ピンクガネーシャのいるお寺ワットサマン、その弐。[ Wat Samanratanaram " วัดสมานรัตนาราม " ]


ピンクのでっかい寝ガネーシャのいるお寺ワットサマンラタナラムの続きです。
ワットサマンの敷地は広く、日本の有名寺社同様に金のにおいがします(笑
では、お布施をしつつお寺の中のアトラクションに攻め入ってみましょう。
201703Wat_Samanratanaram_2-2.jpg
ブッダのために大きなろうそくを作るアトラクションです。
「熱して溶かしたロウを円柱の型に流し入れて右端にあるような巨大ろうそくを作る」
というものです。
201703Wat_Samanratanaram_2-1.jpg
おたまでロウをすくって型に流し入れます。
このシステムで本当にろうそくができあがるのかは謎です。
201703Wat_Samanratanaram_2-3.jpg
次はこのやる気のない店番のおにーちゃんから、コインが入った皿を買います。
1皿20バーツです。
201703Wat_Samanratanaram_2-4.jpg
この1バーツコインを仏の前にある銀色のカメに投げ入れます。
3枚のコインをカメに投げ入れられたら、あなたの人生は成功します。
2枚だと、時間はかかるけれど成功します。
1枚だと・・・あれ?なんだったっけ???
201703Wat_Samanratanaram_2-5.jpg
4枚投げ入れたんだけど・・・
「うん、すぐに成功するね!」だそうです・・・マジですか!笑
201703Wat_Samanratanaram_2-13.jpg
浮き島のようなものに渡ってみましょう。
201703Wat_Samanratanaram_2-9.jpg
通路を犬が封鎖しています。
201703Wat_Samanratanaram_2-7.jpg
1周ぐるっと回るだけの浮き島です。
3歩ごとにお賽銭を入れるカメが設置されています。
201703Wat_Samanratanaram_2-8.jpg
おおきなドラのようなものを叩いてみます。
ドラをたたくバチがめっちゃ重かったです。
201703Wat_Samanratanaram_2-10.jpg
東南アジアのお寺はギトギトした極彩色。
201703Wat_Samanratanaram_2-11.jpg
ピンクガネーシャのワットサマンは遊びどころイッパイでおもしろかったです。
願いも叶うといいね!
201703Wat_Samanratanaram_2-12.jpg
キンピカの岩みたいな仏塔がありましたが、
わたしのタイ人友達がまったく興味なさそうだったので行きませんでした。
岩の下に人が入ったりしてて、ちょっとおもしろそう・・・
以上、ワットサマンからでした。
スポンサーサイト

ピンクガネーシャのいるお寺ワットサマン、その壱。[ Wat Samanratanaram " วัดสมานรัตนาราม " ]

201703Wat_Samanratanaram-6.jpg
願い事が3倍はやく叶うということで有名なピンクの寝ガネーシャを見に行きました。
何度も言うようですがタイで「ガネーシャ」と言っても通じません。
「プラッピーカァーネェー」と言わないと理解してもらえません。
「ピンク・プラッピーカーネェー」を見に行きたいんだ!と訴えてやってきました。
201703Wat_Samanratanaram-1.jpg
ピングガネーシャの居るワットサマンラタナラムは川の中州にあります。
201703Wat_Samanratanaram-12.jpg
大きな駐車場がありますが、観光(お祈り)に来る人でイッパイでした。
もちろん屋台もいっぱいでているので、飲み物と食べ物には不自由しません。
201703Wat_Samanratanaram-5.jpg
駐車場からしばらく歩くと、さっそく巨大なピンクガネーシャが見えてきました。

