2016全日本モトクロス選手権・第2戦埼玉大会・おなじみのクールなHRCブース編

2016041617AllJapanMotocrossRd2-1.jpg
春と言えば全日本モトクロス選手権のオフビレ大会です。
ものすごく寒いか、ものすごく暑いかの二択でおなじみの第2戦目です。
毎年、かっこいいと噂でもちきりのHRCのパドック見学からいってみましょー!
2016041617AllJapanMotocrossRd2-2.jpg
なにこのスッキリ感・・・
そうでした、そうでした、ことしのHRCは2台でした・・・
ガラーンとしているせいか真ん中のゴミ箱が目立っちゃってあいたたたたた・・・
ですが、
去年に引き続き白を基調とした工具箱の側面に貼ってあるやつとか、
作業テーブルの横っちょのパネルとか、
ライダーの名前とメカニックの名前が入ってるトコとか、
芸が細かくて「やっぱりHRCのパドックっていいよね」と思います。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-3.jpg
作業テーブルの中が見えないこちら側から撮影するのが正解だったようです。
世界中が成田選手が乗ってる新型CRFに釘付けです。
というか今年のHRCのウジャウジャ模様率の高さはパンパ無いですね。
ダカールを皮切りにMXGP、全日本MX、motoGP、ぜんぶウジャウジャ模様。
(きっとこのデザイン作ってもらうの高かったんだろうな・・・使わにゃソン的な・・・)
2016041617AllJapanMotocrossRd2-4.jpg
羨望のまなざしの中、大活躍の成田選手とCRF450R(新型)です。
わたし的にはタンクをシュラウドが覆っているという点を高く評価します。
2016041617AllJapanMotocrossRd2-5.jpg
明日も全日本モトクロス選手権の会場からお届けします。
つづく。

消えろ肝斑!タイで手に入れたトランサミンカプセルで美白を試みる。


パタヤのサーキットでボランティアをしていた時にトイレの鏡を見て驚愕したのです。
ほっぺたにヒルがはりついたみたいなシミができていたのです。
しかし、日本に帰ってくるとヒルのようなシミは薄くなっていって、
そのうちわたしの記憶からも薄れていったのですが、、、
なんだか最近また濃くなってきたわね!ってことでトランシーノです。
たぶんこのヒルのようなシミは肝斑であると思われます。
201604TranexamicAcid-2.jpg
トランシーノは1日4タブレット、トラネキサム酸を750mgづつ摂り続け、
8週間をワンクールとして肝斑の治療をする薬です。
結論から言いますね、これは効果のある薬です。
しかし、なかなか買うのが大変でした。
201604TranexamicAcid-3.jpg
近くのマツキヨには薬剤師さんが駐在していて1類の薬を買うことができました。
なぜマツキヨでなければいけないのかはマイレージプログラムの、ごにょごにょ・・・
とにかくマイル貯まるんでガツンと8週間分買ったわけです。
トランシーノ2は240錠(8週間分)で6300円(税別)です。
201604TranexamicAcid-4.jpg
というわけでタイランド。
トランシーノ2とはずいぶんイメージが違う黄色いパッケージですが、
第一三共が作っていると言う点では同じなのです。
トラネキサム酸の含有量が1カプセル250mg、それが100カプセル入っています。
1日に1〜2カプセルを3回飲みます。
201604TranexamicAcid-5.jpg
1カプセル3回(トラネキサム酸750mg)で約30日。
気になるお値段は400バーツ弱(約1200円)です。
安い・・・トラネキサム酸の量だけで考えたら価格は約1/3です。
というのもトランシーノ2にはトラネキサム酸以外にLシステインやアスコルビン酸が
入っているので、それだけ飲んでいれば肝斑以外のシミにもちゃんと効くのです。
一方トランサミンカプセルはトラネキサム酸だけが入っています。
201604TranexamicAcid-6.jpg
ちょっとギョッとするような色合いです。
とにもかくにも、トランシーノ2が終わったらこっちを使ってみます。
Lシステインとアスコルビン酸は大量に薬箱に入っているので問題なしです。
別々に摂取することを思うと価格うんぬんよりも、
トランシーノ2が優れている気がしてなりません。

ボスがモタードをはじめたので桶川スポーツランドにもマッドフィッシュデザインズの看板を設置してまいりました。


事務所の入口を封鎖する巨大なサカナの看板です。
2014年の秋にオフビレに看板をリニューアルしに行った時ぶりの自社看板です。
オフビレで猫に弁当たべられちゃった事件はこちら。
20160401OKSPO-12.jpg
さぁ、今回はドコに看板を設置に行くのでしょうか。
怖い橋を渡って行くあのサーキットです。
20160401OKSPO-8.jpg
桶川猫で有名な桶川スポーツランドです。
あれ?桶川スポーツランドで有名な桶川猫です、だっけ。
20160401OKSPO-1.jpg
では、作業開始です。
ゲートオープンの8時から走行開始の9時までの間が勝負です。
いそげ!いそげ!
20160401OKSPO-5.jpg
おおまかに設置したところでタイムアップです。
次の作業開始は12時半から1時半までのお昼休みの時です。
桜の花が満開近しという頃合いだったので、花の下で休憩します。
20160401OKSPO-2.jpg
全日本ラヂオフライヤー選手権。
午後の作業開始!
ビスやらドリルやらを詰め込んで作業に向かいます。
20160401OKSPO-9.jpg
看板をビスで打ち付けたあとに、ビスの上にシールを貼るのです。
遠くから見ればビスなんて見えないんだけど、
美しい看板のためには細かいところまでこだわって作ります。
しかしですよ・・・
20160401OKSPO-10.jpg
こんなにネズミ色の種類が必要だったか?!
笑。
とにもかくにもマッドフィッシュデザインズはこだわります。
20160401OKSPO-7.jpg
巨大マグロとれた!
看板できあがった!
20160401OKSPO-3.jpg
近くで見るとデカいのですが、ひきで見てみるとこんな感じです。
いいですねー!
20160401OKSPO-4.jpg
やっほー!
注意:土手から飛び降りるのは危険です。足にビーンとくるだけでなく腰も痛めます。
桶川スポーツランドに走行に行った際にはマッドフィッシュ看板も見てくださいね!