スイートバジルの育て方。[ How to grow Sweet Basil. ]


スイートバジルがすくすくと育っています。
アパートのカギを受け取る時に、
「くれぐれも植物の鉢植えをベランダに置かないでください」
という注意を4回も受けたんですよ、4回も!
そのことについて憤慨していたら、
「ベランダで野菜を栽培しそうな顏してるもん」と。
なんだと?
そんなことをすっかり忘れてホーマックの苗売場で我にかえりました。
いや、もうナチュラルに苗を選んでいました。
4回も繰り返して注意されたのに。
あの不動産屋、やるなぁ、と感心しました。
なので、デザイン事務所の軒先でバジルを栽培中です。
鉢は増やさないという約束のもと・・・。
20140607SWEET-BASIL-2.jpg
色が濃くて上質ですよ。
もう刈り取ったのか!とか言わないの。
20140607SWEET-BASIL-3.jpg
ある程度大きく育ってきたら、真ん中の茎を刈り取って、
両サイドから生えてきているワキ芽を育ててやるのです。
これを何度か繰り返して、バジル全体を横方向に太らせるのです。
スイートバジル家庭菜園はもう5年目ですからねッ!
20140607SWEET-BASIL-4.jpg
刈り取ったバジルはさっそく食べましょう。
牛刀でチョップして、
20140607SWEET-BASIL-5.jpg
炒めたズッキーニに絡める。
塩、コショー、ガーリックのパウダーをぶっかけて。
このままでも充分うまいが、緑色の麺を見つけました。
20140607SWEET-BASIL-6.jpg
小豆島特産・手延・オリーブ素麺!
オリーブはめちゃくちゃバジルに合いそうじゃないか。
20140607SWEET-BASIL-7.jpg
オリーブ素麺をゆでて、スパゲッティみたいにして食べよう。
名案、名案、そうしよう!
20140607SWEET-BASIL-8.jpg
オリオサントをたっぷりかけていただきます。
これは!!!
可もなく、不可も無く・・・予想以上の味にもならず、通常どうりの旨さでした。
うまいはうまいが、新天地を見つけた旨さではありませんでした。
今年の夏はスイートバジルが豊作の予感です。
さ、何を作ろうか、楽しみですね。

朝ゴハンは百害あって一利無し。[ Breakfast does much harm but no good. ]


「朝ゴハンを食べません!」と言うと、95%の人がダメだという。

何を根拠にそう言っているのかをたずねてみても、明確な答えは返ってこない。
つまりは、
よく分からんけど腹減ってるから食う。
そんな程度のことなんだろうと思います。

朝ゴハンを食べなくていい科学的な理由は挙げきれないほどにたくさんあります。
わたしが書いてもしょうがないので、この本を買って読んでみてください。
20140607Harapeko-2.jpg
朝ゴハン食べないで、夜ゴハンは何を食べてもいいの。
焼肉でもラーメンでもケーキでも、好きなもの食べるよ。

なんてことを言うと、ダイエットをしている人から罵倒されます。
なぜなら、

ダイエットの基本は、めざめの朝ゴハンからはじまり、
夜ゴハンは食べないで一日が終わるからです。

ダイエットは辛くあるべき。
やたらにおいしい炭水化物は極力摂らないで、
野菜やコンニャクを食べて、ひもじい思いをするべきである。
誰かが楽そうなダイエットをしていることや、
継続可能な楽そうなダイエットを実践している事実を、
認めることはできない。
ダイエットは辛くあるべきなのだ。
そうしないと、自分一人が辛い思いをするのなんて、
絶対に嫌だ。
だから、楽そうなダイエットはとりあえず否定しておかなければ!
というダイエットに関する心理が働く。

嫌です、そんなダイエット。

ダイエットなんてものは、宗教のようなものです。
自分が信じたことを実践すればいいだけの話で、
誰かのダイエットが間違っていようが、どうでもいいのです。

わたしの教典が「すきっ腹ウォーキング」だったというだけのことです。

とても理にかなっているから、もう7年もこの方法を実践しています。
特に、登山やモトクロスをやっていたわたしにとっては、
この本、書いた人、天才!と思うほどにハマりました。

さ、朝ゴハン推進ダイエット論者はかかってきなさい。
というか、一生辛いダイエットをしていなさい。

ユーハイムの切りたてバウムクーヘンを食べてみた。[ we can eat Baumkuchen made by German recipe at "juchheim" in Japan. ]


どうしても食べてみたいバウムクーヘンがありました。
バウムクーヘンという食べ物は、たいがいにして旨いのですけれども。
20140607JUCHHEIM-SOGO-2.jpg
「ドイツで生まれ、ユーハイムが育てた本物バウムクーヘン」
それ、ください!
20140607JUCHHEIM-SOGO-3.jpg
しかも「切りたてバウムクーヘン」なのです。
切りたてですよ!
20140607JUCHHEIM-SOGO-1.jpg
オーダーすると、スタッフのおねーさんが切ってくれます。
白いの5切れ、茶色いの5切れ、ください。
20140607JUCHHEIM-SOGO-5.jpg
切りたてバウムクーヘン6枚、8枚、10枚、15枚、20枚・・・
つまりは量り売りなので、好きなだけ切ってもらえます。
20140607JUCHHEIM-SOGO-6.jpg
10切れ、買ってきました。
切りたてバウムクーヘンは、買った日を含めて3日以内に食べてくださいとのことです。
生もの?
20140607JUCHHEIM-SOGO-8.jpg
しっとりしてて、おいしかったですよ。
10切れなんてあっというまにペロッと食べちゃいます。
デカく1切れにしてください!というのもできるんですかね?
20140607JUCHHEIM-SOGO-4.jpg
JUCHHEIM ユーハイム そごう柏店
千葉県柏市柏 1-1-21
TEL:04-7162-7640

バームクーヘンかと思ってたら「バウムクーヘン」って書いてありました。
バウムクーヘンはドイツ語でBaumkuchenと書きます。
Baum [バウム] は木、Kuchen [クーヒェン] はケーキです。
ドイツ人を気取って、バウムクーヒェンって呼ぶことにするわ。