お洒落なオープンエリアでいただくフォトジェニックな料理と創作タイフードが美味しいHUNGRY MONKEY(ハングリーモンキー)へ行ってきました。[ HUNGRY MONKEY at Bangkok. ]


ストームクラブの仲間がレストランをオープンしたので今夜はそこで会食です。
HUNGRY MONKEY (ハングリーモンキー) にやってきました。
201802HUNGRY_MONKEY-2.jpg
なぜモンキーかというと、お店の奥で本当に猿を飼っているからです。
ものすっごく小さい猿です。
猿には詳しくないので種類とかは分かりませんが。
201802HUNGRY_MONKEY-3.jpg
みんなー、おひさしぶり!
さ、何で乾杯しましょうか。
201802HUNGRY_MONKEY-6.jpg
ラテかよ!
2013年のラオス・タイ旅行で酒を飲みすぎてそれ以降、禁酒していることを
タイの仲間はみんな知っていますが、2018年はアルコール解禁の方向で行きますよー。
201802HUNGRY_MONKEY-5.jpg
とりあえず、洒落たくるくるフレンチフライでも食っとけ。
真ん中の茶色いソースがうまいのです。
201802HUNGRY_MONKEY-9.jpg
でた!おサレな皿にちょっとだけ盛ってあるバエちゃう系のやつ。
カルボナーラ、うまうまです。
201802HUNGRY_MONKEY-8.jpg
さらに紫玉ねぎで彩りの良いサラダね。
・・・おい、タイ料理なテイストはゼロなのか?
201802HUNGRY_MONKEY-4.jpg
あ、ちょっとタイっぽい。
いや、タイにこんな料理あったか?
201802HUNGRY_MONKEY-18.jpg
タイっぽいのってグリーンペッパーのブドウ状のやつの部分だけじゃないか。
これ、うまそうに見えるけど、食ったら死ぬやつだから要注意ね。
タイ人はバクバク食うけど、賢明な日本人は食わないこと!
(月まで飛んでって帰ってこれなくなります、 想定の範囲外の辛さです)
201802HUNGRY_MONKEY-7.jpg
スパイスとハーブが効いているチキンレッグ。
タイでもミニスキレットが流行っているのかしら?
201802HUNGRY_MONKEY-10.jpg
ハングリーモンキーの料理は洒落ているのでデートしてるカップルの多いことったら。
白身魚のソテーには日本風の甘辛ソースがかかってて美味しかったです。
201802HUNGRY_MONKEY-11.jpg
はい、ここでフレンチフライ、アゲイン。
日本でもタイでも、たくさん人が集まってお話に花が咲いている時の
マンチーフード(片手で掴んで食べれるたべもの)ってコレです。
201802HUNGRY_MONKEY-14.jpg
ステーキ!の上にグリーンペッパーのったやつ・・・。
ほんっとにタイ人ってコレ好きだよね、ブドウと間違えてるんじゃないかな!?ってくらい。
201802HUNGRY_MONKEY-16.jpg
あーーーー!やっとタイっぽいのきた!!!
イカスミスパゲッティのグラッパーオです。
201802HUNGRY_MONKEY-17.jpg
なんでジャスミンライスではなくイカスミスパゲッティ!?
という疑問はこの際忘れて、グラッパーオに舌鼓を打ちましょう。
201802HUNGRY_MONKEY-12.jpg
もうお腹いっぱい!ハングリーじゃないモンキーだよ!
イムレーオ(おなかいっぱい)モンキーだよ!と言いつつもデザートを見に行くモンキー。
201802HUNGRY_MONKEY-13.jpg
ハングリーモンキーには小さい店内カフェスペースがあります。
日中はここでカフェだけやってるのかも。
そもそも営業時間は何時からだっけ?
201802HUNGRY_MONKEY-19.jpg
カウンターとソファが一個あるだけです。
店内カフェというよりは、厨房エリアに注文スペースが付いてるって感じですかね。
201802HUNGRY_MONKEY-21.jpg
タイで流行ってるスイーツがありますよ。
見た目の豪華なやつね。
201802HUNGRY_MONKEY-20.jpg
味の想像がつかないお菓子も売っていました。
201802HUNGRY_MONKEY-15.jpg
ここでもチャータイを飲みます。
チャータイに注目してみると、これが無いカフェなんか無い!ってくらいに、
どこにでもあって、タイ人の大好きビバレッジであることがうかがえます。
201802HUNGRY_MONKEY-23.jpg
そして、チャータイ味のケーキで胃にとどめを刺しましょう。
おいしかったな〜チャータイケーキ。
201802HUNGRY_MONKEY-22.jpg
店内カフェの入り口にはガネーシャ。
201802HUNGRY_MONKEY-24.jpg
オープンエリアが気持ちいい HUNGRY MONKEY でした。
とっても広くてキレイなのでパーティーやデートにどーぞ!

