日本人はタイのMRTとBTS乗りこなすことができるのか?[ Can Japanese use Thailand Metro and SkyTrain as well? Because the automatic ticket gate is so quick more than Japan. ]


上海メトロに引き続き、タイの電車事情です。
タイメトロのプラットフォームにも乗る矢印降りる矢印が書いてあります。
おおむね、乗客は矢印どおりに、降りる人を待ってから乗り込んでいます。
2013ThaiTrain-7.jpg
車内では携帯電話の使用は・・・とかいうルールも無くて、
電話をかけるし、かかってくるし、マナーモードに設定している様子もありません。
2013ThaiTrain-6.jpg
メトロは今のところ1本しかなくて、非常に分かりやすく、
ツーリストの頼れる移動手段の一つです。
2013ThaiTrain-5.jpg
日本の賃金協力に対する感謝の意が表明されていました。
わたしの愛するタイランドと生まれ育った国、日本が仲良くやってるのは嬉しい限り。
2013ThaiTrain-4.jpg
で、こちらはスカイトレインの券売機です。
BTSとみんなが呼んでるのが、このスカイトレインです。
2013ThaiTrain-2.jpg
BTSもいまのところ2路線しかなく、すぐに乗りこなせるようになります。
ただし通勤時間帯のスシヅメっぷりは日本に勝るとも劣らないので要注意!
2013ThaiTrain-1.jpg
タイの電車では、
座っている人が立ってるわたしの荷物を持ってくれたり、
あなたは女性だから座りなさい、と席を譲ってもらったり、
大量の女性が乗車してきたときに、車内にいた男性達が一斉に席を譲ったり、
そんな嬉しい出来事をたくさん目撃しました。
2013ThaiTrain-3.jpg
そんなハートフルなタイの電車ですが、ひとつだけ気をつけることがあります。
それは・・・
自動改札機!
空いている時間が短く、バシッとはさまれると非常に痛い、自動改札機。
日本の場合、SuicaやPASMOを手を前に出して先にカードを当てながら通過しますが、
タイで場合は、改札機に少し進入した状態で、後手にカードをタッチ!
こうすれば、極端に痛い改札機に挟まれることはありません。
この動きをマスターすれば、あなたもタイ通をきどってもよいでしょう。
スポンサーサイト