香港国際空港は飛行機を見るのに絶好の空港です。[ Airplane geeks definitely should visit to Hong Kong International Airport. ]

201606HongKongInternationalAirport-2.jpg
香港国際空港は飛行機を見るのに絶好の空港でした。
ちょうどわたしが香港に行く3週間前ここから帰りの便に乗りそびれて、
香港バケーションを2日間延長した知り合いが居たので、
先人に習い早めに空港に着いて「なにしよっかなー」と思っていたところ、
飛行機が見えすぎちゃって搭乗ぎりぎりまで窓にへばりついて飛行機を見ていました。
201606HongKongInternationalAirport-8.jpg
香港国際空港は滑走路と空港の建物の位置関係が絶妙です。
平行に存在するのでガラス張りの搭乗待ちスペースから飛行機見放題!
わたしが日本に帰国する日は矢印の方向から飛行機が降りてきました。
201606HongKongInternationalAirport-5.jpg
搭乗口付近の椅子に座ってこんなのが見れるって幸せです。
全世界の空港はこうあるべき!と思います。
201606HongKongInternationalAirport-1.jpg
上の写真と何が違うんだ?とか思わないでちょっと聞いてください。
こちらはフードコートなどがあるエリアの窓ぎわから見た滑走路です。
まぁ、たいした違いはありませんが。
どちらにしろ、よく見えるということです。
201606HongKongInternationalAirport-3.jpg
それにしてもこのキャセイパシフィック率の高さ!
飛んでくる飛行機の5機のうち4機がキャセイパシフィック機!
といっても過言ではありません。
201606HongKongInternationalAirport-7.jpg
ジャンボがいました。
というか、やっぱりキャセイか!笑
201606HongKongInternationalAirport-4.jpg
UPSのカーゴです。
逆噴射でボフーッってなってるのも見れます。
この空港、最高か!
201606HongKongInternationalAirport.jpg
フライトレーダー24で飛行機が飛んでくるのをチェックしながら待ちます。
というか、後ろにずーっと着陸機が並んでいるので切り上げ時に悩みます。
あと1機、あと1機・・・と見ているうちにすぐに搭乗時間になりました。
201606HongKongInternationalAirport-6.jpg
フライトレーダーでチェックした飛行機が次々に着陸。
というか、着陸ばっかり見てたけど離陸は???
着陸してくる飛行機を見るのが楽し過ぎて、うっかり離陸のことを忘れていました。
香港国際空港、トランジットだけでもいいからぜひまた行きたいです。

セブンイレブンが驚くべき狭さの香港。[ How narrow!!! 7-Eleven in Hong Kong is fuckin' small!!! ]


日本のセブンイレブンの話が出たところで、香港のセブンイレブンもひとつ。
とにもかくにもなんでこんなんなった?と思わずにはいられないほどの、
密集っぷりを極める香港ですが、もちろんコンビニも狭小です。
「狭いコンビニなんて都心にもあるよ」って言いたくなりますが、
わたしの中の「狭いコンビニ基準」をあっさり覆すアメイジングな狭さです。
201606_7-Eleven_HongKong-2.jpg
店舗の外に商品が並んでいるだけに留まらず、冷蔵庫が完全に道路に面しています。
しかもセルフレジ的なものがあるんですよ。
201606_7-Eleven_HongKong-3.jpg
冷蔵庫から飲み物を選んだおにーちゃんがセルフレジ的なものを使っていました。
店舗側からにゅーっと手が出てきているんですが、おつりかしら?
201606_7-Eleven_HongKong-4.jpg
続いて工事中でも元気に営業中のセブンイレブンです。
もともとが奥行き3mくらいしかなさそうな狭い店舗ですが、
そのほとんどに白いシートをかけて工事をしています。
ゆえに三角の部分でのみ営業しています。
201606_7-Eleven_HongKong-5.jpg
店舗内の小さな冷蔵庫とカサと新聞くらいしか買えない模様ですが、
なかなかの繁盛っぷりです。スゴイです。
そもそも香港の人々は「狭さ」に対して心が広いといいますか、
狭さに寛容なんでしょうね。
201606_7-Eleven_HongKong-6.jpg
小さいものがゴチャゴチャしているイメージの香港ですが、
新しいショッピングモールはやたらデカくて広いし、
高層住宅の中にポツーンと建ってるお寺などはオアシスのようです。
201606_7-Eleven_HongKong-7.jpg
毎朝、打ち水(もしくは洗浄しているのかも)をするのでひんやり気持ちいい公園。
香港のコンビニはせまかったー、ほんとうに狭かったー!

とうもろこしの旬が一年中のタイからやってきた真空パックとうもろこし。[ SWEET CORN came from Thailand. ]


スーパーマーケットの缶詰コーナーの一番下の段の見つけにくそうな場所に、
とうもろこし1本まるごとを真空パックにした商品がありました。
20160825corn-2.jpg
なにもこんなとうもろこしの旬な時期に・・・と思いながら、
買ってみずにはいられなかった真空パックとうもろこし。
なんと1本108円。
20160825corn-3.jpg
パッケージを見てみたらタイ産でした。
昨日に引き続きタイ産です。
ゆでとうもろこしはタイの屋台の定番です。
ポイントは「ゆであがった状態で売っている」というところ。
日本のように生とうもろこしを買ってきてゆでるのではなく、すでにゆであがっています。
しかも、とうもろこしの旬は「オールシーズン」だそうです。
20160825corn-4.jpg
レンジでチンした「自然な甘さそのままスイートコーン」です。
しかも「自然のカタチそのままスイートコーン」です。
20160825corn-5.jpg
コロンコロンと実を外して食べられます。粒も大きめです。
しかし、ちょいと面倒です、茹で上げとうもろこしを食べるのと同じように。
加工品だったら缶詰で良かったんじゃないかという思いがぬぐえません。
20160825corn-7.jpg
ちなみに、とうもろこしのコーンはCORNと書きます。
アイスクリームのコーンはCONEと書きます。
20160825corn-8.jpg
アイスクリームのコーンはとうもろこしの粉からできてて、
コーンって言うのかと思っていましたが円錐形のことだそうです。
原材料はとうもろこし粉ではなく小麦粉製のものがほとんどです。
20160825corn-6.jpg
セブンイレブンにアメイジングな商品がありました。
コーンがコーンに入ってる!
いや、コーンというよりはテトラパックなんだけど・・・。
この焼きとうもろこし、しょっぱくて美味かったですよ。