水替え水曜日!毎週水替えをすると藻が生えないというのを検証中です。[ Snake head in Fish Tank. How to keep clean tank nothing algae. ]


スネークヘッドの話です。
マルリウスのマルちゃんです。(名前にひねりがないというツッコミは受け付けません)
201607SnakeHead_20160707-4.jpg
そして手前の水槽に居るのがイザベラのイーさんです。(同文)
水槽越しにお見合いをすると互いの目が猫の目のようになります。
201607SnakeHead_20160707-3.jpg
そして、この写真を撮ったのが7月7日。
まさかこのイーさんの写真が生前の最後の姿になろうとは・・・
201607SnakeHead_20150205-1.jpg
おおざっぱに西暦別にフォルダに投げ入れただけの私が撮った膨大な写真の中から、
イーさんの子供の頃の写真を探すのは、なかなか大変でした。201607SnakeHead_20150205-2.jpg
2015年2月5日のイーさんです。
もっと小さい煮干しサイズのイーさんの写真を見たかったけれど、
どこを探してもこれ以上小さい頃の写真がみあたりません。
子供の頃は木の影に隠れてばかりのイーさんだったので、
わたしはイーさんがそんなに好きではなかったのかもしれません。
201607SnakeHead_20150213.jpg
2015年2月13日のイーさんです。
そういえば川魚みたいな薄い色をしていました。
そもそも、スネークヘッドって川魚だね。
201607SnakeHead_20150402.jpg
2015年4月2日のイーさんです。
ヒレの透明度が高くまだまだ子供っぽいです。
201607SnakeHead_20160707-2.jpg
最近は水替えをしているとプロホースの周りを回ったり、
小犬のようになつっこく、かわいくてかわいくて仕方のなかったイーさんでしたが、
アクリルのフタがあったにもかかわらず飛び出し事故によ7月11日、天に召されました。
201607SnakeHead_20160707-1.jpg
水槽越しだったとはいえ、お見合いする相手が居なくなってしまったマルちゃんは、
なんだか少し寂しそうです。
毎週水替えをすると藻が生えないらしいので「替え曜日」と言って、
これで6週連続水替えをしています。
水と木は遠目で見たら似ているからという理由で、水曜に水替えできなかった時は、
「目を細めたら木は水に見えるから水替え木曜日」というのもアリです。
イーさんをかわいがっていた分までマルちゃんをかわいがってあげたい気持ちは
やまやまですが、いかんせんマルちゃんがなつっこくないのがさみしいです。
スポンサーサイト

花嫁さんもコーヒーを買いに来ちゃうくらいレトロな内装がステキな香港のスターバックス・ダデルストリート店。[ Starbucks at Duddell Street is a quaint caffe. ]


