世界中を自分のバイクで巡ってみたいと思ったときに、その夢を現実へ導くためにサポートしてくれる組織があるかどうか、それだけで発想は地球規模になる。[ Can you trip all over the World using your motorcycle? There is support company beside your dream.]


ノンタブリーの旅行会社へ行ったときのことです。
手渡された資料は全てタイ語で書かれていて、全く読めなかったんですが、
読めるようなフリをしてミーティングに参加していました。
そして、その長いミ-ティングの中で資料に何度も出てくる「กม.」という文字が
キロメートル(km)だということだけは理解しました。
stormtrip201307-4.jpg
トランス・エイジア・ルート・コーポレーションは壮大な旅をサポートしてくれる旅行会社です。
過去のツアー資料の中には、ユーラシア大陸だけにとどまらず、
タイを拠点とした地球規模のツアー日程がたくさんありました。
そのほとんどが車での移動の旅です。
わたし、発想がすでに島国ニッポンなので、自分の車やバイクで世界を駆け抜けるなんて
思いつきもしませんでした・・・。
stormtrip201307-5.jpg
今年の秋、わたしのタイのバイク仲間がシャングリラ・ツアーというのを計画していて、
GSやTDMなどのビッグバイクに乗ってシャングリラに行くんですって。
シャングリラってどこ?
stormtrip201307-2_R.jpg
「ちょっとバンコクとシャングリラを指差してみて」といったら、
こんなに遠かった!とおかったーーーーー!
なんと13泊14日のバイクツーリングです。
一般社会人ライダーが2週間のツーリングを計画するだけでも十分素晴らしいのですが、
参加人数もハンパなく多く、なんか、こう日本との壁を感じるわけです。
人生というのは、こうあるべきではないのかな。
自分が生きているということを感じるのは、自分が一番好きな仲間と好きなことをする、
そのために日々、働いているんじゃないのかな。
こんなふうにカルチャーショックを受けるんです。
デッカイことばっかりがいいことではありませんが、目線を地球規模にしてみると、
人生はもっともっと楽しくなるような気がします。
stormtrip201307.jpg
「2週間のシャングリラ・ツアーか、ステキだわぁ~」とか言ってたら、
その規模をはるかに凌駕したツアー計画ができあがっていました。
マジですか!
これ、車じゃなくてバイクなんだよね?・・・バカ?笑
これが構想だけなのか、ほんとうにやってしまうのかは私には分かりません。
でも、もし、こーゆう旅をしたいと思ったときにサポートしてくれるシステムがある。
大陸の国ってすごいなぁ~って思いました。
島に住んでる私たちですが、発想や夢は地球規模でいこうぜ!
スポンサーサイト