新大久保のネパール民族料理レストラン"アーガン"でネパール浴をしてネパール欲を満たしました。[ Nepal restaurant "Aangan" at Shin-okubo , Tokyo. ]


日本のリトルネパールといえば新大久保。
おもに新大久保駅を出て左斜め前方向に進むとリトルネパールなのですが、
Arngan(アーガン)は駅を出て右方向に進みます。
右方向っつったらもう10mすすむのにも苦労する混みっぷりを極めたコリアンタウン方向です。
ネパールレストラン・アーガンはコリアンタウンの中にあります。
201712Aangan_Nepal-2.jpg
太陽がサンサンと降り注ぐ道路に面した方は喫煙可能エリアです。
店舗奥側は喫煙エリアになってて、こっちも薄暗くていい感じでした。
201712Aangan_Nepal-3.jpg
今回はチビッコ2匹を交えての忘年会なので、
ぽかぽかと暖かい小上がりを予約して集合しました。
201712Aangan_Nepal-7.jpg
まずはネパールアイスとエベレストで乾杯!
真ん中にどーんと構えるラッシーはわたし用のノンアルコールドリンクです。
201712Aangan_Nepal-9.jpg
アーガンには3種類のネパールビールがあります。
リアルゴールド???
日本でリアルゴールドといえばコカコーラ社のエナジードリンクですが、
ネパールのリアルゴールドは↓
201712Aangan_Nepal-8.jpg
ビールです。
ビールの隣はわたし用ノンアルコールパイナップルジュースです。
201712Aangan_Nepal-6.jpg
ネパールといえばモモ。
モモの盛り合わせ(小)はモモが8個で900円、めっちゃリーズナブルなうえにうまい。
スチーム、ディープフライド、ハーフフライド、チッリイィーと説明を受けました。
各2個づつです。
201712Aangan_Nepal-19.jpg
結局、これ2皿食べたのでモモの盛り合わせ(大)でよかったじゃんと思いました。
モモの盛り合わせ(大)はモモ16個で1480円です。
このページで気になるのは「マトンの脳みそのフライ」ですね。
201712Aangan_Nepal-10.jpg
もちろんスープモモも外せません。
冷製スープと暖かいスープと豆のスープモモの中から暖かいのを選んだら、
スパイシーモモがやってきました。
「シソがのってるよ!」と大騒ぎしましたがパクチーでした。そりゃそうだろう。
201712Aangan_Nepal-5.jpg
じゃがいものアチャールとマトンチョイラは外せません。
オーダーしようとしたらマトンチョイラはベリーホット!と言われたので、
マトンセクワに変更した腰抜け日本人です・・・
マトンセクワ、じっくり香ばしく焼けててうまかったので結果オーライ!
201712Aangan_Nepal-18.jpg
今、メニューを見てパニプニを食べ忘れていることに気がつきました。
ネパールフェスの屋外屋台で食べてマズかった記憶があるので、
実際にレストランで食べて判定しようと思っていたのに・・・
201712Aangan_Nepal-17.jpg
アーガンのアルアチャール(じゃがいものアチャールのこと)、好きです。
ナッツの味が効いててうまかった。
201712Aangan_Nepal-11.jpg
エッグバラはフワッフワでこれもまた美味しい!
今までよそで食べて「?」って思ってた味のものもココで食べるとうまい。
マトンの臭さからして日本人向けに調理しているとも思えないので、
オーセンティックなのにうまい!というのが正しいと思われます。
201712Aangan_Nepal-20.jpg
子供達にはお約束のチョウメンです。
コレをスパイシーにしないで作ってもらって食べさせます。
ネパール独特の味付けはノンスパイスでも大人が食べてもウマイです。
201712Aangan_Nepal-12.jpg
大人が4人も居るのでなんかハデなやつをいっこ頼もうよ!という企画です。
アーガンスペシャルタカリセットを注文しました。
201712Aangan_Nepal-16.jpg
ネワリセットのチウラ(米を押しつぶして干したやつ)をご飯に変えられたら、
ネワリセットにしたい!と提案してみましたが、
「ネワリにはチウラ」は変えられないらしく、タカリセットに落ち着きました。
201712Aangan_Nepal-14.jpg
豆のスープ、マトンカレー、チキンカレー、漬物やバターオイルを
ぜーんぶ皿の中でぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのがネパール式ですが、
ぐちゃぐちゃに混ぜた写真は割愛させていただきます。
201712Aangan_Nepal-15.jpg
シヴァラットリーの時期にネパールに行きたいな〜とケムリをみてぼんやり言うと、
2月に行こう!なんて話になって焦ります。
そうです旅ってものは「言うとそうなる」のです、過去の統計から見ても、
国境の町の民族のお家へのホームステイだって、マレーシアツーリングだって、
「まぁ、やってみたいけど、実際はね」って思ってたことが現実になったのだから。
ことだまってすごいな、と思うのです。
行きたい行きたいって言ってれば行けるからとりあえず言うことを推奨します。
シヴァラットリーのカトマンズへ行きます!行けます!行ってきます!
201712Aangan_Nepal-4.jpg
ネパールのチャイのことをなんて言ってたかな。
グラスの底にスパイスが沈殿するほど入ってて甘くて美味しかったです。
そーいえば、さいきんアジトらへんでチャイが流行っています。
201712Aangan_Nepal-21.jpg
このマサラミックスをロイヤルミルクティーに入れるだけでチャイぽくなります。
新大久保駅を出て左斜め前のリトルネパールの輸入食材屋さんで購入可能です。

