スラックラインをやる森が無い?![ Where should we go to play slackline ?! We checked radiation levels in the park. We have nowhere to play in east of Japan.Oh well...]


梅雨の晴れ間の快晴のある日、山の天気予報を見ると・・・
「雷雨、油断大敵!!!」なんて書いてあるもんだから、
雷は怖いよね、公園でスラックラインでもやっとく?となった運びで、
八千代台北子供の森公園にやってきました。
20130627-4.jpg
「線量が高い」と言われているこの公園。
とりあえず裸足でスラックラインをやることが可能なレベルなのかを
エアーカウンターにてチェックしてみることにしました。
0.24マイクロシーベルト。
0.24マイクロシーベルトという数字はここを参考にしてください。放射能の安全レベル
311以前は自然放射線量が毎時0.05マイクロシーベルトだということを思うと、
余計な被爆を強いられていることは否めません。
20130627-1_R.jpg
覆面調査員T氏。
手足がむき出しですけどもぉーーー!笑
20130627-5.jpg
八千代台北子供の森公園内でも線量の低い場所、高い場所があり、
やはり落ち葉が吹きだまる場所や汚泥がたまる場所は高めです。
木馬の首の付け根辺りは0.20マイクロシーベルトでした。
ちょっとここじゃ裸足になりたくないね・・・ということで移動。
20130627-7.jpg
高津東第二公園です。
入り口の石段では0.05マイクロシーベルト。
あれ?低いね。これだったら遊べるね、この公園!
20130627-6.jpg
実に3、4年ぶりくらいにスラックラインをやりました。
やばい・・・ぜんぜんできなくなってる・・・くやしい・・・
20130627-2_R.jpg
覆面調査員T氏、うまい!すぐにカンを取り戻したようです。
アクティビティを楽しみましたが、実は公園の中は0.20マイクロシーベルトでした。
入り口は石段で水の流れが良い場所だったので低かったようです。
第二公園は公園全体が砂地です。
よく雨水を吸い込む砂地です。
おうちに帰って足をよく洗いましたが、確実に被爆しましたね。
だけどもスラックラインは楽しかったんですよ~。
結局、また行っちゃうんだろうな・・・

<おことわり>
エアカウンターの数値は絶対的なものではありません。
また、エアカウンターの機種によっても数値にバラつきがあります。
今回は地面からの高さを各地で同じにして計測時間もそろえました。
個人が計測した結果です。
スポンサーサイト