なんと東京にチャーチャンティン(茶餐廳)があった!飯田橋の香港カフェ”贊記茶餐廳”で港式絲襪奶茶(香港ミルクティー)をいただく。[ There's Hong Kong Style Cafe at Iidabashi, Tokyo. We can eat some Hong Kong style foods and can use Free Wi-Fi at here. ]


なんと日本に茶餐廳(チャーチャンティン)がありました。
香港贊記茶餐廳(ホンコンチャンキチャーチャンティン)です。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-7.jpg
ごめんくださーい、エッグタルト喰わしてくださいーい。
内装は茶餐廳ぽいわけではなく、日本のラーメン屋さんのようです。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-8.jpg
壁に貼ってあるメニューが広東語です。
もうほとんど何が出てくるか分かるようになりました、読み方は分からんけども。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-3.jpg
冷たい飲み物のほうが少し高いのも香港チックです。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-4.jpg
パイナップルパン(菠蘿包)とエッグタルト(蛋撻)はテイクアウトできるようです。
帰りに買っていきましょうかね。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-5.jpg
パイナップルパンのPOPを見ながら待ちます。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-6.jpg
港式絲襪奶茶(香港ミルクティー)とエッグタルトです。
香港で飲んだあの濃ゆ〜い、それでいてシルクのような滑らかな舌触りの奶茶。
それを期待して注文したのですが・・・薄い・・・うすい・・・
これじゃそんじょそこらのロイヤルミルクティーと大差ないじゃないか。
香港で飲んだ奶茶がどれも美味かっただけにガッカリです。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-11.jpg
お昼の時間帯にはランチメニューがあるようです。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-10.jpg
こちらは午後2時からのメニューです。↑上のも↓下のも。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-9.jpg
ちょうど炒飯を食べてる人がいましたが、盛りは「モリモリ」でした。
そこんところは香港を忠実に再現していらっしゃるようです。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-12.jpg
では、おみやげを買って帰りましょう。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-13.jpg
パイナップルパンとエッグタルトを買ってきました。
お店で食べたエッグタルトがおいしかったので、おかわりです。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-14.jpg
よ、おひさしぶり、菠蘿包!
生地がみっちり尚且つふんわりしていて香港の菠蘿包ですよ、これは。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-15.jpg
タルト生地の香港式エッグタルトは、タルト部分にバターがふんだんに使われていて、
しかも有塩バターだと思われるよい塩加減でこれまた美味かったです。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-16.jpg
あとは・・・港式絲襪奶茶(香港ミルクティー)・・・あれさえもっと美味ければ・・・
ぶっちゃけリプトンのスティック状の港式絲襪奶茶のほうが本場に近いです。
というかリプトンのはほぼ忠実に再現しています。
かといって「リプトン出せ」とは言えないけれど、あの美味い香港ミルクティーを
なんと再現してほしいなぁと願っております。
201608HongKongCafe_in_Iidabashi-2.jpg
香港贊記茶餐廳 [ ホンコンチャンキチャチャンテン ]
東京都千代田区飯田橋3-4-1
TEL:03-6261-3365
営業時間 11:00 - 19:00 (日曜のみ17:00まで)
フリーWiFi利用可能。
スポンサーサイト

チュッパチャップスのグミが想像を絶するマズさだった。[ Incredible YUCKY!!! I never believe Chupa Chups Jellies are FOOD. ]


https://vine.co/v/5Mmhw2I0XYY
コンベアで運ばれてくるパンダがカラーパンダと白黒パンダに振り分けられる、延々と。
なんじゃこの可愛いムービーは!!!
そこで思い出しました、香港で買ったチュッパチャップスのグミのことを。
20160830ChupaChups_Jellies-6.jpg
スーパーマーケットのグミのコーナーは定期的にチェックしなければなりません。
そこが日本であろうと香港であろうと。
チュッパチャップスのグミなんてあるんだー!
と盛り上がって買ってきてみましたが、どーやら日本でも売ってるそうです。
20160830ChupaChups_Jellies-1.jpg
チュッパチャップス・ジェリー♥
1袋HK$8.9(約125円)です。
20160830ChupaChups_Jellies-2.jpg
この形を見て「なにこれ?キノコみたい、スペイン人の考えることは分からん」
とブツブツ言っていたら、うちのボズが「ほんとうになんの形か分からないの?」
と言うではありませんか。
しめじにしか見えないんだけどもなぁ・・・
と思いつつもしげしげと眺めていたら、あ、チュッパチャップスの形か・・・
なんて不細工な・・・スペイン人の考えることはほんとうに分からんわ。
20160830ChupaChups_Jellies-3.jpg
あまりのマズさに袋の後ろを読んでみましたが、リンゴジュース以外は
砂糖やシロップやなんちゃらフレーバーって書いてあるだけです。
でもってスペイン産ではなく香港の会社の中国産でした。
20160830ChupaChups_Jellies-4.jpg
棒にささった飴のカタチだとか意味不明ですが、納得できる形のグミもあります。
NEWって書いてあるってことはこっちが後発ですか?!
やっぱりスペイン人の考えることは全くもって分かりません。
どうかんがえたってこの形だと思うんだけども・・・
20160830ChupaChups_Jellies-5.jpg
オレンジ色のはオレンジ味で、唯一これがおいしかったです。
赤いのと緑のは・・・こーゆー甘いだけのグミもあるよねっていう味で、
茶色いのはコーラかと思いきやただひたすらにマズかったです。
やっぱチュッパチャップスはキャンディーがいいね、
グミはハリボにまかせておけばいいよね。
20160830ChupaChups_Jellies-7.jpg
ハリボもチュッパチャップスも24時間営業のウェルカムマーケットにあります。
というか、日本で売ってるそうです。

iOSのインストールが半強制的になっていたこと。


そういえばiOSのアップデートがWindous10のアップデートちっくになっていました。
どーゆーことかというと・・・
半強制アップデートです。
思い返してみればiOS4のころから初めてじゃないでしょうか?
わたしの記憶が間違いじゃなければ、iOS9.3.2から半強制です。
どうなっているのかというと・・・
201608Apple_iOS-4.jpg
「あなたのために新しいiOSが準備できました!ぜひぜひ!」っていうのが表示されます。
そこで我々に与えられた道は3つ。
1、今すぐ。
2、後で。
3、詳細をみる。
201608Apple_iOS-3.jpg
「後で。」を選んでみると・・・
夜中に充電してるときにアップデートしとくからね!よろしくね!
あなたが寝てるときにやっておきます御主人様、みたいな。
まさにiOS9.3.2のときに寝ぼけながらコレをやったらしく、
朝起きたらアップデートされていました。
201608Apple_iOS-2.jpg
「詳細を見る。」を選ぶと結局はURLにとんで自分で読めよということらしく、
このページを閉じる前に「インストールナウ」を押しやすいようになっています。
※iOS9.3.3の写真とiOS9.3.4の写真がゴチャマゼですみません。
20160505update_iOS9_iijmio-3.jpg
古いiOSを使い続けるユーザーが居ることでApple側に何かしら不都合が多いと見た!
「ingress」は強制アップデートが必要なゲームで、
アップデートしないとゲーム画面を表示すらしてくれません。
多分同じくナイアンティックが作っている「Pokémon GO」もそうに違いありません。
「パソコンのメール、携帯のメール」なんて言ってる人達が使うんだもの、
そりゃメチャクチャな申し立てもあるでしょうよってことで強制アップデート賛成です。