ネパール民族料理 アーガン (Aangan)
東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4F
TEL:050-5592-7957
営業時間 11時から24時まで
スポンサーサイト



ペンコストレージコンテナに貼り付けるルアー専用ハイボルテイジ・カスタムステッカーを作ってシーズンオフもヒトの活性は高くイキましょー編。


ペンコストレージコンテナに貼り付けるカスタムステッカーができあがりました!
と、いきなり宣言してみたところで、
ペンコってなんなのよ?カスタムってなによ?ってことですが、
2017PencoStorageContainer-1.jpg
茶色いコンテナに貼ってあるのがオリジナルのシールです。
ただの紙のシールなので水に濡れるとヨレヨレします、そのくせ剥がそうとすると、
うすーく紙っぽいのが残って剥がしにくさを極める例のあの素材です。
水色のコンテナに貼りつけ中のものがカスタムステッカーです。
2017PencoStorageContainer-2.jpg
うん、いいデキだ!!!
(自画自賛)
2017PencoStorageContainer-6.jpg
ハイボルテージコンテナステッカーはルアー専用ケース仕様です。
ルアーはルアーでもトップウォーター専用です。
2017PencoStorageContainer-5.jpg
コンテナに貼るスペシャルステッカーを作ったはいいが、
ペンシルベイトをドッグウォークできないペーペーですよ、わたし。
運良く駿河屋で1600円でゲットしたB級ルアー列伝(1巻目)を読んで知識を・・・
と思ったけど、結局好きなページをドッグイヤーしただけです。
ドッグウォークはできませんがドッグイヤーは得意です。
2017PencoStorageContainer-3.jpg
春になったら、この白いハコにお気に入りのルアーを入れて、
ブラックバスを釣りに行くんだ、釣るんだ、あそぶんだ。

バンコクのお洒落なカフェB-STORYでおいしいカフェラテをいただきました2017年バージョン。[ We rouged around at cozy cafe "B-STORY" at Bangkok. ]


ココウォークにもう一箇所私の好きな場所があります。
B-STORY というカフェです。
201712B-STORY_BKK-1.jpg
同じトコにばっかり来てるなぁ〜と思いつつも雰囲気が良いのです。
たとえば日本でこんな店を見つけたとしても、
空前のカフェブームな日本じゃ客でごった返しててゆっくりコーヒーも飲めねぇ。
せめてバンコクでは、ゆっくりさせておくれよ、ママン。
201712B-STORY_BKK-3.jpg
カフェラテに謎の絵が描かれていました。
B-STORY のカフェラテは注文どうりノンシュガーの甘く無いカフェラテです。
201712B-STORY_BKK-4.jpg
ベリーのソースがたっぷりかかったチーズケーキも美味しかったです。
やっぱりすき、ビーストーリー!
201712B-STORY_BKK-5.jpg
夕食には早いなっていうくらいの時間に行ったので、余計にゆっくりできました。
スパゲッティやピザのメニューがあるので夕飯時にはそこそこ混みます。
201712B-STORY_BKK-7.jpg
B-STORY はココウォークのかどっちょにあります。
猫カフェ・キャッチューディは青い屋根のあたりにあります。
わたしたちはラチャティウィ界隈が好きです。

関連記事
バンコクのお洒落なカフェB-STORYでおいしいカフェラテをいただきました2016年バージョン。