用のこと!
20140111tinaco-catering-3.jpg
研いで水切りしたもち米の上に、
全部の食材をのせます。
20140111tinaco-catering-4.jpg
調味料と水450ccをまぜたものを、
食材が入ってる圧力鍋に流し込みます。
20140111tinaco-catering-5.jpg
下準備はこれでおしまい。
あとは火にかけるだけ。
超カンタン!
20140111tinaco-catering-6.jpg
圧力がかかるまで強火で。
シュッシュと圧力調整ポッチが回りだしたら3分加圧。
火を止めて圧が抜けるまで放置。
20140111tinaco-catering-7.jpg
圧がぬけたら、できあがり。
20140111tinaco-catering-8.jpg
ケータリングサービス第1回目は、
圧力鍋の加圧3分でつくる中華おこわでした。
大好評でした。
20140111tinaco-catering-9.jpg
だけども、シロウト臭く鍋をこがしてしまいました。
ま、第1回目だからね。
で、ナゼにケータリングサービスを始めたかとゆーと、
ある日、圧力鍋を使おうと思ったらフタがブッ壊れて開かなくなったんです。
10年以上使ったし、もう諦めて捨てようと思ってたら、
20140111tinaco-catering-10.jpg
「安全ロックのベークライト製ラッチの保持部分が削れて、
ロック解除の為の角Rが設計値とズレた角度になってしまい
開かなくなっていたので、角Rをヤスリで削って遊びを持たせたところ
スムーズに開閉できるようになりました。」

という、難しい内容のメッセージと写真が送られてきました。
20140111tinaco-catering-11.jpg
つまりは、ここんとこを削って直していただいた、ということ。
大切な圧力鍋を直してもらったお礼に、
ケータリングサービスをしよう!と思いついたのでした。
次回へつづく。
スポンサーサイト