1800mm水槽の定期メンテナンス・コケトリ編 【 2014/01/17 】[ Cleaning of 3 aquariums. The biggest one of EEL house, anthers are Pig-nose turtle's and Plecostomus's.]


アクリルの表面に茶色いコケが勢力拡大中につき、
1800mmの大型水槽のお掃除をしましょう。
20140117aquarium-2.jpg
こんなふうにね、真ん中のライトがよく当たる部分に生えてきたコケ。
これをどうやってお掃除するのかと言いますと、
20140117aquarium-3.jpg
無漂白コケトリスポンジでこする。
それだけ。
20140117aquarium-4.jpg
こんなふうに、ふきふきふきふき。
窓ふき掃除と同じです。
違うのは、水の中に手を突っ込んで拭いているというトコだけ。
20140117aquarium-5.jpg
大型水槽の中にはウナギが居ます。
「頭隠して尻隠さず」になっているウナギのしっぽを・・・
20140117aquarium-6.jpg
出来心でニュルッと指ではさんでみると、
「なにすんのよ!」とウナギが塩ビパイプの反対側に頭を出します。
でも、塩ビパイプから出てはこない。
20140117aquarium-7.jpg
じゃあ、塩ビパイプごと持ち上げたら出てくるの?
持ち上げてみた。
20140117aquarium-8.jpg
持ち上がった。
ウナギ、出てこない。
ウナギ、なされるがまま。
20140117aquarium-9.jpg
全体像はこんなんです。
ウナギと遊んでいて、コケトリ作業が完全に中断しています。
作業に戻ります。
20140117aquarium-10.jpg
40分ほどコケとたわむれると、
アクリル表面はこんなに美しく見通しが良くなりました。
ウナギは「頭隠して」のレギュラーポジションです。
20140117aquarium-11.jpg
水槽の両サイドのコケがなくなりました。
金魚はウナギのごはんでしたが、スクスク育つ事で
「一口サイズ」ではなくなり生き残る術を見いだしました。
20140117aquarium-12.jpg
モノはついでだ!
スッポンモドキの水槽もお掃除しましょう。
こちらが以前のスッポンモドキ君の水槽です。
20140117aquarium-13.jpg
水面線の部分の白いカルキをこそげ落として、
バックグラウンドのグラフィックもよく見えるようになりました。
水槽のアクリル表面が美しいと気分がいいですね。
(スッポンモドキの水槽はアクリルではなくガラスでした。)

関連記事
2014年5月の大型水槽定期メンテナンス(うなぎ編)




スポンサーサイト