新大久保の新しいネパール居酒屋「ソルマリ」に行ってきた。[ Nepal resutaurant "SOLMAR" at Shinjyuku. SOLMARI means BAR as Nepali. ]


新大久保駅と大久保駅のちょうどあいだくらいの、
どっちかっていうと住宅街ぽいところに、
突如としてネパールの国旗がはためいています。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-2.jpg
今年の4月にできたばっかりのネパール居酒屋「ソルマリ」で、
ネパールモモを食べましょう!
ソルマリの1階部分にある「焼肉うしさん」も非常に気になります。
ネーミングにそそられます。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-12.jpg
ソルマリへ続く階段をのぼっていくと、まず入りにくそうなドアがあります。
クオリティ・フーズ&スパイス・センターです。
外国食材屋さんです。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-11.jpg
食材屋さんの右奥にあるのがソルマリです。
スライド式のドアの向こうはネパールです。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-4.jpg
ネパールですね。
いや、ネパールなのか?
あしげくネパールレストランやネパールフェスに通っていますが、
実はネパールには行ったことがありません。
ネパール好きの友達がいっぱい居るので、
自分もうっかりネパール行った気でいましたが、行ったことなかったわ。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-3.jpg
テーブル席の他に、お座敷が2区画あります。
お座敷ブースの壁紙はネパールで印刷して持って来たものだそうです。
で、ソルマリってなんて意味かきいてみたら、
「酒場」だそうです。berって言ってたので・・・酒場でいいよね?
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-13.jpg
ランチタイムだったのでランチメニューを渡されました。
トゥクパ、食べてみたい!
トゥクパは「ネパール風五目煮込み麵」とか「ネパール風カレーうどん」
と呼ばれている食べ物です。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-14.jpg
パーティープラン的なものもあります。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-15.jpg
通常のモモとスープモモの他に、
チリモモ、フライドモモ、ベジタブルモモとモモだけでも5種類あります。
では、モモ、いってみよー!
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-6.jpg
お初です。
フライドモモです。
カリッと揚っているからってガブッといくと、
あっつあつのモモ汁が出てきてヤケドします(ヤケドしました。)
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-7.jpg
チリモモもお初です。
モモに甘辛いチリソースがからまってておいしいです。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-8.jpg
そして定番のモモとスープモモです。
モモのタレですが、
今まで通っていた新大久保のネパール居酒屋モモのタレより酸っぱめです。
甘みとニンニクが控えめでスパイスの味がより際立っています。
スープモモのスープはナッツの香ばしさが効いてて最高です。
このあと、スープモモをもう一皿追加注文しました。
計30個のモモをたいらげました(3人でね。)
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-5.jpg
マトンも食べておかねば。
スクティ・サデコ600円なり。
マトンジャーキーの炒め物です。
ビールがすすむ!といって友達がネパールアイス4本も飲んでたよ。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-16.jpg
ちびっこが食べられる辛くないメニューもあります。
というか「辛くしないで」と注文すると辛くしないで作ってもらえます。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-9.jpg
ネパールやきそば「チャウミン」は辛くないです。
いや、ほんのり辛いんだけど、大丈夫!たぶん!
焼そばちゅーもんは、たいがいドコの国のでもうまいのです。
20151115SOLMARI_Nepal_restaurant-10.jpg
メニューに「ネパールティー」っていうのがあったので、
ネパールティーって何?ってきいたらチャイでした。
牛乳とお砂糖が入った甘いタイプのチャイです。
ごちそうさまでした。

セクワ&モモコーナー ネパール居酒屋ソルマリ
東京都新宿区百人町2-20-23 2F
TEL:03-6279-2792
営業時間 11:00AM - 11:00PM
スポンサーサイト

アメ横センターの地下食品街がブラボーな件。[ This foods market really hits the spot to cook as Thai cuisine. ]


