モトクロスバイクを100倍かっこよくする方法 RESPONSE produced by PURE TECH. [ Your Motocross bike become more cool as 100 times! ]

20140420PureTechResponse-2.jpg
#67のクールなKX85を知りませんか?
成田MXパークで見かけるって?
そうそう、多分、そのKXで間違いないです。
20140420PureTechResponse-1.jpg
ある日、レスポンスと書いたかっこいい段ボールが届きました。
中身はレスポンスチューニングされたフロントフォークとリアショックアブソーバー!
20140420PureTechResponse-3.jpg
サスペンションチューニングのニューウェーブです。
RESPONSE [ レスポンス ] http://www.suspension.jp/
20140420PureTechResponse-4.jpg
フロントフォークもレスポンス。
Way don't you tune your front shock absorbers by RESPONSE shock absorber tuning service?
20140420PureTechResponse-7.jpg
スイングアームもレスポンス。
いや、これはグラフィックデカールだけね。
何がかっこいいって、ロゴがかっこいい。
20140420PureTechResponse-8.jpg
サスペンションをリバルビングしたいな、と思ったらレスポンス。
リアサスのでっかいバネをパウダーコートして美しくしたいなと思ったらレスポンス。
とりあえずオーバーホールしたいなと思った時にもレスポンス。
サスペンションといえばRESPONSEです。
20140420PureTechResponse-9.jpg
やたらと通行く人々の視線を独り占めにするKX85。
存在感ありすぎるプロサのチャンバーが気になりますか?
20140420PureTechResponse-6.jpg
それともブルーにアルマイト加工された美しいラジエーターが気になりますか?
アルミのハブも美しいですね。
クールなKXの写真や、死にもだえるほど愛くるしい柴犬ロッシくん、
ピュアテックレーシングの神田橋芽ちゃんの活躍、そして・・・
晴れ日も、雨の日も、嵐の日でもモトクロスが大好きなペンギンレーシングの様子は
ピュアテック公式ブログ「ピュアログ」でご覧いただけます。

関連記事
モトクロスバイクを100倍かっこよくする方法 by Madfish Designs.
スポンサーサイト

埼玉にもあったメゾンカイザー!東京に行かなくてもクロワッサンオザマンドが買えます。[ We can buy croissant aux amandes in Saitama. There is MAYSONKAYSER at SOGO Oomiya. ]

20140416MAISONKYSER-12.jpg
クロワッサンオザマンドといえばメゾンカイザーですが、
なんと、東京まで買いに行かなくても埼玉で買うことができます。
メゾンカイザーそごう大宮店。
そごう大宮の地下1階へGO!
20140416MAISONKYSER-11.jpg
「いちごのクロワッサンオザマンド」がありました。
新商品だけど、きっと季節限定品だと思われます。
食べておかないと、後悔の涙で溺れ死んでしまいます。
20140416MAISONKYSER-1.jpg
メゾンカイサーのある午後。
ご満悦。
20140416MAISONKYSER-2.jpg
袋から出してみたものの、普通のクロワッサンオザマンドなのか、
いちごのクロワッサンオザマンドなのかが全く分かりません。
匂いを嗅いでみても、全く分かりません。
オザマンドが入った袋を4個全部開けてみたけど、どれがどれだか分かりません。
20140416MAISONKYSER-6.jpg
もしや、クロワッサンオザマンドばっかり4個買ったか?!!!!!
と思ってレシートを見てみたら・・・
あ、やっぱりいちごのザマンド、買ってるよね・・・
(後日談:粉糖が全体にふりかかってるのがクロワッサンオザマンドで、左右にだけかかってるのがいちごのザマンドでした。)
20140416MAISONKYSER-3.jpg
割ってみたら、いちごが入っていたのでコレが、いちごのザマンドです。
甘酸っぱい苺の果肉がさわやかで、ものすごく美味しかったです。
前回の「大人のクロワッサンオザマンド」に匹敵するすばらしいザマンドです。
20140416MAISONKYSER-5.jpg
もちろん、ふつうのクロワッサンもバター感たっぷりでうまいのです。
トースターでちょっと焼いてから食べると美味さ3倍です。
20140416MAISONKYSER-4.jpg
うまいものと、すきなものと、読みたいものに囲まれた幸せな時間。
ですが、この後、悲劇が起きました。
メゾンカイザーのクロワッサンとザマンドを我がお師匠に食べさせてあげたい、
という一心で半袖陽気の大宮から袋いっぱいのパンを抱えて、
デザインスタヂオまで帰ってきたのですが・・・
なんだか食べる暇が無く、明日にでも食べようかとメゾンカイザーの袋を
置いて行ったら、次の日の朝、お師匠が、
「おいしかった」って言うもんだから、ピーンときて
「何味でしたか?」とちょっと涙目でたずねてみたら、
「レモンの味がした」
レモンの味!
それは、わたしがまだ食べたことのないレモンパイですよ。
それは、いっこしか買わなかったレモンパイですよ。
それは、わたしがわたしのために買ったレモンパイですよ。
朝、マイナス196度に達するまで冷えきってしまったヤル気を上げるため、
自問自答しながら作業に取り組んだのは言うまでもありません。
というか、自分がいかに食べ物に気分を左右されているかを実感して
「くいしんぼう」の称号を与えてあげたい気持ちでイッパイでした。
完全に話が跳んでいますが、店舗情報です。
20140416MAISONKYSER-7.jpeg
MAISON KAYSER そごう大宮店
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-6-2 地下1F
MAISON KAYSER オフィシャルウェブ店舗情報
メゾンカイザーそごう大宮店はケーキ屋さんスタイルの対面販売店です。
水曜日の昼に訪れたのですが、メゾンカイザーとは思えないくらいにすいてて、
メゾンカイザーの混みっぷりを知ってる人にとっては穴場です。

