再訪!草加で味わうジャマイカ!ジャークセンター・ドラムロックでガツンとスパイシーなジャークチキンを食べよう!営業日が火曜から土曜までの毎日になったよ![ There're spicy JERK CHICKEN and RED STRIPE BEER in JERK CENTER DRUM ROCK in Soka, Saitama. ]



こんばんは。草加です。
せんべいの草加です、草加のせんべい?
せんべい焼きの娘の像に出迎えられて草加のジャマイカに行こうじゃマイカ!

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-2.jpg

草加でジャマイカの名物料理が味わえる場所、ジャークセンター・ドラムロックです。
テイクアウト専門店ですが、注文を受けてから焼き上げるまでに少し時間がかかるため、
冬でも快適な「待合室」ができていました。

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-4.jpg

中はホカホカですよ〜。

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-11.jpg

なんだ、このかっこいい絵は!墨絵師Naokiさんってかたの作品のようです。
https://graffitikamikaze.wixsite.com/kamikaze

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-5.jpg

おもちゃも完備されていました。
遊びながら、おいしいジャークチキンが焼きあがるのを待ちましょう。

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-3.jpg

グリルが新しくなってる!よりデカくなってる。

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-6.jpg

待ってる間にレッドストライプをジンジャーエールで割って飲みたい!と注文したら、
「斜め向かいにローソン100があるよ!」とのこと(w
ドラムロックの待合室は持ち込みOKだそうです。

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-7.jpg

焼きたてのジャークチキンを写真に!

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-8.jpg

待合室の照明が赤くて写真撮るのが難しい。
美味しそうに撮れなくてごめんなさい。
とても美味しいので、ぜひぜひ買いに来てください。待つのも寒くないから!

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-10.jpg

ジャークポークも焼いてもらいました。
おみやげだよとキッチンに置いといたら、かーちゃんが食べて「うまかった!」と言っていました。
わたしの作ったジャークイノシシにはノーコメントだったのになぁ〜笑

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-9.jpg

いろんなソースが置いてあって、自由にかけててOKだそうです。
手前のがサンプル(味見用)で、気に入ったソースは買って帰ることも可能です。

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-13.jpg

ドラムロックで燻製した柿ピーもうまかったです。

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-12.jpg

自分でジャークイノシシを作ってみて、改めて本物のジャークチキンを味わいに来たわけですが、
店主曰く「ジャークチキンに正解も不正解もない。
それぞれ店の味が全部ホンモノのジャークチキンで、今日はあの人の作る味が食べたいなって思って
たべにいくのが正解」だそうです。店主、やっぱり良いこと言うわ〜

201812JERK_CENTER_DRUM_ROCK-1.jpg

JERK CENTER DRUM ROCK [ ジャークセンター・ドラムロック ]
埼玉県草加市住吉1-3-1
営業時間:火水木金土 夕方17:00〜23:00
定休日 日曜・月曜
https://www.facebook.com/jerkcenterdrumrock/
↑イベント参加やその他の情報などはここで更新されていますので読んでから出かけよう!
スポンサーサイト

ジビエキッチン・イノシシ肉でジャマイカ味のジャークイノシシを作ってみました。[ Gibier Kitchen : I cooked Wild Boar by seasoning like a JerkChiken recipe. ]



イノシシの肉をもらってきたので料理します。

201812jerk_boar-1.jpg

前日に毛皮を剥いで生肉したものですが、足を切り落とし忘れちゃいました。
足を切り落とし忘れて、精肉仕立ての背ロースを食べていたら、
「コレ持って帰れ!」と言われて持たされたやつです。

201812jerk_boar-4.jpg

塩コショウでの焼肉は昨日、腹いっぱい食べたので、
今日はライムをジュージュー絞って、ジャークチキンならぬジャークイノシシを作ります。

201812jerk_boar-5.jpg

スパイスはいろいろ。
タイムさえ入れれば、後は好きなやつをいろいろ!
(後日談ですが、乾燥パウダーのタイムではおいしくないとのこと。生が良いそうです。)

201812jerk_boar-6.jpg

漬け込む。最低3時間以上は漬け込む。12時間ほど寝かすと良いそうです。
食べたい日の前日から仕込まないとダメなんですね、メモメモ。

201812jerk_boar-7.jpg

rice and peas!
豆が多すぎで、ピーズアンドピーズじゃん、、、と言われた豆ごはんです。
ココナッツミルクを入れて炊き上げるライスアンドピーズはとってもうまい!

201812jerk_boar-8.jpg

ジャークイノシシ、できあがりました。
とってもおいしかったよ!特に次の日に焼いたものの方が美味しかったよ。

201812jerk_boar-9.jpg

ジャークイノシシ用に切り出した肉以外の細切れのものは、モツ煮の味付けで煮込んでみました。

201812jerk_boar-10.jpg

やわらかぁ〜く煮込まれたイノシシ肉のうまさったら!
味噌だけの味付けなのにめちゃくちゃイノシシ出汁がでていて美味いのなんのって。

201812jerk_boar-3.jpg

ピースサインは平和の象徴。
ごちそうさまでした。
仲間が獲ってきたイノシシ、余すことなくしっかりいただきました。

関連記事
ジビエキッチン・キジバトの照り焼きと鳩汁うどん
ジビエキッチン・貴重な鹿の生肉で作る鹿ハムと干し肉とただの焼肉
ジビエキッチン・鹿のモモ肉でつくるシチューとタタキ
ジビエキッチン・岩手のヤマドリで作る煮込みうどん
ジビエキッチン・熊肉をトマトで煮込んだクマ肉トマトシチュー
徳島の大久保鍛冶屋さんの「イノシシの皮剥き」

農家レストラン「テンサン」でランチをいただきました。



取手の古民家カフェ「テンサン」にお昼ご飯を食べにやって来ました。

201812Tensan_Toride-2.jpg

ランチ時間は自由に来店できますが、夜は完全予約制だそうです。
なお、4人以上の場合は予約してから行くほうが良いようです。

201812Tensan_Toride-3.jpg

予約席にはブランケットがおかれていました。
あったかくて嬉しいです。

201812Tensan_Toride-5.jpg

前菜ね。

201812Tensan_Toride-4.jpg

夜はお酒のメニューやディナー専用フードメニューがあるようです。

201812Tensan_Toride-7.jpg

お茶しに来ても良いよ。

201812Tensan_Toride-6.jpg

霊波の光?

201812Tensan_Toride-8.jpg

牛すじトマト煮ハヤシです。

201812Tensan_Toride-10.jpg

季節野菜のチキンカレーです。

201812Tensan_Toride-9.jpg

焼きカレーです。
焼きカレーが一番美味しかったな!

201812Tensan_Toride-11.jpg

コーヒーとデザートをいただきます。

201812Tensan_Toride-12.jpg

あったかいフォンダンショコラがとてもおいしかったです。
夏みかんは庭で収穫したものだそうですよ。

201812Tensan_Toride-14.jpg

とても見落としがちです。
この看板を見つけたら、ずいずい〜っと奥に入って行ってください。

201812Tensan_Toride-13.jpg

Tensan [ テンサン ]
茨城県取手市寺田1570
TEL:090-9363-7346
火曜定休