スワンナプーム国際空港に売ってるレトルトのトムヤムクンを食べてみた。[ Everuone like TOM YAM GOONG! It's so delicious even if it's retort pack. ]


タイのお友達が買ってきてくれたトムヤムクン。
どうやらスワンナプーム国際空港で買ったらしく180バーツ也。
なぜ、空港で!?割高やん???と思わずにはいられません。
201405TomYamGoong-3.jpg
パッケージを開けてみると、乾燥エビが別包でした。
どうやって食べるのよ?
201405TomYamGoong-2.jpg
あきらかに、このパッケージごとレンジでチンしてるイラストですが。
鍋に入れて煮ているイラストも激しすぎるんですが・・・。
201405TomYamGoong-4.jpg
とりあえずフタをはがしてみたら、
空気による酸化を防ぐためかギューギューに入ってて、こぼした。
むしろ、こぼさないことが不可能であると思われる。
なので皿に移してレンジでチンすることにします。
201405TomYamGoong-5.jpg
せっかくタイからやってきたトムヤムクンだから!と思ってタイ米を炊きました。
間違えました。
タイ米ではなくて、タイのもち米を炊いてしまいました。
マ、マイペンラーイ・・・。
おみやげのトムヤムクンはフクロタケがいっぱい入っててうまかったよ!
サミー、ありがとうね!

1800mm水槽を水が入ったまま移動させる方法。[ How to move a big fish tank without draining. ]


模様替えをしています。
1800mmの水槽を水槽台ごと、まとめて移動します。
推定700kgの水槽をどうやって動かすのでしょうか?
プロの手を借りずして、どうやって動かすのでありましょうか?
20140531MoveingFishTakn-2.jpg
まず、ジャッキであげます。
ちょこっとだけ。
「本棚くらい外そうよ」ですって?
うん、この後、重みで勝手に外れましたよ。
20140531MoveingFishTakn-3.jpg
そして、この紙を入れます。
3Mの糊の裏紙です。
20140531MoveingFishTakn-4.jpg
こいつがいい働きをするのです。
なぜだか、スベスベと滑っていくんですよ。
20140531MoveingFishTakn-5.jpg
もちろん、ギューギューと押すんですけど。
1枚目の写真と比べると、ずいぶん前進してきているのが分かりますでしょ。
20140531MoveingFishTakn-6.jpg
ホコリのある位置から、こんなにも動いていきました。
1800mmもの水槽が倒壊したら、そりゃもうエライこっちゃな事態ですが、
無事に移動を完了しました。
今日のキーワードは「3Mの糊の裏紙」です。

カフェふくろうのリキッドアイスコーヒーのデリバリーが開始しました![ Coming of iced coffee season at Japan. ]


おひさしぶりです。
八千代の自家焙煎珈琲カフェふくろうです。
そうです、あの季節がやって参りました。
20140604CafeFukurou-2.jpg
今年もリキッドアイスコーヒーのデリバリーが開始しました。
さっそく箱買いするべく、カフェふくろうへ!
20140604CafeFukurou-1.jpg
春もそこそこに、いきなりやってきた夏のような暑さを珈琲でクールダウン。
アイスカフェオレの向こう側に、山盛りが美しいカフェモカが。
20140604CafeFukurou-4.jpg
水出しアイスコーヒー、550円なり。
ガムシロップもミルクも入れなくても、甘みが強くてコーヒーゼリーのよう。
毎日飲みたい!!!好きだ!
20140604CafeFukurou-5.jpg
抹茶シフォンケーキ(2人前)
カフェふくろうの抹茶シフォンは初めて食べました。
茶が濃くてうまかったです。
そういえば、抹茶ラテが本物のお抹茶よりも濃くて最高に旨かったことを、
今、たった今思い出しました!
八千代がもっと近かったら・・・と思わずにはいられませんが、
カフェJOMAのマンゴークランブルが食べたいからラオスに行くという、
わたしの旅のスタンスを考えれば、八千代なんて2歩ですよ、2歩。
20140604CafeFukurou-6.jpg
珈琲シフォンケーキ、350円。
消費税が8%になりましたが、お値段据え置きのままでした。
コーヒーも、フードメニューも、アイスリキッドも。
そして、マスターも元気でした!
ごちそうさまでした。

関連記事
自家焙煎珈琲カフェふくろうの店舗情報