チェンマイで一番人気の焼鳥屋さん "SPチキン" にいってきた。[ The most famous roasted chicken restaurant in Chiang Mai. " SP CHICKEN " ]


チェンマイで一番うまいガイヤーン(ローストチキン)レストラン、SPチキン。
2年前、行きたかったけど行けなかったSPチキン。
きのう行ってみたら営業時間が夕方5時までで、営業終了してたSPチキン。
きょうは電話して営業しているかを確認して来ました。
201611SP_chicken_Chiangmai-1.jpg
な、ら、ん、で、る。
タイで並ぶという発想が全くなかったのでちょっとショックです。
でも、きょうこそは食べたいので並びます。
201611SP_chicken_Chiangmai-3.jpg
ぐるーん、ぐるーんとまわるチキンを見ていると・・・
おなかがグーグー鳴ります。
201611SP_chicken_Chiangmai-6.jpg
SPチキンは外国人観光客にも大人気なので、いろんな言語のメニューがあるようです。
これは日本語バージョン。
201611SP_chicken_Chiangmai-7.jpg
黄色いメニュー表をみながら、白いオーダーシートにチェックを入れます。
白い方はタイ語のみ(笑
なので、字のカタチを見てチェックを入れることに・・・
201611SP_chicken_Chiangmai-5.jpg
わくわくしながら待つわたしたちの食卓の気温は33℃でございます。
ワオ!灼熱キッチン!
201611SP_chicken_Chiangmai-11.jpg
おまちかねの焼鳥(ハーフサイズ)、80バーツなり。
焼鳥1羽まるごとは100バーツですが、いろんなものを食べようってことで
ハーフサイズを選びました。柔らかくてうまいです。
201611SP_chicken_Chiangmai-8.jpg
豚のリブ焼き、80バーツ也。
チキンばかりに目がいきがちなSPチキンですが、豚リブはチキン以上にうまいです。
というかチキンより気に入りました!
201611SP_chicken_Chiangmai-10.jpg
鶏肉とカシューナッツ炒め、100バーツ也。
丸焼き料理以外のメニューもおいしいSPチキン。
カシューナッツ炒めは超オススメメニューです、間違いないです。
201611SP_chicken_Chiangmai-9.jpg
ラーブ(奥の皿)50バーツ、ヤムウンセン(手前の皿)50バーツです。
箸休めにサッパリした料理もたのむといいですよ〜。
というか、タイもなんにでもタマネギをぶち込んでくる国だな・・・
201611SP_chicken_Chiangmai-12.jpg
SPチキン
営業時間 朝10時から夕方5時まで。
超有名店なのでグーグルマップで「SP Chicken」と検索するとピンがささります。
赤いソンテウに乗って「エスピーガイヤーン」と言えば、
チェンマイ中心部あたりから20バーツでお店の前まで連れてってくれます。

というわけで2年ぶりにチェンマイ・バンコク・チョンブリに行って来ました。
やっぱり好きだわ、タイランド。

次のお正月で3周年を迎えるTシャツとステッカーのお店、EXP松戸店でトートバッグをつくっていただきました。


Tシャツのお店といえばEXP松戸店です。
2014年1月にオープンしてもうすぐ3年目になりますが、
このたび店長さんが変わりまして、心機一転!リスタートです。
というわけで、就任おめでとう!のご挨拶とご祝儀発注を兼ねてたずねてみました。
201610EXP_Matsudo-9.jpg
きょうは福岡でタイ古式マッサージのサロンを経営しているミカ先生への
プレゼントを作ってもらおうと思います。
ミカ先生と相談しつつバーンロムディーのデザインができあがりました。
201610EXP_Matsudo-4.jpg
こんなグラデーションの模様をどうやってトートバッグにするのかというと、
インクジェットプリンタです。
いまどき、Tシャツやトートバッグはインクジェットプリンタで作れるんです。
ものを作ることに興味がありそうな人に、
「このTシャツ、インクジェットでつくったの」って言うと
興味津々に眺めてきて挙げ句の果てにTシャツをひっくりかえして見ようとしてきます。
それは別料金ですよッ。
201610EXP_Matsudo-5.jpg
って行ってる間にプリント終了。
生成りの色が交ざって渋い色合いになりました。
ディスプレイで見たような色を出すにはカラーの下に白色を敷きます。
お好みでどちらでも。
201610EXP_Matsudo-6.jpg
インクを乾燥させて、できあがり〜!
ミカ先生にプレゼントして驚いてもらうぞ。へっへっへ。
201610EXP_Matsudo-3.jpg
オリジナルTシャツが1枚から作れるお店ということで、
飛び込みのお客さんもたくさんいらっしゃるそうです。
この日もパーカーを3枚つくりたいんですっていうお客さんがいらっしゃいました。
201610EXP_Matsudo-2.jpg
カタログの中からプリントをするパーカーやTシャツ、トートバッグなどを選びます。
ボディの上にプリントしたいロゴを配置してでき上がりイメージを見せてくれます。
数量が少ないものは1週間から10日でできあがるようです。
夏が繁忙期だそうですので、春から夏にかけては余裕を持って早めに注文しましょう!
201610EXP_Matsudo-8.jpg
EXP松戸店は平たいので見逃し注意ですよッ!
関係者各位は、2軒と駐車場を挟んだところにセブンイレブンがあるので、
差し入れのエナジードリンクを忘れずに購入して持っていくこと!(笑

