🍓🍓🍓40キロほど収穫して冷凍したいちご、どうなった?の巻 🍓🍓🍓



🍓あのときの収穫したいちごのおはなしのつづきです🍓

201909berry-2.jpg

いちごの収穫期の5月の間、夜な夜ないちごのヘタを切って洗って200グラムづつ計量して、
なんとなんと最終的に出来上がった冷凍イチゴは200袋ほど。

201909berry-3.jpg

冷凍庫を開ければ、イチゴしか入っていない状態です🍓🍓🍓

201909berry-4.jpg

ついに冷蔵庫にくっついている冷凍室だけでは限界で、冷凍専用の冷凍庫(?)の中にも進出。
冷凍みかんやら冷凍イカをグググイッと寄せて、イチゴ専用棚を2個確保です。

201909berry-5.jpg

イチゴスムージーは最高にうまいが、スムージーだけでは消費の限界がみえてきたので、
凍らせて食べてみることにします。
発想は良かったのですが硬すぎて冷たすぎて食べるのがちょっとした罰ゲームです。

201909berry-6.jpg

そこでシャービックに入れることを発案しました。
いや、発案というよりはシャービック大好きな彼氏様が食べていたシャービックに、
イチゴをブレンダーで砕いたものをブチ込んでみることにしました。

201909berry-7.jpg

もうこの時点でおいしいの確定!みたいな絵ズラじゃぁ、ありませんかぁー!(興奮)

201909berry-8.jpg

シャービック1袋は400ccのミルクと撹拌して凍らせます。
そこんところを200ccのミルクと200ccのクラッシュしたイチゴの汁(果肉入り)に置き換えます。

201909berry-9.jpg

上品に甘くて最高です✨

201909berry-10.jpg

しかし、やっぱりわたしはフレッシュなイチゴスムージーが一番好きです。
チェンマイのスムージー屋さんで飲んだ、あのフレッシュがほとばしるスムージー。
そんなイチゴスムージーが飲めるのは日本でここだけです、我が家だけです、完全な自負です。

201909berry-11.jpg

遊びに来てくれた人にはもれなく振舞っています。
しかしですよ、バナナの管理が大変なのです、ちょうど美味しい時期のバナナじゃあないと!
バナナも凍らせとけよって話ですか・・・そうなるとブレンダーのパワー不足なので、
いよいよ買ってもいいですかね、バイタミックス。
もう5年ほどずっと欲しいから買ってもいいですかね、そろそろ・・・
(友達のカフェを手伝うことになったら買うんだ、バイタミックスとエスプーマ、
 このふたつはどうしても欲しいから、カフェ手伝うって理由で自分用に買うんだ)

🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓🍓
スポンサーサイト



琵琶湖でグラマンの進水式だなんて、最高じゃあないか!



ヘッドハンターズのつくば店がなん周年かの記念だそうです。
色のついていないブローチが2000円だったのだそうです。
え?わたしのはないのですか?あぁ、そうですか・・・

201909HeadHunters-2.jpg

自分で塗るそうです。
うちにあるアクリル絵の具総動員で、塗るのだそうです。

201909HeadHunters-3.jpg

ずいぶんとアメリカ色のブラックバスですね。

201909HeadHunters-4.jpg

水のところはテクニックですね?なんらかのテクニック!
あまりにも、わたしがテクニック、テクニックとうるさいので、
「テクニック」って言いたいだけやろ、と見透かされましたが、そのとーりです。

201909HeadHunters-5.jpg

アメリカ色過ぎたブラックバスが気に入らなかったようで、後日塗り直されました。
筆で塗りたかったそうですが「安易にエアブラシ使ってしまった」と反省している彼をみて、
(いや、ベタ塗りのアメリカ色よりこっちが好き)と心に思ったこと、
ストレートに口に出して言ってしまう罪なわたしです。

201909HeadHunters-6.jpg

ちなみに、手の部分の蛍光ミドリはなかなか色がのらず、5回6回と重ね塗り。
なかなか難儀そうです。

201909HeadHunters-7.jpg

テクニックです。
ドライブラシというそうです。
その名の通り、カッサカサの筆にうすーく色をとって、しつこくしつこく塗るのだそうです。
どの工程を見てもO型のわたしにはできっこなさそうです。

201909HeadHunters-8.jpg

そして完成したブローチでしたが「アクリル絵の具、ハゲる!」とのことで、
かっちょいいライジャケに付けられていたのは数日間で、いまはブラックバスの小物コーナーに
飾られております、少しハゲた状態で・・・
そうそう、目は削られてレジンの3層アイが埋め込まれています、生き生きしていますね。

201909HeadHunters-9.jpg

ところで、グラマンを積んで、琵琶湖へ旅にでた彼は大きなブラックバスを2匹バラして、
帰るに帰ってこれなくなっているようですが、楽しいのなら心ゆくまでそこに居ればいいね。
小沢健二の「ぼくらが旅に出る理由」の歌詞を思い出してちょっとせつなくなっています。

遠くまで旅する恋人に
あふれる幸せを祈るよ

そういえば、いつも旅に出るのはわたしのほうで、誰かが旅に出るのを見送って、
たくさんの楽しい思い出を持って無事に帰ってくるのを待つのは久しぶりです。

__________ 🛶__________

外国からやってきた友達にオススメしたいお店、龍ケ崎の麺屋「壱心」の醤油そばと和え玉



外国在住の隣町に住む元同僚が「煮干しがギンギンのラーメンを食べたい」と申すので、
わたしが胸を張ってうまい!と紹介できるラーメン屋さん、壱心にやってきました。

201909Issin_Ryugasaki-1.jpg

「あれ?煮干し食わないんですか?!」と休暇中の隣町の後輩に言われましたが、
わたしはギンギンの煮干しの気分ではなく、しっとり深くうまい醤油そばが食べたかったのです。
平麺と細麺から選べる醤油そばですが、細麺の方が好きです。

201909Issin_Ryugasaki-2.jpg

ギンギンの煮干しそばとなにもタレをつけないでも美味しい餃子を食べていた後輩ですが、
「和え玉」なるものも注文していました。
初めて見た壱心の和え玉です、コショウなの?ブシ粉なの?いっぱいのってるね。
スペインでは、うまい日本式のラーメンなんて食べられないそうで、
毎日ラーメンを食べ歩く人のyoutubeを見てて「ギンッギンの煮干しラーメン」が食べたかったんだとか。
大満足で「オヤジにも教えときます!」と言って帰って行きました。

麺屋 壱心 (めんや いっしん)
茨城県龍ヶ崎市南中島町68-12
TEL:0297-63-5551
火曜定休

麺屋壱心(めんやいっしん) - 龍ヶ崎(煮干しそば)
麺屋壱心(めんやいっしん) - 龍ヶ崎(塩そば)
麺屋壱心(めんやいっしん) - 龍ヶ崎(醤油そば)
麺屋壱心(めんやいっしん) - 龍ヶ崎(味噌そば・台湾まぜそば)
麺屋壱心(めんやいしいん) - 龍ケ崎(特製蛤そば・鶏つけそば)

🍜ラーメンデータベース

201909Hennessy_icecream-2.jpg

中和はどうだ?と提案してみたが「その案は受け入れられない」と否定されましたので、
わたしのとっておきの中和を紹介して今日はおしまいにしましょう。

201909Hennessy_icecream-1.jpg

ぐいのみに入っているのはヘネシーです。ハーゲンダッツバニラのまんなかをちょっと食べて、
池を作って、そこにヘネシーを入れるのですよ、ムフフフ。
ラムレーズンの味になるんだぜー!最高にうまいんだぜー!

__________ 🍇__________