香港のセントラル(中環)ってところは坂の多いところです。
外気温が30℃を超えて、なおかつ坂が多いとなれば、
必然的に休憩の回数も増えるのであります。
あ、ちょうどいいところにスターバックスが。
201606Starbucks_HongKong-2.jpg
レトロな内装が人気のスターバックス・ダデルストリート店です。
日本にもコンセプトショップなるスタバがありますが、
その手のスターバックス香港バージョンです。
201606Starbucks_HongKong-11.jpg
とりあえず席を見つけてから注文に行かないと休む場所がない・・・
混雑具合は日本のスタバといっしょですね。
201606Starbucks_HongKong-6.jpg
焼き目の付いていない香港式エッグタルトやパイナップルパンもあります。
香港のスターバックスでどうしても飲んでみたいものがありました。
201606Starbucks_HongKong-3.jpg
日本のスターバックスには無いほうじ茶ラテです。
ほうじ茶そのものも好きだし、ほうじ茶ソフトクリームも好きです、だったら!
うまいに違いないでしょほうじ茶ラテ!
ぜひ日本のスターバックスでも提供してほしいとおもうほど旨かったです。
201606Starbucks_HongKong-7.jpg
香港スターバックス限定くまのぬいぐるみ。
日本では発売と同時に売り切れるサニーボトルも香港では瞬殺になる様子も無く、
いろんな香港限定グッズが陳列されていました。
201606Starbucks_HongKong-5.jpg
レシートに記載された時間から30分間、スターバックスWi-Fiを利用することができます。
ためしにフリーWifiを利用してみたら、
まぁ・・・使えないことはないかな・・・というくらいの速度でした。
201606Starbucks_HongKong-9.jpg
ビーズ玉がじゃらんじゃらん付いたカーテンの向こうにトイレがあります。
「暑い国はアホかってほどクーラーを効かせてて逆に寒い」
という例にもれず香港のスタバもキンキンに冷えています。
ト、トイレ、かしてください。
201606Starbucks_HongKong-12.jpg
スターバックス・ダデルストリート店のトイレには鍵がかかっています。
レジ横にトイレの鍵が置いてあるので、
そこで鍵を借りて使い終わったら返すというしくみです。
201606Starbucks_HongKong-10.jpg
雰囲気のあるレトロなスターバックスだからってウェディングドレスで来るの?!
花嫁さんが列に並んでコーヒーを注文してるっていう不思議な光景に出会いました。
こちらがその花嫁さんご一行様です。
201606Starbucks_HongKong-8.jpg
店内でも結婚写真のひとコマを・・・。
チューはしていません。
お互いに見つめ合っているステキな写真を撮っていることです。
201606Starbucks_HongKong-4.jpg
中環(ジョンワン)で歩き疲れたら都爹利街(ダデルストリート)のスタバで休憩だ!
キンキンにヒエッヒエなのでカーディガンをお忘れなく。

香港の洗衣店に洗濯を依頼してみた。[ The Laundry service in Hong Kong. ]


洗濯しなくていいくらいの着替えを持っていけばすむだけの話ですが、
荷物を増やすくらいなら現地で洗濯することをいとわないワタシです。
201606HongKong_Laundry-4.jpg
香港には日本でよくあるコインランドリーというのは少なくて、
「朝出して夕方仕上がり」的なクリーニング店でお洗濯をしてもらいます。
そうです、Tシャツもキャミソールもパンツもクリーニング店にお願いするのです。
201606HongKong_Laundry-2.jpg
1lbsは約450gです。
7lbs(約3kg)までHK$35(約500円)です。
201606HongKong_Laundry-3.jpg
基本の洗濯代金HK$35と柔軟剤仕上げ(加柔順剤+$3ってやつです)でHK$38です。
夕方6時にはできあがってるよって言われました。
お店の前で写真を撮っている間にもひっきりなしに、
お客さんが洗濯物を持ってやってきます。
201606HongKong_Laundry-5.jpg
夕方6時をすぎたのであわてて洗濯屋さんに取りにいきました。
毎日、洗濯屋さんの前を通っていたので8時前には店じまいすることを知っていました。
忘れず取りにいかないと着るものが無いばかりか、
回収し忘れて帰国という事態になりかねません。
201606HongKong_Laundry-6.jpg
洗濯物はふかふかに乾燥しててほんのり柔軟剤のいいにおいがします。
現地で洗濯をすませておけば帰国後の片付けだって減って一石二鳥です。
そもそも、洗濯しなければ帰国するときにきる服が無いという・・・。
201606HongKong_Laundry-7.jpg
どーしても他人にパンツやブラを洗ってもらうのは嫌だ・・・って人は、
コインランドリー付きのホテルに泊まるか、
もしくはとっておきの場所にあるコインランドリーを利用することになります。
201606HongKong_Laundry-8.jpg
重慶大厦の1階にコインランドリーがあります。
ひとなつっこいインド人を華麗にかわしつつ洗濯をするという特殊技術が必要です。
201606HongKong_Laundry-9.jpg
洗濯が1回HK$20で乾燥機が30分間HK$30です。
以上、香港洗濯事情でした。

関連記事
西門(台北)のコインランドリー
スクンビット(バンコク)のコインランドリー
カンナーヤオ(バンコク)のコインランドリー