ingress [ 地図に残る仕事を チナコ建設」大きいコントロールフィールド(大三角)を作りたい編



まだ茶色いメダルの分野がいくつもある。
レベル12なのに、遊び方が偏っているためがゆえの茶色メダル。
ちょうどAPボーナス期間だし、いっちょ大三角作っとくか!

20181124ingress-1.jpg

1日にして17,234MUs をたたきだすには大三角しかあるめぇ。
Largest Control Field (でっかい三角記録)は 4,996MUs です。
ちなみに、
Longest Link Ever Created (過去につなげたいっちゃん長いリンク)は 143kmです。

20181124ingress-4.jpg

田舎にはポータルが少ない。
ポータルとポータルの距離が離れていて辛い。
しかし、だからこそ大きめの三角が作れるのである。
作った三角はピンクになっている部分です。

20181124ingress-5.jpg

開けて翌日。昨夜の大三角は跡形もなく消えました。
また作ろう、作って MUs を稼ごう、ありがとう藻族の人!
さっき、8キロほど歩いて薄ピンクに塗ってある部分を作ってきたのですが、、、

20181124ingress-2.jpg

1,912MUs か・・・。
はやくも楽を知ってしまったエージェントは田舎へ田舎へと行くのであった。
茶色といえば敵のレゾネータをぶっ壊して稼ぐ数値が少なすぎです。
面倒がらずにこわそうポータル!
以上、

インテルマップ     CF       エージェント
地図に残る仕事 チナコ建設 でした。

スポンサーサイト

初心者講習申し込みから初撃ちまでのスケジュール

2017年

2月16日 初心者講習会の申し込み(警察署)

3月24日、初心者講習会、合格

3月27日、警察署(何をしに行ったのか覚えていません)

4月2日、警察署(何をしに行ったのか覚えていません)

4月6日、教習認定申請書の提出(警察署)

6月8日、認定許可証と火薬譲受許可証の受け取り(警察署)

6月14日、警察が発行した火薬譲受許可証の日付が間違っていたとかで再び警察署へ行って訂正される

6月17日、A銃砲店で銃を見せてもらう
    (アパートはガンロッカー置けるのかをまず確かめたらいいよとアドバイスを受ける)

6月18日、家から最寄りの銃砲店B銃砲店で委託保管の相談をする

6月23日、教習射撃@成田射撃場

7月4日、銃砲店で銃の譲渡証明書を作成してもらう、病院で診断書をもう一回書いてもらう

7月7日、猟銃等所持許可申請書の提出(警察署)

8月9日、所持許可書の受け取り(警察署)

8月10日、銃の確認(警察署)

9月3日、ニッコー栃木綜合射撃場で初撃ち




《 猟銃所持許可証をもらうまで 》其の壱:初心者講習会から教習資格認定申請書まで

《 猟銃所持許可証をもらうまで 》其の弐:教習資格認定証をもらって教習射撃を申し込むまで

《 猟銃所持許可証をもらうまで 》其の参:成田射撃場での教習射撃本番当日のこと

《 猟銃所持許可証をもらうまで 》其の四:銃の所持許可申請書を出す

《 猟銃所持許可証をもらうまで 》其の五:猟銃等所持許可証をもらい初撃ちに行く







《 猟銃所持許可証をもらうまで 》其の五:猟銃等所持許可証をもらいいよいよ銃を手にして初撃ちに行く

2018way_to_the_shooter-41.jpg

ついについに!「所持許可証ができました」とおまわりさんから電話がありました。
さっそくもらいに行きます。

2018way_to_the_shooter-43.jpg

うけとりましたー!
しかし、これで終わりではありません。
いただいた猟銃所持許可証には「あなたが持っていいテッポー」が記入されているのです。
なので所持許可証を受け取ってから2週間以内に許可証に記入されているテッポーを持って
許可証に書いてあるテッポーと持っているテッポーは同じです!という検査を受けます。

2018way_to_the_shooter-44.jpg

うけとった所持許可証を持って銃砲店へ行き、銃を買います。
そのときに「鉄砲譲渡証明書」を書いてもらいます。

2018way_to_the_shooter-45.jpg

銃の確認に行く際に、新しい火薬類譲受許可申請書を出すと何度も警察署に行く手間がはぶけるよ。
というわけで、鉄砲譲渡証明書と鉄砲、火薬譲受許可申請と2400円の証紙を用意して生活安全課へ。

2018way_to_the_shooter-56.jpg

銃を持って待っています。
まだテキパキと銃を組み立てられないので、銃砲店から1本まるごとの銃が入るケースを借りました。

2018way_to_the_shooter-49.jpg

検査開始!

2018way_to_the_shooter-48.jpg

所持許可証に記載された銃と同じかどうかの検査をします。
番号を見たり、長さを測ったりされます。

2018way_to_the_shooter-47.jpg

銃の検査の後、火薬の譲受許可証の手続きも行います。

2018way_to_the_shooter-50.jpg

千葉県の火薬類等譲受許可証は銃の所持許可証と一体型になっています。
使い終わっちゃったらどーするんだろ〜???とかそんなことは後から考えましょう。
とにもかくにも一体型です。

2018way_to_the_shooter-40.jpg

ちなみに、教習射撃の時にもらった有効期間3ヶ月の火薬の譲受許可証は、
合格して銃の所持許可申請をするときに返納しなければなりません。
3ヶ月経っていなくても、300個も弾を買っていなくても返納します。

2018way_to_the_shooter-52.jpg

8月9日、所持許可証を受け取り
8月10日、銃の検査を終えて、めでたく散弾銃を手にしました。
そして9月3日にいよいよ初撃ちをすることにキマったのです。
手描きの地図を用意してワクワクしながら9月3日までをゆびおり数えます。

2018way_to_the_shooter-51.jpg

そのころの愛読書はこちら。
ちょっ!リアルすぎるからヤメて!

2018way_to_the_shooter-53.jpg

やってきましたニッコー栃木綜合射撃場です。
ドキドキ!

2018way_to_the_shooter-54.jpg

ずっしりと重い弾。
銃の所持許可までにかかった日数、およそ8ヶ月。
かかった金額、67130円+住民票や診断書の発行手数料+銃と弾の金額などなど
なかなか長い道のりでした。
いよいよ自分の銃でクレーを撃ちます。

2018way_to_the_shooter-55.jpg

銃の所持許可、おめでとう!

第一部・完