スッポンモドキのかわいらしさをほりさげてみた。[ There is a Pig-Nose-Turtle in my design office. She's so CUTE !!! I sometimes feed her hiding from my boss. ]


ほおずりしたくなるほどにかわいらしい生き物がいます。
スッポンによく似た形の亀で、
そのまんまズバリ「スッポンモドキ」と呼ばれています。
英語圏ではPig-Nose-Turtle(ブタバナガメ)というそうです。
どんなところが、ほおずりしたくなる可愛らしさかというと、
20131112PigNoseTurtle-2_R.jpg
目をつむって寝るのですよ、このスッポンモドキちゃん。
20131112PigNoseTurtle-3_R.jpg
ほれ!
グーグー寝ていらっしゃるじゃないですか!
なんちゅうキュートな!!!
20131112PigNoseTurtle-10_R.jpg
しかし、じっと見ていると人の気配を感じるのか半目に。
20131112PigNoseTurtle-5_R.jpg
そして、起きた。
20131112PigNoseTurtle-6_R.jpg
あたまに小石がつもったまんま、じっと様子を伺っているところ。
(だと思われる。)
20131112PigNoseTurtle-4_R.jpg
スッポンモドキちゃんのおしりもまたキュート。
シッポが「ごめんなさい」というほどに短くて可愛らしい。
こんなキュートな容姿ゆえに、とっ捕まえられて輸出されて、
ついにはワシントン条約で保護される絶滅危惧種になってしまったらしい。
さらには、こんなにキュートなスッポンモドキちゃんを、
「思ってたよりデカくなって、もう飼えないから」って、
川に捨てたりするバカヤロウが居るらしい。
ダメ!ゼッタイ!
スッポンモドキちゃんは25~30度のトロピカルな水の中で暮らしているんです。
日本の川になんて捨てたら即死ですよ。
ダメ!ゼッタイ!
20131112PigNoseTurtle-7_R.jpg
ヒラヒラと泳ぐさまは、ウミガメをおもわせる優雅さです。
わたしが見たときにはすでにこのサイズ(甲羅20センチほど)でしたが、
はじめは手のひらサイズのベビー亀だったそうです。
きっと、昔、お祭りで買ってもらったミドリガメくらいの大きさだと思われます。
スクスク育っています。
20131112PigNoseTurtle-8_R.jpg
エサを食べるときにパカーッと口をあけるのもかわいいのです。
20131112PigNoseTurtle-9_R.jpg
ほれ!(完全にブレブレですが)
今は草食ですが、大きくなると肉食になるという話を聞いて、
金魚とか丸のみにしたら可愛さ半減だな・・・と心配しています。
水槽のオーナーの目を盗んでエサを与えているので、
そろそろわたしの顔を覚えてくれたんじゃないかと期待しています。
20131112PigNoseTurtle-11_R.jpg
ここまで読んだら、ほおずりしたくなったでしょ?
スッポンモドキに関する情報が少なくてなんともあいまいなのですが、
カメ目なのでカメと同じだとしたらスッポンモドキは変温動物です。
なので、ほおずりすると冷たいと思われます。
スポンサーサイト