タイでAISの電波をキャッチしてiPhone7を快適に使う方法 with AIS TRAVELLER SIM 299THB.

20190127_AIS_TravellerSIM-3.jpg

成田空港内のUSB充電スポットもどんどん増えています。
もはやスマートフォンは旅の必須アイテム。
さて、今回はどーしましょう。

20190127_AIS_TravellerSIM-6.jpg

今回選んだのは、AIS TRAVELLER SIM 299BATH です。
8日間3GBまで速度制限なしでデータ通信可能
100バーツ分の通話付き
AIS Super WiFiが7日間使い放題

申し分のない内容です。



いままでは旅先の空港でSIMカードを買ってから街に繰り出していましたが、
ことしのSFC修行は時間との戦いであります!
混雑を極めている空港のモバイルフォーンキャリアの列にぼんやり並ぶなんて無駄よ。
わたしのSFC修行は長くても現地で3泊しかしないのでトラベラーSIMで十分すぎるのです。
最短滞在時間24時間で帰ってくるのにSIMカード要るのかっていうハナシですが、
そこはホラ、21世紀なので要ります、ぜったいあったほうが楽しいのです。

20190127_AIS_TravellerSIM-1.jpg

このAISのSIMカードはアマゾンで買えます。
タイで買うと1枚299バーツ(1040円/1月27日時点のレート換算)です。
それがですよ、、、
アマゾンで2枚で1070円送料込み!
日本で買う方が安いとか、意味がわかりません・・・
SFC修行のために4回バンコクに行くので4枚用意しました。

20190127_AIS_TravellerSIM-4.jpg

アイフォーンにこのSIMカードを入れて使う場合、何の設定もしなくてOKです。
ですのでSIMカードのみをパッケージから取り出して持って行きます。
いつものようにアライバルカードを書くときにSIMカードも交換します。

20190127_AIS_TravellerSIM-5.jpg

タイに到着!アイフォーンもいきなり4G電波をがっちりキャッチして快適です。
いまいち「ただいま感」がないのは初ドンムアン空港だったためです。
いつもの感じじゃないし、いつもの匂いもしないなぁ〜(w
32時間のタイ滞在でWiFiを1回も使わずでしたが1GBも使うことなく帰ってまいりました。
旅のお供にAIS、これ最高です。


関連記事

タイでAISの電波をキャッチしてiPhone7を快適に使う方法と、
 AISのSIM2FLYを使ってマレーシアでも快適にiPhoneを使う方法。




ピーオーのトムヤムクンヌードルは噂以上にウマかった![ Pe Aor Tom Yum Kung Noodle @ Bangkok. ]



アルンサワッ!タイの猫ちゃん!
ってことで朝から容赦無く暑いバンコクの1月の路地を歩きまくっています。

201901Bnagkok_PeAor-2.jpg

本日はトムヤムヌードルの超有名店ピーオー(PeAor)にやってきました。
訪タイ8回目にしてやっと来れました。

201901Bnagkok_PeAor-3.jpg

10時半くらいの中途半端な時間ですが、満席です。
中途半端な時間だったからこそ並ばずに席につけたのか?ラッキーなのか?
結果オーライだぜ。

201901Bnagkok_PeAor-4.jpg

PeAorの名物メニューはメニューの表紙を飾る巨大エビののったトムヤムヌードルですが、
我々が食べにきたのは、そう、指差してるコレです。
PeAorに通いつめた友達が「絶対こっちの方がうまい!」って言うんだから間違いナイです。

201901Bnagkok_PeAor-5.jpg

まずはタイティーとパッションフルーツジュースでカンパーイ!
日本でなかなか会えない友達に、タイで再会できている奇跡に感謝です。

201901Bnagkok_PeAor-6.jpg

お待ちかねのトムヤムクンヌードルです。
コ、レ、ハ、ウ、マ、イ!!!
クリーミーなスープとエビのコクと酸味と甘味と辛味のパーリーっすよ、最高っすよ!

201901Bnagkok_PeAor-7.jpg

バミー(卵と小麦粉の麺)も本当に美味しかったです。
並んでも食べたい!なんて思ったのは久しぶりです(実際は並んでないけど)

201901Bnagkok_PeAor-8.jpg

サイドメニューのチョイスも◎
すり身のようなものを湯葉で包んで揚げたやつ、めちゃくちゃ美味しかったです。

201901Bnagkok_PeAor-9.jpg

トイレがメルヘンなガーデン調でした。
なぜトイレに電気釜が!とか言わないの、ここはタイランド、マイペンライの国です。

201901Bnagkok_PeAor-11.jpg

Pe Aor Tom Yum Kung Noodle [ ピーオートムヤムクンヌードル ]

68 51 Phetchaburi Rd, Khwaeng Thung Phaya Thai, Khet Ratchathewi,
Krung Thep Maha Nakhon 10400 タイ
月曜定休

SFC修行2019![ Mileage Run 2019. I've started to earn frequent-flier miles and Premium Points of Star Alliance. ]

20190120ANA_SFC-6.jpg

2019年、スターアライアンス・ゴールドを獲得するべく始動!