デカいです!立派です。
たしかに3倍速で願いが叶いそうな雰囲気です。
201703Wat_Samanratanaram-3.jpg
ガネーシャにお願い事をすると言えば、わすれちゃいけないのがネズミ。
201703Wat_Samanratanaram-8.jpg
ネズミの片方の耳をふさいで、もう片方の耳に内緒話のようにお願いをささやきます。
これが正しいガネーシャへのお願いの仕方です。
参照:バンコクの有名なガネーシャ
201703Wat_Samanratanaram-2.jpg
せっかくワットサマンまで来たんだし、お願いをしよう!
ってことで長蛇の列に並びました。
201703Wat_Samanratanaram-9.jpg
ヒンドゥー教のことはよく知らんけども、象の神様イッパイ。
というか、わたしはブッディストだったな〜。
問題ありません、日本は神も仏もミクスチャーな文化のある国です。
201703Wat_Samanratanaram-4.jpg
願いが叶うときけば、宗教を超越します(笑
ガネーシャのねずみ、ピンクのデカいガネーシャに伝えて、わたしのお願いごと。
201703Wat_Samanratanaram-10.jpg
サイケデリックな色に包まれたワットサマンには観音様もいました。
201703Wat_Samanratanaram-11.jpg
ドラゴンボールに出てきそうな黒い神様や、ドラえもんまで。
なんでもアリです。
明日もワットサマンのその他のアトラクションをご紹介します。
そんなワットサマンラタナラムはこちらです。

我孫子の「スパイシーカレーラーメン願力屋」でおいしいカレーラーメンをいただきました。[ Is this Ramen-noodle shop or Nepal restaurant??? I found delicious CURRY-Ramen at Abiko,Chiba. ]


家系なのにカレーラーメン???
しかもそのカレーラーメンがすごぶるうまいらしいときいたので我孫子にやってきました。
「スパイシーカレーとんこつラーメン 願力屋」です。
201703Ganrikiya_Abiko-6.jpg
お店に入るとめくるめくネパール料理レストラン感満載です。
(※外観写真が手ぶれてすぎて掲載できませんでした)
201703Ganrikiya_Abiko-1.jpg
食券を買います。
ネパールビール・ムスタンもあります。
201703Ganrikiya_Abiko-2.jpg
うわさの「スパイシーカレーラーメン」をいただきましょう。
辛さが選べますが、まずは普通の辛さで。
201703Ganrikiya_Abiko-4.jpg
食券を買った後、席に座ってじっくりとメニューを見てみたら・・・
ネパールやん、ここ!
201703Ganrikiya_Abiko-3.jpg
スパイシーカレーラーメンも興味深いけれど、TARIにもそそられます。
あなどれません、我孫子!
201703Ganrikiya_Abiko-5.jpg
シヴァ神のタペストリーがかけてあったり、
201703Ganrikiya_Abiko-9.jpg
読めない数字のカレンダーがかけてあったり、
不思議なラーメン屋さんです。
201703Ganrikiya_Abiko-10.jpg
スパイシーカレーラーメン(並)です。
スープの辛さと麺の茹で具合を選ぶことができます。
201703Ganrikiya_Abiko-12.jpg
クリーミーなカレーともちもち麺がおいしかったです。
ぜひともこのスープにはゴハンを入れて食べてみたい!
201703Ganrikiya_Abiko-14.jpg
なんとライスは無料なうえに、おかわり自由です。
201703Ganrikiya_Abiko-7.jpg
国産米あきたこまちだそうです。
201703Ganrikiya_Abiko-13.jpg
ゴハンをよそってみたら、バスマティライスとジャポニカ米のミックスでした。
つまり「あきたこまち使用しています」ですね。
カレーラーメンのスープにバスマティミックスのごはんが最高に合います。
201703Ganrikiya_Abiko-8.jpg
白いシャツを着ている日にカレーラーメンを食べたくなっても大丈夫です。
願力屋には紙エプロンが用意されています。
201703Ganrikiya_Abiko-15.jpg
願力屋はみちっぱたに建っているので「駐車場はある?」ってきいたら、
「ハリオンといっしょ!」って言われたのでココに停めてよいそうです。
お店と駐車場はちょっと離れてるので見落とさないように〜。

「横浜とんこつラーメン願力家」と表示される場所がスパイシーカレーラーメン願力屋です。
こっからは想像の話ですが・・・
家系ラーメンのお店を居抜きでインドネパール料理店が買い上げて、
カレーラーメンのお店にしたのではなかろうか、、、と。
なので願力から願力に看板が変わったのではなかろうか、、、と。
あくまでも個人的な想像です。
ネパール系のおにーちゃん達が作るカレーラーメンはとてもおいしいので、
細かいことはどーでもいいですね!