↑ HUNGRY MONKEY はこちら。
スポンサーサイト



擬似開眼幻視体験ができるバンコクのサイケな天井画の仏舎利があるワットパクナムへ行ってみた。[ Can you feel the Psychill Psychedelic at Wat paknam in Bangkok? ]


「サイケな寺」っていうテキトーすぎるキーワードで検索しても、
ドンピシャでヒットするバンコクのワットパクナムです。
こんなキチガイじみた天井画が描かれている寺は見たいにキマッてるじゃないか。
201801Wat_paknam_BKK-3.jpg
というわけで、タイの友達に連れられてワットパクナムにやって来ました。
日本もタイもどこでもかしこでも、
デカい寺というのは金のにおいがプンプンするもんです。
201801Wat_paknam_BKK-5.jpg
お線香と花と金箔のセットを手に入れてお参りしましょう。
金箔を貼り付けるアトラクションやったことある?
びっくりするほど仏像がフワフワで「ゲッ!」ってなるよね。
201801Wat_paknam_BKK-4.jpg
これは炎を絶やさないアトラクション?
油(ロウなのか?)を継ぎ足します。
201801Wat_paknam_BKK-6.jpg
2階にのぼると棺が置いてあって再び「ゲッ!」ってなります。
ピクリとも動かないお坊さんが生きてるのか人形なのか判別できませんでした。
201801Wat_paknam_BKK-7.jpg
サイケな壁画を探しながら外へ出たら次はコレです。
なまずにパンを与えるアトラクション。
201801Wat_paknam_BKK-8.jpg
なまずは寺で飼われて大切にされたり、
ミキサーで砕かれてカラッと揚げられて食卓に上ったり活用の幅が大きい魚です。
201801Wat_paknam_BKK-9.jpg
おい・・・サイケな壁画は一体どこにあるんだよ?
広いな、、、この寺、、、
201801Wat_paknam_BKK-19.jpg
壁画を探してウロウロしていたら、おもしろい光景に出会いました。
亀のお食事の時間です。
201801Wat_paknam_BKK-20.jpg
長い枝の先にバナナをつけて亀の口元に差し出してやると、
亀が首をながーくのばしてきてパクッとバナナを食べる、というキュートな餌タイムです。
201801Wat_paknam_BKK-10.jpg
やっとこさ、サイケな天井画のある仏舎利塔にたどり着きました。
なんだかドンヨリしていますが、真っ白で美しい建物でしたよ。
201801Wat_paknam_BKK-11.jpg
さっそく仏舎利の中へゴー!
あぁぁぁぁ、、、ぜんっぜんサイケな天井画は無くて、ナニコレ?博物館?
でも、面白いのでじっくり見て回りますか。
201801Wat_paknam_BKK-13.jpg
この細い船をご覧なさいよ。
こんな細い船に乗って托鉢してた坊さんなんて、そうとうイッてるでしょ。
201801Wat_paknam_BKK-15.jpg
はい、やっと宇宙的な仏舎利の最上位階に来ることができました。
こんな色合いと模様がシラフで見えるハズねぇべ!
シャーマンに茶を飲まされて宇宙に放り出されないとココまでイけねぇべ!
201801Wat_paknam_BKK-16.jpg
胃の一番底辺の部分がクキューンッ!ってなるな、この場所にいると。
ごろーんって寝っ転がって見ていたかったけども、
せっかちなタイ人に連れられて、さっさと寺を後にすることになりました・・・
201801Wat_paknam_BKK-2.jpg
写真で見ても美しいですが、
これは是非、自分の目で見て来たら良いと思います、なかなかの異体験です。
201801Wat_paknam_BKK-17.jpg
仏舎利の外に出ると、なんだか歌みたいなものが聴こえてきました。
音のする方を眺めているとなんだか派手な船がやってきましたよ。
201801Wat_paknam_BKK-18.jpg
なにかしらのセレモニーであることは確かです。
タイ人の友達も初めて見た!と言って喜んでいました。
「こんなの見れてユーアーラッキー!」ってなことを言われたので、
きっと縁起の良い何かなんでしょうね。
201801Wat_paknam_BKK-1.jpg
以上、宇宙っぽい天井画がサイコアクティブっぽいワットパクナムでした。
ちなみにワットパクナムという名前の寺は日本の成田にもありますが、
こんなにイカれた天井画の仏舎利はありませんので、バンコクへどーぞー。

タニタの0.1g単位で測れるデジタルクッキングスケール KJ-212(ブルー)を買った話。


クッキングスケールを持っていませんでした。
お菓子を作るときには体重計で計っていました。
150gの強力粉を体重計で測るのはあいまい値がハンパないため、
このたび、0.1g単位で測れるクッキングスケールを買いました。
201801TANITA_KJ-212-2.jpg
ようこそ、デジタルクッキングスケール KJ-212(ブルー)さん。
あぁ、もう、なんだろう、このシリコンカバー・・・
箱から出した瞬間にホコリがまとわりついてバッチイです、要らないです・・・
201801TANITA_KJ-212-3.jpg
長年、疑問に思っていたことがスッキリしました。
この「地域設定付き」という機能です。
201801TANITA_KJ-212-4.jpg
なんだかむかし聞いたことがあったんだよ、
沖縄の肉屋と東京の肉屋では同じ100gでも沖縄の方が多いって。
201801TANITA_KJ-212-5.jpg
わたしが体重を測ると赤道の上が一番軽く北極南極では重く表示されるということ。
それを補正する機能がついてるよってこと。
やっぱり昔聞いた話はホントだったんだな〜。
201801TANITA_KJ-212-6.jpg
0.1gを測れるとなると、同じに見えるガラス容器にも個体差があることに気づきます。
ガラス容器をのせるたびにリセットすれば問題ないことですが。
201801TANITA_KJ-212-7.jpg
この容器は34.0gです。
201801TANITA_KJ-212-8.jpg
もういっこの容器は33.8gです。
ガラス容器の重さをはかっているだけでワクワクします。
201801TANITA_KJ-212-9.jpg
さて、本題はここからです。
ACRBを測ってみましょう。
201801TANITA_KJ-212-10.jpg
通常のデジタルキッチンスケールは1g単位だと思うので、
6gの計測は難しいと思われます。
そして6gだと思ってはかったのに必要なのは3gでした・・・レシピはちゃんと見よう。