オークリーのフロッグスキンくださいッ![ THE SUN IS THE ENEMY by OAKLEY. I love "FROGSKINS" a lot! ]


「太陽は、敵だ!」
というビックリキャッチなキャンペーン中のオークリーです。
新しいサングラスを買いました。
オークリー、フロッグスキンの赤。
はっちゃけっぷりは最高です。
オークリーがはっちゃけてなくて、どーするんですか!と。
20140614OAKLEY-Frogskins-2.jpg
紫外線100%カット。
「いまどき、紫外線をカットしないサングラスなんてあるの?」
とか思った人は、出直してきなさい。
安モノに代表的な表面にUVカット剤を塗布しただけのレンズや、
表面にUVカットフィルムを貼付けただけのレンズ。
これらの粗悪品は製造から右肩下がりで機能が低下します。
レンズを拭く行為による塗布剤のふきとりや、フィルムの剥がれ。
そもそも製造時に均一にUV加工が施されていないものさえあります。
濃色レンズのサングラスをかけることで、瞳孔は光を取り入れようと開きます。
開いた瞳孔に粗悪レンズを透過し紫外線が直撃です。
目から入った紫外線は、顏の皮膚の老化を促進します。
めっちゃ怖いな。
標高が100mあがるごとに紫外線は1%づつ増加します。
1%とあなどると痛い目みますよ。
わたしの愛する3000m級の北アルプスでは海抜0mのなんと30倍。
危機です、危険です。
とくに多形日光疹(日光アレルギー)持ちのわたしには大問題です。
目を守って!
とりあえずここ読んでオークリー教に入団出家してください。
20140614OAKLEY-Frogskins-3.jpg
あとね、何が良いって、天気が悪く見えないところがいい。
サングラスによっちゃ、晴天の空なのに、
「あれ?天気くずれてきちゃった?」
ってくらいにドンヨリした空に見えることがあります。
登山してる時に、正確な空の色が把握できないことは危険です。
いや、登山に限らず。
アメリカのオークリーに比べてオークリージャパンの取扱品目は少なく、
なかなか吟味の余地もないんだけども、顏が平らな日本人には、
やっぱりアジアンフィットが良いですね。
OAKLEY JAPAN WEB http://jp.oakley.com/
スポンサーサイト

きつねうどん発祥の店で食べる甘いアゲのきつねうどん。[ Osaka is the birthplace of Kitsune-Udon. The meaning of "Kitsune" is FOX. FOX is very fond of fried tofu in Japanese fairy tale. Kitsune-Udon is Udon with fried tofu. ]


きつねうどん発祥のお店と言われる場所で、きつねうどんを食べたい!
うさみ亭マツバヤにやってきました。
20140524Matsubaya-Udon-3.jpg
ぜったいに温かいきつねうどんを食べるんだ!
と思って来たけれど、外は25度を超える夏日で・・・
完全に「冷きつねうどん」に心が揺らいでいます。
20140524Matsubaya-Udon-2.jpg
メニューを見てさらに悩む。
きつねうどんは決定事項ですが、にするかにするかが問題です。
20140524Matsubaya-Udon-5.jpg
結局、外の暑さに負けて冷きつねうどん650円に落ち着きました。
おあげが甘い。
でも、冷やしは汁が濃い色で想い描いた関西風ではない。
20140524Matsubaya-Udon-4.jpg
やっぱり王道は温かい方のきつねうどん580円。
これぞ透き通った関西のだし汁です。
この後、喉が渇いて後悔したって構わないので、汁を飲み干してしまおう。
20140524Matsubaya-Udon-6.jpg
「店の名前が入ってるメニューが一番うまいに違いない!」
と、わたしの友達がオーダーした冷まつばうどん650円。
細麺でした。
ちなみに、関西に住んでいる人に聞くところによりますと、
「きつねうどん発祥の店」や「元祖きつねうどん」は多数あるそうです(汗)
とにもかくにも、うまかったです。

店舗情報「大阪うどん処 うさみ亭マツバヤ」
大阪府大阪市中央区南船場3-8-1
TEL:06-6251-3339
営業時間 11:00AM - 7:00PM 日曜・祝日休み

20140524Matsubaya-Udon-7.jpg
梅田駅で見た「阪急そば」の看板の写真が、
どこからどう見ても「きつねうどん」だった件。

我孫子で食べる中華料理。

20140610Hóng-lóng-gé-8
こんばんわ。
真夜中の中華料理です。
20140610Hóng-lóng-gé-12
印西のボルダリングジムの店長さんが「うまい」と言ってたので、
紅龍閣に来てみました。
イケメンが「うまい」と言えば、うまいに違いないのです。
20140610Hóng-lóng-gé-9
夜でもセットメニューがあります。
というか、
「外国人が日本でレストランを営む時にやたらとメニューが増えて分かりにくくなる現象」
が紅龍閣でも起きています。
20140610Hóng-lóng-gé-10
とりあえず初めて来たので、
紅龍閣飲茶Aセット1000円(税別)を注文しました。
20140610Hóng-lóng-gé-6
すでにシュウマイが小皿の中。失礼・・・。
写真がボケボケ。失礼・・・。
20140610Hóng-lóng-gé-7
おかゆ、上海の朝ゴハンを思い出させてくれるようなトロトロ感。
おいしゅうございました。
20140610Hóng-lóng-gé-5
蒸し物も、まぁまぁどれも美味しかったですよ。
もち米の揚げ餃子が一番うまかったけど。
20140610Hóng-lóng-gé-3
中華と言えばクラゲ。
20140610Hóng-lóng-gé-4
鶏肉の黒胡椒炒め。
20140610Hóng-lóng-gé-11
わたしの好物、ゴマ湯だんごもあります。
20140610Hóng-lóng-gé-1
なかなか広い。
テーブルにジャスミンティーをポットごと置いてくれるのが嬉しい。
20140610Hóng-lóng-gé-2
中華料理「紅龍閣」布佐店
千葉県我孫子市布佐2602-1
TEL:04-7189-3321
営業時間 11:00AM - 10:00PM 年中無休
中国っぽく「红龙阁」ホン・ロン・グゥーって呼びましょうかね。