関連記事
MAISON KAYSER 東京ミッドタウン店でクロワッサンオザマンドを買う。

ホワイト餃子三郷店で生冷凍餃子を買って焼いてみた。


長年、想いを寄せたホワイト餃子です。
営業時間が短くて、なかなか食べにいけないホワイト餃子です。
20140417WhiteGyoza-2.jpg
だから、冷凍生餃子を買って、自分で焼くことにしました。
30個、辣油有、865円のをください。
20140417WhiteGyoza-3.jpg
ホワイト餃子三郷店はランチはじめたそうです。
お昼の2時間!
通常営業は夕方5時から夜10時までです。
20140417WhiteGyoza-4.jpg
事務所に常設のフライパンでは30個の餃子を受入れることができまい!と、
本日のケータリングサービスはフライパンとフタを持参しています。
20140417WhiteGyoza-5.jpg
いよいよ、ホワイト餃子とご対面です。
どきどき。
20140417WhiteGyoza-6.jpg
おいなりさん型の餃子。
これぞ、まさにホワイト餃子。
20140417WhiteGyoza-7.jpg
ホワイト餃子の調理方法・焼餃子」の手順どおりに、
凍った餃子をひとつづつはずすところからはじめます。
20140417WhiteGyoza-8.jpg
隙間無くミッチリと餃子を並べます。
20140417WhiteGyoza-9.jpg
8分目まで熱湯を入れて、
20140417WhiteGyoza-10.jpg
フタをして強火で8分ほど加熱。
8分を待っている間に、包装紙をしげしげと読む。
20140417WhiteGyoza-11.jpg
さかさまですが、こう書いてあります。
「餃子のホワイト® とまぎらわしい名称で営業している店がありますが、
 当チェーン店とは関係ありません。」

わたし、個人的には右下のファイト餃子・・・
それ、めっちゃまぎらわしい名称ですやん!
と、思うのですが・・・。
20140417WhiteGyoza-13.jpg
お湯が蒸発したので、8分目までサラダオイルを投入します。
焼餃子というよりは、揚餃子かしら?
20140417WhiteGyoza-14.jpg
ホワイト餃子のお尻部分が、ブラウン餃子になりました。
これで、できあがりです。
20140417WhiteGyoza-15.jpg
大皿が無いことに気がつきました。
とりあえず、フライパンのフタの上に出してみました。
20140417WhiteGyoza-16.jpg
なんだかフタがいい感じなので、このままいただくことにしました。
人生初のホワイト餃子です。いただきまーす。
20140417WhiteGyoza-17.jpg
絶妙な焼け具合で非常においしゅうございました。
話によると、ホワイト餃子は白い部分が残らないほど餃子全体を
クリスピーに揚げる(焼く)んだとか。
いつかはホワイト餃子・野田本店で本物をいただいてみたいな。
結論、わたしは餃子を焼くのが上手!そして、ホワイト餃子はうまかった!