EXP松戸店:千葉県松戸市小根本20-47 TEL:047-375-8555
EXP松戸店 Facebookページ

EXP松戸店オープン時の記事(2014.01)

余談ですが「Tシャツを選ぶ時の基準」を時折熱く語り合います、友達やボスと。
わたしは「サイズありき!」です。
どんなに気に入った柄でもサイズが合わなければ着こなすことができません・・・
ディテールの形やシルエットに重きを置く人は思った以上に多く居ます。
なので洋服屋さんで片っ端からたたんであるTシャツを開いてみる人の気持ち、分かります。
洋服屋さんでTシャツたたむようなバイトをしている時は殺意を覚えることもありますが。
サイズをみているのか柄をみているのかは実は分かりません。
が!
意見をてらしあわせてザックリ想像するに、柄で買う人50%、サイズで買う人50%・・・かな。
なんだよ、半々かよ!笑
とは言えどもサイズで買うと決めた人は頑としてサイズ重視なので100%サイズで買うのです。
ところが、そんなジャストサイズな気に入った柄のTシャツになんてなかなか出会えません。
だったら、作ろうか!
というところが着地点なのです。
Tシャツのボディは決まってる!そしたらEXP松戸店に行って作ってもらえば良いじゃないか。
そんなこんなで、ここんところ2年、Tシャツは買うものではなく作るものになっています。
ユナイテッドアスレのキッズ150サイズ、このTシャツさえあれば、
わたしのワードローブは無限。Aiデータのある限り無限です。
さ、次の夏に向けてTシャツをつくろうじゃないか!

日本郵便の全国一律164円で小さな荷物が送れる「クリックポスト」を使ってみました。[ How to use "Click Post" ? We can send small package to charge only 164yen. Valuable!!! ]



日本郵便「クリックポスト」っていうバリュアブルなサービスを使ってみます。
なんとなんと!全国一律164円です。
日本郵便:クリックポスト

201611click-post-6.png

クリックポストを利用するにはヤフーIDとヤフーウォレットが必要です。
まずはヤフーのほうの準備をしてからクリックポストの会員登録をします。

201611click-post-7.png

なんだよ全角って!と半角がはじかれるたびにイラッとします。
ガマンガマン・・・
アドレス確認メールにて本登録を完了させます。
さっそくクリックポストを使って荷物を送ってみましょう。
クリックポストTOPからヤフーIDでログインして利用開始です。

201611click-post-8.png

宛先の入力フォームを全部埋めて、決済確定ボタンを押します。
ポップアップがブロックされる設定になっていると決済できませんので、
クリックポストのURLで開くポップアップブロックを解除しておきます。

201611click-post-9.png

決済が完了すると宛名ラベルをプリントアウトできます。
30分以内!急げ!

201611click-post-2.jpg
A4用紙サイズでプリントアウト完了です。
左上の部分を切り取って商品に貼付けてポストに投かんすればOKです。
201611click-post-3.jpg
OMG!地形図にプリントしてしまったぜ!
3色刷の地形図が1枚278円です。
この時点で定形外郵便の値段を超えてしまったんじゃないかとか考えないですすめよう・・・
201611click-post-4.jpg
切り取って貼ってできあがり。
あとは明日の通勤時に駅前のポストに投かんするだけです。
201611click-post-1.jpg
荷物のなかみはTシャツいちまいとステッカー3まいです。
EXP松戸店で作っていただいたオリジナルTシャツです。
無事とどきますように。