わたしが選んだタッチ空港はバンコク・スワンナプーム空港です。
単純にマイレージとPPだけを追求するならシンガポールやマレーシアの方が効率が良いですが、
ここは勝手知ったるバンコクです。
ガイドブックも要らん、両替の必要もない(すでにバーツは持っている)、
空港のフロアマップも頭の中に入っているのでザック一つで行って帰ってこれるぜイェイ。

わたしが選んだ方法は海外発券です。
アップグレード可能だとか、予約の変更が可能だとか、払い戻し可能だとか、
日本発券に比べて利点が多いそうですがそんなもんいちいち調べるのメンドーやけど、
「海外発券の方が安い」という点だけを利用してSCF修行をバンコクから始めることにしました。

さらに羽田ー石垣島を織り込んでPPを叩き出すことにしました。
国際線乗り継ぎにすると安かったのでとりあえず石垣島に行って帰ってきますよ。
かつては海外乗り継ぎスペシャルという出発前後に片道5000円で国内移動できる夢みたいな航空券が
あったんだけど、2016年だかに廃止になって久しいやつです。
しかしながら今でも乗り継ぎ価格は割安なのでこれを使わない手はないって思う。



20190120ANA_SFC-1.jpg

プレミアムエコノミー:国際線ブッキングクラスE100%・国内線ブッキングクラスY100%
獲得:8186マイル・14302PP
PPシミュレーション:国際線G/E/Y/B/M・国内線運賃10
全区間アップグレード対象
PP単価:10円

20190120ANA_SFC-21.jpg
20190120ANA_SFC-2.jpg

エコノミー価格重視型:国際線ブッキングクラスV50%・国内線ブッキングクラスY/V100%/50%
獲得:4704マイル・6750PP
PPシミュレーション:国際線V/W/S/T・国内線運賃12
アップグレード対象外(国内線区間不明)
PP単価:25円

なぜ価格重視型のほうが料金が高い上に獲得マイルもPPも少ないのであろうか???
その辺は詳しく知らんから、どーゆーしくみでこうなるのかは分かりません。
逆の意味で驚異の1PP25円・・・こんな苦行はイヤだ・・・

20190120ANA_SFC-31.jpg
20190120ANA_SFC-3.jpg

エコノミー変更可型:国際線ブッキングクラスV/H50%/70%・国内線ブッキングクラスV/H50%/70%
獲得:4910マイル・8100PP
PPシミュレーション:国際線V/W/S/T・U/H/Q・国内線運賃11・運賃12
アップグレード対象外(国内線区間不明)
PP単価:15円

プレミアムエコノミー、エコノミー価格重視型、変更可型の3つを見てみると、
PY一択!
という答えにしかたどり着きません。
知らんかった・・・エコノミーよりプレミアムエコノミーが安いだなんて・・・
価格で言えばエコノミー変更可型が12万ですが、今SFC修行中というのを考慮するとPY一択!です。


それでは次に羽田ー石垣島を往復する意味について考えてみよう!
2レグ・3レグを削除して同じように検索してみます。

20190120ANA_SFC-41.jpg
20190120ANA_SFC-4.jpg

プレミアムエコノミー:国際線ブッキングクラスE100%
獲得:5738マイル・9406PP
PPシミュレーション:国際線G/E/Y/B/M
全区間アップグレード対象
PP単価:13.7円
差額:14280円(4レグ・プレミアムエコノミーとの差額)

20190120ANA_SFC-51.jpg
20190120ANA_SFC-5.jpg

エコノミー(価格重視型):国際線ブッキングクラスV50%
獲得:2868マイル・4302PP
PPシミュレーション:国際線V/W/S/T
全区間アップグレード対象外
PP単価:21円
差額:78180円(4レグ・エコノミー価格重視型との差額)

ここもプレミアムエコノミー4レグと2レグの差額14280円を考えると
イくしかない!
となるわけです、だって割れば片道7140円でしょ。
かつての海外乗り継ぎスペシャル片道5000円となんら変わりないじゃないですか。
乗るしかねぇ!


わたしはほんの数週間前、去年の12月の中頃にSFC修行でもすっか!と思い立ってヤり始めた、
いわゆるアマチュアのSFC尼(修行僧オンナバージョン)なのでなんでPYがエコノミーより安いのか
その辺が全くわかりません。キッパリ!
とりあえずANAの航空券の仕組みなんかを理解するよりも先に日程を検索しまくって、
電卓片手にプレミアムポイントを計算しまくるスタイルで攻め込んでみますッ!

20190120ANA_SFC-7.jpg

ちょっとは地球環境を考えなさいよッってエコ系のひとが憤慨しそうなほどプリントアウトしましょう。
何を計算しているのかわからなくなるくらい計算しまくりましょう。
わたしには2011年にスターアライアンスゴールドを取得した頼りになる先輩尼が居ます。
彼女曰く「毎日計算!毎日価格チェック!」

2011年当時は検索結果を72時間セーブしておくことができました。
しかし、2019年の今、72時間セーブには1000円の料金が発生します、ナンテコッタイ!

尼パイセンは航空券だけで593516円だったそうです。
わたしが買った航空券は総額598620円です。

SFC修行の条件が年々改悪されているという情報は多いですが、
50000PP獲得までの航空券の金額はおおむね60万円だということが分かりました。

そこに昨今の円安やら東南アジアの物価上昇と日本の衰退っぷりを加味すると、
PP修行の状況は年々悪化!なんて思っちまうのかもしれんが、たいして変わらんよ。

あと、飛行機に乗らないで上級会員資格獲得!っていうサイトは読む気にもならん。
ポイントサイトで貯めたポイントをあちこちのサイトを経由してANAマイルへ・・・
とか考えただけで砂を吐きそうですよ、時間と努力の無駄にしか思えm...(ry
ふつーに働いて稼いだお金で十分だろ、SFC修行なんて。

さらに尼パイセンは「3月までにPPの半分は獲得しておくこと!6月には修行を終わるように!」
とおっしゃっておりました。

というわけで、ビジネスクラスにはまだ乗れないがプレミアムエコノミーでやっつけよう!
ゴールデンウィークが終わった頃にはスターアライアンスゴールドだ!