コウモリマークの福砂屋のカステラをお歳暮に贈る。[ The Customs of Japan, We gonna give someone very close to some gifts in end of year. "OSEIBO" ]


Oh!Say!Bow!
というわけで「お歳暮」を買いに行きました。
お年賀やお歳暮やお誕生日を重視するわけではありませんが、
贈り物をするという行為は好きです。
20151219Fukusaya_Kashiwa-2.jpg
いまのところわたしのなかでは日本一うまいカステラ。
福砂屋のカステラ。
長崎から通販するしかあるまいか?と思っていたら、
わりと近所に出店しててラッキーでした。
20151219Fukusaya_Kashiwa-3.jpg
うちのボスがまだ食べたことが無いと言いまして、
いやいや、このカステラだけは食べておかないと、
むしろ、食べずして他のカステラを語ることは、このわたくしが許しません。
20151219Fukusaya_Kashiwa-4.jpg
包装紙の後ろを留めてるシールがキュート。
20151219Fukusaya_Kashiwa-5.jpg
包装紙の上下を留めてるシールもキュート。
というか、包装紙や紙袋もキュート。
20151219Fukusaya_Kashiwa-6.jpg
自分用にはフクサヤキューブを買ってきました。
1本まるまるのカステラを買ってもよかったのですが、
まるごとその日のうちに食べきる自信があるので自粛です、体重的な意味で・・・。
20151219Fukusaya_Kashiwa-7.jpg
フクサヤキューブはペリペリペリっと開けるタイプのパッケージです。
パッケージなんてどうせ捨てるもの・・・と思っていないところに好感が持てます。
20151219Fukusaya_Kashiwa-8.jpg
ちっこいフォークにもコウモリのマーク。
20151219Fukusaya_Kashiwa-9.jpg
大好きです、福砂屋のカステラ。
福砂屋オフィシャルサイト:http://www.fukusaya.co.jp/index.html

松戸で食べる韓国家庭料理の店、みょんどん。[ I was in the mood for Korean dishes yesterday night. Let's go "Myeongdong" at Matsuda,Chiba. ]


突然の韓国家庭料理モードです。
韓国料理と言えば、
サムギョプサルとチヂミくらいしか食べに行ったことはないし、
キャンプしながら超テキトーな感じで作ったダッチオーブン参鶏湯とか・・・
よし、ここはプロの韓国家庭料理をいただきに参りましょう!
20151218Myeongdong_Matsudo-1.jpg
松戸の明洞(みょんどん)にやってきました。
なんだか黒こげの板が登場。
わくわくしますね。
20151218Myeongdong_Matsudo-2.jpg
黒こげの板の上に、サムギョプサル用の鉄板がのっけられました。
このタイプの鉄板は初めて見ます。
矢印のところに何かが注がれました。
これはなんですか?ときいたら、
「茶碗蒸しみたいに固まったら食べて」とのことです。へぇ〜。
20151218Myeongdong_Matsudo-3.jpg
豚のバラ肉がどどーんとのせられました。
以前、他のお店で自分で焼こうとしてトングを取り上げられたことがあったので、
今回もじっと待っていたらお店の人が焼いてくれました・・・が、
「僕の店ではお客さんが自分で焼きます」ですって、笑。
失礼しました・・・焼いてくれてありがとう!切ってくれてありがとう。
20151218Myeongdong_Matsudo-4.jpg
ジューシーに焼き上がっています。
鉄板のふちに注がれた卵液も固まってきました。
葉っぱにくるんでいただきます。
20151218Myeongdong_Matsudo-5.jpg
プロの参鶏湯!
高麗人参やら巨大ナツメがゴロンと入っています。
「チャングムの誓い」を見て覚えた「サムゲタン」という料理。
20151218Myeongdong_Matsudo-6.jpg
ここはひとつ、
韓国な雰囲気を醸し出す柄の長いスプーンでいただきましょう。
王様がこーゆーので食べてました(ドラマの中でね)
20151218Myeongdong_Matsudo-7.jpg
にわとりの肉がやわらかぁ〜く炊けていてうまい!
餅米もとろけててうまい。
20151218Myeongdong_Matsudo-9.jpg
〆のチジミです。
どんだけ喰うんだ!とか言わないの、そこ。
ところがですよ、大誤算です、海鮮チヂミにタマネギが入ってました。
うかつでした、チヂミといえばニラだと思い込んでいました。
チヂミの生地もタレも旨いのに、タマネギ入ってて食べれないという不運。
今度行ったらオムニにタマネギ抜いてもらうことにします。
韓国語が飛び交う異国情緒たっぷりの韓国家庭料理屋さんでした。
20151218Myeongdong_Matsudo-10.jpg
韓国家庭料理・みょんどん / 明洞 / 명동
TEL:047-362-5054
千葉県松戸市本町25-7 山本ビル1階
お店専用の駐車場はありませんが、近所にコインパーキンが山ほどあります。

ソトで食べようマシュマロのおやつスモア。[ We eat s'more under the blue sky! You definitely say "some more!" when you eat it. ]

r.F.m catering service [ラビットフットモンスター出張ゴハン] Vol.13
** 本日のメニュー:せっかく外で遊んでるのでソトおやつを楽しむスモア

一将祭で一日中ソトで遊んでいるので、
たまには「ソトおやつ」にしましょうか。
ソトで食べるおやつの代表s'more(スモア)を作りましょう。
20151213smore-1.jpg
材料は、巨大なマシュマロ板チョコビスケットです。
正式にはグラハムクラッカーでサンドするんだそうですが、
きっとマリーの方がおいしいに違いないのでマリーにします。
20151213smore-2.jpg
まずはビスケットの上に板チョコを置いてスタンバイ。
こうやっておけば、マシュマロがトロケてきた時にあわてることなく、
ビスケットに挟むことができます。
20151213smore-3.jpg
マシュマロを焼きます。
焚き火で焼くときには、もっともっと柄のながーい道具を使いますが、
今日はアウトドアバーナーで焼くのでワリバシをとんがらせたヤツでOKです。
20151213smore-4.jpg
火に近づけすぎるとすぐに焦げます。
焦げるどころか、火だるまになるので用心して焼きましょう。
20151213smore-5.jpg
マシュマロがとろけたら、ビスケットで挟み込んでワリバシを抜きます。
と、簡単に書きましたがマシュマロがねちゃ〜っとくっついてくるので、
なかなかワリバシが抜けません。
20151213smore-6.jpg
はい、スモアのできあがり!
どうですか、このマシュマロのとろけっぷり。
20151213smore-9.jpg
あま〜くふわふわなマシュマロと、板チョコとビスケットのザクザク感。
た、ま、り、ま、せ、ん!!!
20151213smore-10.jpg
食べれば食べるほどにマシュマロがでろーんと飛び出して、
お行儀が悪いことこのうえない見た目になりますが、それはそれ。
これはソトおやつですから、みんなで手も口のまわりもベタベタにして
おいしいスモアを食べようじゃないですか。
20151213smore-7.jpg
食べ終わる頃にはきっと「some more!!!」って言うに違いありません。
だって、罪なほどおいしいんですから。
何が罪かは・・・カロリーとか虫歯とか手のべたべたとか?
そんなのどうだっていいや、「ママ、スモアー!」
おしまい。
・・・・・・・・・
追記、やっぱりヤバイほどに食べてばっかりだった一将祭、、、
このあと〆にトンカツを食べて解散したとかナイショですよ。