タイ国際航空のA330-300で飛ぶバンコクからチェンマイの空の旅。[ The Flight of BKK - CNX by Thai Airways International AIRBUS A330-300. ]


わたしは直行便しか使ったことの無い腰抜けです。
今回、チェンマイに行くにあたり、
人生で初めてトランジットしました。
2014Thai_Aieways_A330-300-1.jpg
成田を出発してタイのスワンナプーム国際空港で乗り換えです。
トランジット専用のイミグレーションに向かうと、
こんなシールをもらいました。
2014Thai_Aieways_A330-300-3.jpg
そしてスワンナプーム空港発チェンマイ空港着の、
タイ国際航空A330-300に乗り込みます。
2014Thai_Aieways_A330-300-4.jpg
ナニコレ!
国内便なのにパーソナルモニターついてるよ。
しかも座席と座席の空間がタイ国際航空のB787-8よりも広い。
1時間の快適フライト、おやすみなぁ〜い・・・と思ってたら、
2014Thai_Aieways_A330-300-5.jpg
でた。
ランチボックス型の機内食、出た。
え?たった1時間のフライトだよ???
2014Thai_Aieways_A330-300-6.jpg
しかも、クロワッサンサンドイッチとパイの2種。
付属のフルーツジュースの他に、
飲み物サービスが何度となく来ます。
なんちゅう忙しい1時間フライトだろうか・・・
2014Thai_Aieways_A330-300-7.jpg
チェンマイ空港に到着したら、国内移動だけの人は向かって左側へ。
さっきの楕円シールをもらったトランジットの人達は右側へ。
預けた荷物が出てくるテーブルが違うようです。
さらには、トランジットだと国際線到着口に排出されます。
お友達が待ってる国内線到着口まで延々と歩きました。
なるほどね、そーゆうしくみなのだね。
2014Thai_Aieways_A330-300-9.jpg
再びタイ国際航空のA330-300で、
チェンマイからバンコクに戻ってみましょう。
おや?今日の機材にはパーソナルモニターがついていないね。
2014Thai_Aieways_A330-300-8.jpg
そんな時は機内誌サワッディーを読みましょうかね。
サワッディーを読んでウトウトしていると・・・
2014Thai_Aieways_A330-300-11.jpg
また、でた。
なぜ1時間のフライトにランチボックス付けるんだコノヤロ。
2014Thai_Aieways_A330-300-12.jpg
でも、お昼の便はクロワッサンサンドイッチだけの軽めスタイルです。
あいかわらず、忙しく珈琲やお茶をサーブしにまわるCAさん達。
2014Thai_Aieways_A330-300-10.jpg
たくさんあるLCCとの差別化の為なのかな?
日本じゃ1時間や2時間のフライトじゃキャンディーも出てこないよ。笑
2014Thai_Aieways_A330-300-13.jpg
上空からスワンナプーム国際空港が見えました。
チェンマイからの空の旅もグランドフィナーレです。
2014Thai_Aieways_A330-300-14.jpg
タイ国際航空のスワンナプーム空港ーチェンマイ空港便は、
たった1時間のフライトなのに機内食が出る!
というアメイジングでした。

土曜日にチェンマイに居るラッキーな人はウアライ通りで開催されるサタデーマーケットに行こう![ Chiangmai Saturday Market on the Wua Lai street. ]


土曜日の夕方にチェンマイにいた人はラッキーです。
土曜日の夜にだけ開催されるサタデーマーケットに出かけよう!
レッツゴー!
2014Chiangmai_Saturday_Market-5.jpg
賑わってるねー!
チェンマイには土曜日の夜だけのサタデーマーケット、
日曜の夜だけのサンデーマーケット、
毎晩開催しているチェンマイナイトマーケットがあります。
2014Chiangmai_Saturday_Market-2.jpg
では、食べ歩きスタート!
まずは何なのか分からないフルーツのジュースを飲みます。
甘くっておいしかったよ!
2014Chiangmai_Saturday_Market-3.jpg
黒くて平たいライスケーキと書かれたものを食べてみます。
丸いものをパチンパチンとハサミで切って、器に入れてくれます。
2014Chiangmai_Saturday_Market-4.jpg
ゴマの味がするもっちもちの食べ物でした。
おいしかったけど、奥歯にねっちょりとこびりつきました。
2014Chiangmai_Saturday_Market-6.jpg
定番のフルーツ屋さんもありますよ〜。
2014Chiangmai_Saturday_Market-7.jpg
とにかくルクチン(ミートボール)が大好きなタイのお友達。
揚げルクチンが特に好きらしく、すかさず購入。
スパイシーなタレを付けて食べるルクチンはうまい!
2014Chiangmai_Saturday_Market-8.jpg
アイスクリーム屋さん、発見!
2014Chiangmai_Saturday_Market-9.jpg
ココナッツミルクのアイスクリームください!
オーダーするとおかあちゃんが作ってくれます。
2014Chiangmai_Saturday_Market-10.jpg
ポタポタ垂れないようにこんな風に。
でも、うまく食べれなくて最終的には見るも無惨な姿に崩壊しました。
2014Chiangmai_Saturday_Market-12.jpg
もはやタイ名物の青空すし屋台。
冷蔵とか細かいことは気にしてはいけません。
一個5〜10バーツで絶賛販売中です。
2014Chiangmai_Saturday_Market-13.jpg
カノムクロックの屋台をみつけました!
大人気で焼き上がるのを待つ行列ができています。
2014Chiangmai_Saturday_Market-14.jpg
カノムクロック5セットで10バーツでした。
とってもおいしかった!
2014Chiangmai_Saturday_Market-15.jpg
7時頃にサタデーマーケットについた頃はまだ空いていたんだけど、
9時を過ぎる頃には歩くのも困難なほどの混雑っぷりに。
2014Chiangmai_Saturday_Market-16.jpg
帰り道でヤクルトのおばちゃんに出会いました。
ヤクルトくださいーい!
2014Chiangmai_Saturday_Market-17.jpg
タイのヤクルトは日本のよりも甘いよ。
ヤクルトで〆て食べ歩きサタデーマーケットは終了です。
2014Chiangmai_Saturday_Market-11.jpg
サタデーマーケットは素敵な牛の神様が祀ってあるウアライ通りで開催されます。
Wua Lai street です!

