全日空のボーインク787-8国際線機材240席の機内での過ごし方・裏技編。


帰りの飛行機であることを発見しました。
スワンナプーム国際空港は搭乗エリアとショッピングエリアとフードエリアが、
見事なまでに離れた位置にあるため搭乗エリアまで来てしまうと、
もう戻ったりするのが面倒で買い忘れのおみやげなどは99%あきらめます。
201702Boing787-8ANA-2.jpg
ボーイング787-8、240席タイプの国際線機材です。
最近エグジッットローが空いていないのでいちばん後ろのこの席を使います。
それはなぜかというと・・・
201702Boing787-8ANA-7.jpg
ACHK列の最後尾の座席だけ2列なのです。
つまりはトイレに行きたい時にひとりにだけ頼めばよいので気持ちが楽!
そんな理由でこの席を選びます。
だったら通路側に座っとけよと思うんだけど、
せっかく空を飛んでいるんだから窓から外が見たいのです。
201702Boing787-8ANA-4.jpg
さようなら、タイランド。
さようなら、わたしのタイフレンズ。
また来るよ、必ずね。
201702Boing787-8ANA-3.jpg
座席に着いたら間髪入れずにスカイチャンネルON!です。
「君の名は。」のそのほとんどをうたた寝で見過ごしてしまいました。
映画館に2回も観に行ったよ!って言ってた友達に、「あれおもろいの?寝ちゃったけど?」
って告白したら激怒されたうえに映画館に行って謝ってこいと言われました。
帰りの便はくたくたで寝てしまうのは、しょーがないのです。
201702Boing787-8ANA-5.jpg
通常はありえないゴハンメニューにパン。
タイ国際航空ならばメシとパンを平気で重ねてくるけれどANAはそんなことはしない。
ではなぜ?
なんだかこの日の機内食は「肉を出せ!」という人が多すぎて、
CAさん達が希望メニューを乗客に尋ねながら、
「お魚メニューに協力していただけませんか?」とお願いに回っていました。
エコノミーに乗ってる分際で選ぶ権利を主張するとか見苦しいな・・・と思いつつも、
肉メニューにしかパンがついていないので、
「魚でいいけどパンもおくれ」って言ったわたしが一番ビンボーくせぇ!笑
梅味のソバとかいつも創作料理がスベッテル感あるANAの機内食です。
201702Boing787-8ANA-6.jpg
機内食も食べ終わり、空港でしこたま飲んだコーヒーがそろそろ尿に変わる頃です。
自分の座席の後ろを覗いてみたら通れそうなスキマを発見しました。
写真の撮り方で割かし広そうに見えますが、実際はもっと狭いです。
隣に座ってたスキンヘッドの格闘家系にーちゃんが持参のイヤホンで映画に夢中なんで、
邪魔しちゃ悪いかなと思ってこのスキマに挑んでみたら・・・
通れました。
まったくお勧めはしませんが、通れなくはないです、小さめの女性なら。
というわけでANAの787-8の240席国際線バージョン33Kの裏技でした。
スポンサーサイト

我孫子の「豆でっぽう」で最高においしい担々麺をいただきました。[ How Delicious!!! Dandan Noodles made me HAPPY at MAME-DEPPOU in Abiko,Chiba. ]

201702Mamedeppou_Abiko-12.jpg
担々麺とタンメンとニュータンタン麺の違いを知らなかったワタシ。
「担々麺を知らないなんて人生損してるよ!」と言われたので、
おいしい担々麺を食べにやってきました。

常磐線の天王台に集合です。
今日行く「豆でっぽう」は駅前なんだけどちゃんと駐車場もありました。
201702Mamedeppou_Abiko-2.jpg
2月6日現在、お店の外壁工事中でこんなかんじになってました。
11時半開店なんだけど、すでに待っている人が居ます。
201702Mamedeppou_Abiko-3.jpg
お店が開く前に10台分あるパーキングは全部うまってしまい、
お店の前にも行列ができました・・・月曜なのに!
早く行ってよかった〜。
201702Mamedeppou_Abiko-5.jpg
お店が開く11時半になるのを待ちながらメニューをみせてもらいます。
201702Mamedeppou_Abiko-7.jpg
一番奥の個室になっているテーブル席に通されました。
ラーメン屋さんだと思っていましたが、
ちょっとした和食懐石がでてきそうなお洒落な空間です。
201702Mamedeppou_Abiko-8.jpg
スタンバイされているお盆と山椒の小皿もステキ!
201702Mamedeppou_Abiko-4.jpg
「豆でっぽう」はいろんな小物がお洒落です。
201702Mamedeppou_Abiko-9.jpg
最近の「人気ラーメン店」っていうとカウンターだけの殺風景な店舗かな、
と思っていたのですが、お店の内装も予想以上に良くて気に入りました。
201702Mamedeppou_Abiko-11.jpg
豆でっぽうの担々麺です。
器もステキ。
201702Mamedeppou_Abiko-13.jpg
挽肉とピーナッツがたっぷり入ったクリーミーなゴマのスープ!
これが担々麺か!すごくおいしいです。人生初の担々麺に歓喜していると、
「ここの担々麺の基準にしちゃダメだよ。これはすごくおいしい担々麺だからね、特別だよ!」
と念を押されました。
201702Mamedeppou_Abiko-14.jpg
お好みで山椒を入れたり、最後にスープにゴハンを入れて食べるのもおすすめです!
とのことだったので4人で一個ライスを注文しました。
201702Mamedeppou_Abiko-6.jpg
このライス・・・思っていたより大盛りで半ライスでも十分だったかも。
201702Mamedeppou_Abiko-15.jpg
小振りに見えるラーメン鉢ですが、麺がいっぱい入っててゴハンまで
辿り着かないのではないか?と焦りましたが4人で力を合わせて完食しました。
201702Mamedeppou_Abiko-10.jpg
スープにゴハンを投入した後、ラー油を入れて味を変えてみたり。
201702Mamedeppou_Abiko-16.jpg
豆でっぽうの担々麺、本当においしかったです。
突然思い出して食べにいきたくなる!そんな味でした。
食べ終わってお店から出ると、さらに行列が長くなっていました。
サラリーマンぽいグループ、ご年配の夫婦、女子のグループ、客層はいろいろでした。

THANK YOU 200,000 VIEW since October 5th 2012.



2月25日と26日のはざまあたりで20万ビュー、ありがとうございます。

ちなころぼっくるにっきがはじまったのは2006年5月10日ですが、

カウントは2012年10月5日からという中途半端な感じがまたヨロシ。

2015年2月13日に10万ビューをお祝いしています。

正直なところビューの数なんかどうでもよくて、書きたいから書く!

描きたいから描く!の姿勢を崩さず飽きるまで続けていこうと思っている次第です。

これからも、どーぞよろしく!