アメ横に多国籍食品街があるらしい!
スパイス屋さんがあるのは知っていたが、多国籍だと?!
行かねば!
20151115Ueno_Ameyoko-2.jpg
地下食品街!
アメ横で地下に行くという発想は無かったな。
すでに異国っぽい雰囲気をかもしているではないですか。
20151115Ueno_Ameyoko-3.jpg
いきなりのゴチャゴチャ感、ステキです。
狭い通路にお客さんと店員さんが入り交じってて、
ザ・ウエノ・アメヨコ!です。
20151115Ueno_Ameyoko-4.jpg
地上でもおなじみの大袋スパイスがココ、地下にもあります。
やっぱスパイスは上野だな、安い!
20151115Ueno_Ameyoko-6.jpg
おぉ!これはหอมแดง!!!
カオソーイに欠かせないホムデン発見です。
というかタマネギ苦手なわたしは、もれなく欠かすのですが。
タイ料理には欠かせない(とされている)食材です。
20151115Ueno_Ameyoko-5.jpg
あぁ!มะเขือเปราะもあるじゃないか!!!
これはグリーンカレーに欠かすことのできないマクワプロです。
ま、たいがいにして手に入らないので欠かすことの方が多いですが、
できれば欠かしたくない食材です。
タイ食材を手に入れたい時はココにくれば良いのだな。
パクチーの束も200円で売っていました。
最高です。
ちなみにスズみたいな形の野菜は「はやと瓜」です。
わたしの好物ですが、ヨーカドーやイオンではなかなか見かけません。
こないだ行ってきた八千代のブラジル”モンテヤマザキ”にはあったよ。
20151115Ueno_Ameyoko-7.jpg
そんな最高の地下食品街があるのはココ。
「アメ横」と「上中」の看板の真ん中に建ってるアメ横センターです。
地下食品街は文字通りアメ横センターの地下にあります。

八千代に行ったらカフェふくろうへ。行ってみたらちょうど新聞に載った日でした。[ My favorite cafe, Cafe FUKUROU picked up in newspaper. ]


おひさしぶりのカフェふくろうです。
転勤してきた仲間が八千代に住むというので、ぜひカフェふくろうへ!
なんて話をしていたら、自分が行きたくなったので来ちゃいました。
20151112Cafe_FUKUROU_Yachiyo-2.jpg
本日のコーヒー、コスタリカ。
ドリップコーヒーってこんなにうまかったのか、と改めて実感します。
コーヒーの味を語れるほどコーヒー通ではありませんが、
マスターの淹れるコーヒーはほんとうに好きです。
20151112Cafe_FUKUROU_Yachiyo-6.jpg
なにやらカウンターに同じ新聞が積みあがっているな・・・・
と思ったら、11月12日の朝日新聞にカフェふくろうが載ったんだとか。
近所の新聞屋さんが「はい、プレゼント!」って大量の新聞を置いてったそうです。
20151112Cafe_FUKUROU_Yachiyo-7.jpg
新聞に載ったことをきっかけにして訪れたお客さんがたくさん来ていました。
記念に新聞をもらっていたので、わたしももらってきました。
マスターの顔は隠しておくので、
実際にカフェふくろうに行って会ってくださいね。
20151112Cafe_FUKUROU_Yachiyo-3.jpg
久しぶりにマスターとお話して盛り上がりすぎてノドが乾いたので、
ミックスフルーツシェイクもいただきます。
20151112Cafe_FUKUROU_Yachiyo-4.jpg
カフェふくろうはコーヒーはもちろんのこと、
コーヒー以外の飲み物もおいしいので、ぜひ飲んでみてください。
20151112Cafe_FUKUROU_Yachiyo-5.jpg
妊婦さんにおみやげにすると喜ばれるカフェインレスのドリップパックもあるよ。
ちなみに日本でおなじみの「ドリップパック型」のコーヒーは、
なんと日本にしかないのだとか!(もはや輸出されているかもですが)
ヨーロッパに行く友達が「コレ持っていくとみんな喜ぶんだよね」って言ってました。
成田から外国へ行く人も、
ちょいと京成八千代駅で降りてカフェふくろうに寄ってコーヒー飲んで、
ドリップパックをおみやげに買っていってください。

営業時間、定休日などはここでチェック!
自家焙煎珈琲 Cafe ふくろう Facebook

関連記事
八千代 自家焙煎珈琲カフェふくろう
カフェふくろうの駐車場情報