日韓ハニーバター味のスナック菓子。[ We love HONEY and BUTTER taste! ]


なんでも韓国のハニーバターチップスが流行ってるとか小耳に挟んだけども、
韓国のハニー味のスナックみたいなものを手に入れたぞ、
これだろ、きっと!
201602HoneyButter_chips-6.jpg
おうちにかえって検索してみたらぜんぜん違っていました。
話題のハニーバターチップスはわたしが買ったようなコミカルなパッケージではなく、
カルディにでも売っていそうなナチュラルなイメージの袋でした・・・。
201602HoneyButter_chips-2.jpg
しかもこれはチップスじゃなかった!笑
韓国のヘテ製菓のハニーバターチップスを食べたことが無いので、
それとくらべて味がどーのこーのとは言えませんが、これはこれでうまいです。
はちみつ感ただよう美味しいスナック菓子です。
ちなみに商品名は「オー!カムジャ」です。
カムジャはジャガイモのことです。
201602HoneyButter_chips-3.jpg
日本には日本のはちみつバターのチップスがあるぞ、ということで、
堅あげポテト・はちみつバター味です。
ヘテ製菓のハニーバターチップスが手に入りにくい日本では、
カルビーポテトチップス「しあわせバター」を、、、ってことでしたが、
時すでに遅く、しあわせバター味は生産を終了していました。
で、しあわせバター味に続くのがこちらの堅あげポテトなんだそうです。
201602HoneyButter_chips-4.jpg
これはうまい!
というか、「オー!カムジャ」と同じ系統の味です。
つまりはハニーバター味って、こーゆー味のことなんだな。
201602HoneyButter_chips-5.jpg
堅あげポテトのザクザクした食感はたまりません。
なかなか出くわすことの無いはちみつバター味ですが見つけたら即買いで!

食べられない美味しそうなチョコレートとケーキとパン!チーム・アズスイーツの羊毛スイーツ展を見てきました。[ Team A's sweets! Exhibition 2016 at Art In Gallery, Omotesando. ]


羊毛フェルトの作品展の案内をいただきました。
案内をいただいたからには見に行かないわけにはいきません。
というより、見たい!見たい!行こう!行こう!
2016team_As_sweets_exhibition-13.jpg
表参道のアート・イン・ギャラリーという場所です。
これは・・・
新しい洋菓子屋さんができたとしか思えない!
気になって外から様子を見ている人も多数いらっしゃいます。
2016team_As_sweets_exhibition-4.jpg
羊毛フェルトでできてるチョコレート。
まるでベルギーのチョコレート専門店に来たみたいです。
(ベルギーに行ったことは無いけど・・・妄想なッ。)
2016team_As_sweets_exhibition-2.jpg
ラズベリーの味がくちいっぱいにひろがりそうなマカロン。
アズスイーツの作品展は撮影OKです。
ブログにもFacebookにもなんにでも掲載しちゃっていいそうです。
作品をたくさんの人に見てもらいましょう!
2016team_As_sweets_exhibition-1.jpg
作品のテーマは「チョコレート」と「ウェディング」だそうです。
こちらはウェディングのコーナーです。
2016team_As_sweets_exhibition-10.jpg
アートギャラリーの中にただよっている甘いキャンドルの香りと、
おいしそうなケーキやチョコ・・・おなかがグーグー鳴りますよ。
2016team_As_sweets_exhibition-5.jpg
アートインギャラリーでの展示を見逃してしまった人は、
4月28、29、30日にビッグサイトで開催されるホビーショーで見れますよ〜。
2016team_As_sweets_exhibition-3.jpg
巨大なチロルチョコ。
すごい重量感です。
2016team_As_sweets_exhibition-7.jpg
パンやケーキやアイスクリームは生徒さんの卒業作品だそうです。
羊毛フェルトの教室は川口で開催しているそうです。
2016team_As_sweets_exhibition-6.jpg
とりあえず「食べよう!」ってなるでしょ、このパン。
2016team_As_sweets_exhibition-8.jpg
とりあえず「食べよう!」ってなるでしょ、このパイ。
2016team_As_sweets_exhibition-11.jpg
飲み物もちゃんと用意されていました、笑。
2016team_As_sweets_exhibition-12.jpg
見応え充分のステキな作品展でした。
わたしの先輩から作品展に出展しているわたしの同僚へお花が届いてました。
あぁ、大人ってこーゆーことなんだな、と・・・。
201602craft_bird.jpg
今年の冬に買って付けていた羊毛フェルトでできた小鳥のブローチ。
だれにもなにも言われないし、自分でも付けたのを忘れていましたが、
さすが羊毛フェルトの作品展です、会場で「自分で作ったの?」と
3人からきかれました・・・ところかわれば・・・というヤツですね。
すみません、、、チチカカで買いました・・・
2016team_As_sweets_exhibition-9.jpg
関連リンク
A's sweets!福田りお羊毛菓子研究会

いきなりステーキっていう変な名前のステーキ屋さんだけど肉はうまかったというレポート。[ How mach would you want to eat stake? ]

  • Day:2016.02.23 02:23
  • Cat:・肉

フードコートでステーキってどーなんやろ?
きょうは朝9時に起きて都内へ行き、
途中スターバックスでトールサイズのフラペチーノを飲んだきりで、
気がつけば夜8時を過ぎようとしていました。
あぁ、肉、あぁ、はらへった、おや、肉に行列が・・・
うっかり順番待ちの列の5人目くらいに位置取り肉の匂いの思うがままです。
201602Ikinari_Steak_Koshigaya-3.jpg
なんでタマネギ敷いたか!
大きさ比較するものが無いけれども200gといえばずいぶんデカいです。
なんと「いきなりステーキ」では注文の最低重量が200gです。
ちなみに「いきなりステーキ」が勧める重量は300g以上だそうです。
肉は100g程度が限界だと今まで生きてきた人生で学んだのに200g喰えとは此れ如何に!
201602Ikinari_Steak_Koshigaya-4.jpg
さっそくタマネギをはじっこによせて、ヒレステーキを切り分けてみる。
とても柔らかく美味しいのですが、それも100gまでな!
いずれにせよフードコートで1食2000円を超えるメニューを食べたのは初めてです。
フードコートですよ、フードコート。
201602Ikinari_Steak_Koshigaya-2.jpg
肉、くいてぇ!という欲を満たすには充分すぎる「いきなりステーキ」ですが、
なにぶん量が多すぎるのでゴハンもサラダも注文できなかった敗北感。
こんなんじゃ次の台湾旅行もまた小籠包1セイロで撃沈です。
アップルで課金して胃のストレージも増やせればいいのに!と思う今日この頃です。