タイでtrue move Hの電波をキャッチしてSIMアンロック(SIMフリー)のiPhone6を快適に使う。[ We can use SIM unlock iPhone6 by using true move H in Thailand. ]


さっそくタイでも快適にiPhone6を使えるように、
SIMカードを買いに出かけましょう。
昨日、チェンマイのセブンイレブンに行ったらNanoSIMは無いから
正規キャリアに行った方がいいよって言われたのでtrueに来たよ。
2014TRUE_MOVE_H-10.jpg
わたしが事前チェックした限りでは、バンコクでもチェンマイでも、
4G (LTE) が使えるハズなのです。
trueの4G LTE Service Areaはこちらでチェックできます。
※2014年11月現在のリンクです。リンク切れしたらごめんなさい。
2014TRUE_MOVE_H-1.jpg
ところがですよ!
「プリペイドプランでは3Gしか使えない」って言われたんです・・・。
そうなの?
4Gプランはポストペイ(月契約)しかないってホント?
2014TRUE_MOVE_H-12.jpg
これ、プリペイドの4Gじゃないのかな?
http://truemoveh.truecorp.co.th/4g/sim-truemoveh/prepaid/all
trueのスタッフに無いって言われればそれに従うしかない・・・
だってタイ語分からないから・・・泣。
2014TRUE_MOVE_H-2.jpg
好きな番号を選んでって言われて選ぼうと思ったら、
値段が2種類ありました。
パッケージにこの丸いマークが2個ついてる電話番号はちょっと高価です。
ラッキーナンバーやゾロ目のスペシャルナンバーです。
2014TRUE_MOVE_H-3.jpg
電話番号を選ぶと、なんと、trueのスタッフが、
SIMカード切ってる!
た、タイにはNanoSIMって無いのかしら・・・汗。
2014TRUE_MOVE_H-4.jpg
ここは日本で言うところの、
ドコモやauのような正規キャリアなんですけど。
SIMカード切って使うアメイジング。
2014TRUE_MOVE_H-8.jpg
順調に3G掴んでおります。
チェンマイのダウンタウンからずいぶん北に行っても、
快適な3Gのtrue move Hです。
2014TRUE_MOVE_H-11.jpg
49バーツのSIMカードを買って、
1ヶ月500MBのデータ通信と100分の通話がセットになって、
さらにtrueWi-Fiが使い放題で299バーツのプランに加入します。
Wi-FiのIDは電話番号、パスワードはSMSで送られきた4桁の数字です。
2014TRUE_MOVE_H-7.jpg
ショッピングモールやカフェや駅や空港など、たいがいの場所で、
正規キャリアのフリーWi-Fiをキャッチすることができるので、
データ通信は10日間で500MBもあれば充分です。
2014TRUE_MOVE_H-9.jpg
帰国前にフライトモードにする前にチェックしてみたら、
10日間の滞在で322MB使ってました。
ほとんどのホテルにフリーWi-Fiがあるので、500MBで間に合いますね。

true move Hのwebサイトはこちらです。
http://truemoveh.truecorp.co.th/
プリペイドの4Gプランがあるように見えて仕方が無いんだけど・・・↓
http://truemoveh.truecorp.co.th/4g/sim-truemoveh/prepaid/all

今回はSIMカード代金49バーツと
データ通信500MB、通話100分、フリーWi-Fi使い放題のプラン299バーツ、
そこに7%の消費税を入れて370バーツでした。
厳密には372バーツなんじゃなかろうかと思うんだけど370バーツでした。

関連記事
世界中でSIMアンロック(SIMフリー)のiPhoneを使う方法。
SIMアンロックのiPhoneを上海で自由に使う方法。
タイで iPhone に true move H のSIMカードを入れて使う。
ラオスで Beeline のSIMカードを使ってみた。