柏市のかわいい雑貨屋さんみたいなカフェ「TAKIKO'S SWEETS」を再訪してみたよ。ケーキのデコレーションがパワーアップしてておいしかったよ。[ If you have time in Kasiwa, I recommend you "kill time at here" in Takiko's Sweets. ]


おひしぶりのお友達と集うときに、
いかに素敵な場所を知っているかどうか。
201501Takikos_sweets-12.jpg
わたしにまかせておきなさい、
柏と言えば TAKIKO'S SWEETS です。
201501Takikos_sweets-1.jpg
店内がオモチャ箱のように可愛いカフェ。
201501Takikos_sweets-3.jpg
ケーキのお値段プラス200円で飲み物とのセットにできます。
今日のケーキはなにかしら?
201501Takikos_sweets-5.jpg
ドリンクが大きい!
真冬なのに、わたしがせかして歩かせたので、
全員冷たい飲み物を注文するという事態になりました。
201501Takikos_sweets-6.jpg
大人のクリームブリュレ、500円なり。
パリッとした表面ととろとろの中身がうまくて、うまくて!
201501Takikos_sweets-8.jpg
オレオチーズケーキ、520円なり。
オレオ感たっぷりの濃厚なチーズケーキです。
201501Takikos_sweets-9.jpg
ストロベリーチーズケーキ、520円なり。
苺のチーズケーキって初めて食べたけど、これはすごいよ、
めっちゃ苺です。全く伝わらないコメントですが、ぜひ食べてみて!
201501Takikos_sweets-4.jpg
ケーキは右手の冷蔵ケースの中に入っているので、
じっくり見てから選ぶことができますよ。
201501Takikos_sweets-7.jpg
注文を受けた後に、生クリームやフルーツをデコレートして、
テーブルまで運んできてもらえます。
201501Takikos_sweets-10.jpg
夜8時まで営業しているので、柏での待ち合わせに最高なのです。
しかも駅からまっすぐ歩くだけという簡単な道順。
タキコさんのケーキ、本当においしいです♥
201501Takikos_sweets-11.jpg
Takiko's Sweets [ タキコ ズ スイーツ ]
お店の場所・営業時間はこちらをご覧ください。
スポンサーサイト

ラザーニャが最高に美味しいなんばのタヴェルナ・アズーラへ再び訪れてみました。[ Taverna Azzura , again. It's my favorite italian restaurant in Osaka. ]


もはや大阪に行ったらハズせない場所になってしまったここ。
タヴェルナ・アズーラです。
201412Taverna_Azzurra_Shinsaibasi-2.jpg
手打ラザーニャ・エミリアーナのことが忘れられません。
どうしても食べたいので、
ホテルからわっしわっし1キロ歩いてやってきました。
201412Taverna_Azzurra_Shinsaibasi-3.jpg
平日の閉店2時間前のため、お客さんはわたし以外に3人。
無事、お店に入ることができました。
(タヴェルナ・アズーラは、すごく狭いのです。)
201412Taverna_Azzurra_Shinsaibasi-4.jpg
待ってましたラザーニァ・エミリアーナ、1000円です。
もう、なにかしらね、この旨い食べ物は!
201412Taverna_Azzurra_Shinsaibasi-5.jpg
東京で食べようと思うと、前菜から始まってコースで5000円とか払うようだわね。
要らないの、前菜とか面倒くさいスープとかサラダとかとか。
いきなり核心のラザーニャが食べられるという満足感。
ちなみに、ワインもそんなに飲めないので、
心の底から、この店の存在は嬉しいのです。
201412Taverna_Azzurra_Shinsaibasi-6.jpg
テイクアウトもできます。
大阪に行くには「タヴェルナ・アズーラがある」というだけで
充分にしてあまりある理由になるのです。

関連記事
Taverna Azzura [ タヴェルナ・アズーラ ]の店舗情報はこちら

大阪で蒸さない炭焼き関西風うなぎを食べられる「炭焼きうなぎの魚伊」に行きました。[ Do you know what is different between Eastern style and Western one of cooking "UNAGI" in Japan? ]


というわけで、とりわけ用事も無いの大阪に来ちゃったわけです。
ジェットスター★に乗ってみようという好奇心で。
だったら、春に寝坊して行き損ねたあの店に行ってみよう。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-2.jpg
「うなぎの魚伊」です。
関西風のうなぎは、蒸さないで炭火で焼くそうな。
それ、食べたいです。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-3.jpg
すっごい並んでるから!
と言われたので11時45分にお店に到着しました。
平日なのでセーフです。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-4.jpg
カウンターの奥が厨房です。
うなぎを焼いている様子がうかがえます。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-6.jpg
うな重・うざくセットをいただきましょう。
うざくって何?
2015UOI_Osaka_Ougicyo-5.jpg
一味、山椒、醤油、タレ、爪楊枝。
うなぎの焼上がりを待っている間に店内は満員御礼になりました。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-7.jpg
わぁステキです。
うざくセット・鰻2/5尾バージョン、2350円。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-8.jpg
うなぎの酢の物なんて、はじめていただきました。
これを「うざく」というのですね。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-10.jpg
肝のお吸い物。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-9.jpg
パリッとやきあがった鰻のうまいことったら!
もう、大満足です。
欲ばって特上とかにしなくてよかった・・・食べきれないとこでした。
2015UOI_Osaka_Ougicyo-12.jpg
お弁当も売ってますよ。
大阪に行ったら「魚伊」だね、間違いない!
2015UOI_Osaka_Ougicyo-11.jpg
炭焼きうなぎの魚伊 天五店
大阪市北区天神橋5丁目5番5号
TEL:06-6882-3547
website:http://www.sumiyaki-unagi.com/