モトクロスバイクを100倍かっこよくする方法 by Madfish Designs. [ Your Motocross bike become more cool as 100 times! ]


ハロー!
・・・86だから・・・ハローって言ってみた。
むしろハム?
言ってみたかっただけです・・・
三郷のマッドフィッシュで絶対カッコイくなるアイテムを
見つけたので、さっそくご紹介しましょう。
20140307RimSticker-4.jpg
今日はMさまのYZがいらっしゃってます。
新しいアイテムを導入してカッコよさ倍増計画です。
20140307RimSticker-3.jpg
こちらが「新しいアイテム」のリムステッカーです。
ノーマルカラーのアルミリムにそのまま貼ってもかっこいいけど、
ブラックリムだとクールさ加減が4倍になることが判明。
20140307RimSticker-2.jpg
今年の日本のムーブメントは、
「モトクロッサーのホイールにリムステッカーを貼る」
で、間違いない。
だって、かっこいいんだもの。
20140307RimSticker-5.jpg
CR125とYZ125(144らしい)。
2ストロークが2台も。
ワクワクするね。
イカれたしたバイク用グラフィックデカール、
ならびにバイクホイール用のリムステッカーは、
三郷のマッドフィッシュデザインズにあります。
というか、つくってもらえます。

何種類ものチョコレイトを味わえる生チョコロール、みつけました。[ It's my favorite Mont Blanc aux marrons, and I found an awesomely chocolate cake! ]


また「和栗のモンブラン」が食べたくてたまらなかったのでエルドールです。
和栗と書いてあるからには和栗の季節にしか無いのでは?
という和栗モンブラン枯渇の不安を解消するため、
「和栗のモンブランは一年中食べられますか?期間限定ですか?」
とたずねておきました。
20140312AILEDOR-Umesato-6.jpg
和栗のモンブランは一年中食べられます。
これでモンブランに関する一年の幸せを手に入れたも同然です。
20140312AILEDOR-Umesato-4.jpg
今日は「生チョコロール」も買ってみました。
上に乗ってる3個の生チョコの生っぷりがヤバかったです。
中のチョコクリームの中にもチョコチップの層がありまして、
おくちのなかで様々なテクスチャーがくんずほぐれつになる幸せな味。
20140312AILEDOR-Umesato-7.jpg
チョコレイト欲を完全に満たしてくれましょうぞ。
うまいですぞ。
20140312AILEDOR-Umesato-5.jpg
150円(税別)のシュークリームも外せないですね。
ついで買い必死です。
どなたか、お誕生日の人、おりませんか?
わたしにホールケーキを買わせて下さい。祝わせて下さい。
つまりはエルドールでホールケーキを買ってみたいのです。
20140312AILEDOR-Umesato-3.jpg
店構えや商品POPは以前お伝えしたとおりの昭和系です。
お店の中も「きゃーかわいい!」という感じはまったくもって無いのですが、
ケーキの味はとても良いのです。
20140312AILEDOR-Umesato-1.jpg
フランス菓子工房エルドール梅郷駅前店の店舗情報は、
以前の記事を参考にして下さい。おしまい。

関連情報
フランス菓子工房 エルドール 梅郷駅前店 店舗情報

プリムスP-153は手芸にも使える万能アウトドアバーナーでした。[ It's a masterpeace "PRIMUS P-153 Ultra burner even when we enjoy craftwork time. ]


キャンドルをつくりました。
「石鹸とかキャンドルとかつくってそう」
「肉、食べなそう」
「オーガニックってつくもの、大好きそう」
なイメージだそうですが、
実際は、夕飯はピザポテトだし、ドクターペッパー大好きだし、
ソースと練乳は飲み物だと今の今まで思ってました。
だから期待に応えてナチュラル女子ぽいハンドクラフトをやってみます。
20140222TiptreeCandle-2.jpg
英国王室御用達チップトリージャムの瓶を使いましょう。
このジャム、大好きです。
牛乳パックを湯煎して溶かしたロウを・・・
と思ったけれど、紙パックでは熱伝導が悪すぎて溶ける気配がない。
なので、トマト缶で溶かしました。
20140222TiptreeCandle-3.jpg
どんどん溶けるので調子に乗ってキャンドルをくべます。
なぜ、こんなにかわいい花形のキャンドルをわざわざ溶かすのかと言うと、
このフローティングキャンドル、全く水に浮かないで、
沈んで鎮火するので、溶かしてまともなロウソクにしてやるんです。
20140222TiptreeCandle-4.jpg
チップトリーの瓶の中に流し入れると、いい感じです。
色合いも淡くてナチュラルぽくて合格です。
20140222TiptreeCandle-5.jpg
トマト缶の外側の紙パッケージを
剥がさないで使うのには意味があります。
20140222TiptreeCandle-6.jpg
湯煎にかけて溶かしたロウをジャム瓶に流し込む時に、
必要以上に熱くならないように紙を巻いたまま使います。
湯煎なので、実は剥がしてあっても持てないほど熱くならないんだけど。
20140222TiptreeCandle-7.jpg
はい、できました。
瓶のラベルのオシャレさが、溶かしていれただけのキャンドルをも
素敵に演出してくれています。ナイス。
熱源は不動の定番アウトドアバーナー・プリムスP-153です。
20140222PRIMUS-P153-2.jpg
確か2005年くらいに発売されたと記憶してますが、
2014年の今もわたしの中でPRIMUS-P153を超えるシングルバーナーは皆無です。
20140222PRIMUS-P153-1.jpg
シングルバーナーを選ぶ基準は人それぞれだと思いますが、
小さいのにバウルーホットサンドクッカーがのっかる」というのがわたしの基準です。
のっかります。最高です✧
で、
このキャンドル、一体どうしたらいいの?
ロウソクを灯して和む趣味は無かったです・・・。