北アルプスの初夏、薬師岳に登ってきました。【 薬師岳山荘でのおとまり編 】 [ My Summer Holidays in the great Mountain. We stayed at the Mt.Yakushi mountain cottage in the Chūbu-Sangaku National Park.]


2010年に新築リニューアルオープンした薬師岳山荘です。
こじんまりとしていて、きれいで、暖かかった薬師岳山荘をご紹介します。
201307Yakushi-26.jpg
まず、山荘についてチェックインしたら温かいお茶のおもてなしがありました。
この日の外気温は10度ほどだったので、冷えた体に嬉しいね。
201307Yakushi-29.jpg
談話室でほっと一息。
201307Yakushi-30.jpg
談話室でだらしなく岳を読む。
201307Yakushi-31.jpg
しまった!ここでは食べてはいけなかった!!!!
サッと食堂に移動して、今日の山行にカンパイ!
201307Yakushi-27.jpg
地図にスタンプを押しました。
まだ薬師岳ピークをとっていませんが「薬師岳山頂」というスタンプもペタッ!
201307Yakushi-28.jpg
明るくてきれいな山荘でしょ。
アルミサッシが二重になっていて、壁の断熱も高く、小屋の中が温かいんです。
201307Yakushi-32.jpg
「今、雲がはれてて薬師岳が見えるよ」と言われたので外へ。
ど、どれが山頂だか分からん!
一番向こうに見える一番高いところが山頂かな?
201307Yakushi-33.jpg
薬師岳山荘の夕飯メニューです。
おでん、茄子の味噌炒め、マカロニサラダ、トンカツ、冷奴、酢の物、
そして「やくし」と書いてあるオムレツ!
201307Yakushi-34.jpg
おがずタップリでおなかいっぱいになりました!
おいしかったー!
こんなに夕飯がガッツリあるのに、夕飯前にオーダーしてしまっていた「しらたまあんみつ」
201307Yakushi-35.jpg
夕飯後のデザートとして容赦なく出てきました。
すでにお腹ハチキレんばかりでしたが、山の上で食べるスイーツはまた格別です。
201307Yakushi-42.jpg
おとなりのグループは「ぜんざい」を食べていました。
山小屋のいろんなメニューも山登りの楽しみのひとつですよね。
201307Yakushi-40.jpg
おふとんが温かいと思ったら、京都西川の毛布でした。
そりゃもう温かすぎて夜中に布団を蹴り飛ばしていました。
薬師岳直下にはテン場がありませんので、この温かい山小屋がオススメですよ~。
201307Yakushi-36.jpg
乾燥室の一角に更衣コーナーがあります。
というか、この猫のイラストに何度も出くわします。
201307Yakushi-37.jpg
トイレの個室の中にも、この猫が!
そしてトイレに入るたびに「この英文直したい」と思いながらも、
伝えたいと思う気持ちがあるほうが外国人にもきっと伝わるに違いない!
201307Yakushi-43.jpg
夜8時にすでに寝ていたわたしですが、夜中に風の音がすごくて起きました。
窓を叩きつけるように降る雨。時折鳴る雷。
外の様子を見ようと思ってエントランスに行ったらガッチリと鍵が閉まっていました。
朝には雨がやんでいますように・・・とお祈りして再びおやすみなさい。
201307Yakushi-38.jpg
明けて翌朝、おはようございます。
薬師岳山荘の朝食メニューです。
201307Yakushi-39.jpg
氷見で作ってもらっているというミリン干し、金時豆の煮豆、昆布巻き、大葉にくるんだ味噌、
富山県民が大好きなものオンパレードなメニューで、朝からごはんおかわりしました。
小梅ちゃんの梅干とラッキョも食べ放題です。
201307Yakushi-41.jpg
住み着いてしまいたいほどに快適な薬師岳山荘ですが、
GPSロガーの電源を入れて、さ、薬師岳ピークを目指しますか!
ありがとう薬師岳山荘のみなさん、ぐっすり眠れました!

関連記事
夏山登山、折立から薬師岳山荘編
夏山登山、薬師岳山荘でおとまり編
夏山登山、薬師岳山荘から薬師岳山頂編

北アルプスの初夏、薬師岳に登ってきました。【 折立から薬師岳山荘編 】 [ My Summer Holidays in the great Mountain. We climbed the Mt.Yakushi in the Chūbu-Sangaku National Park.]

  • Day:2013.07.24 06:00
  • Cat:・山

2013年7月13日土曜日、午後7時、新大久保。
ここから夏の北アルプスは始まるのです。
新大久保のネパール居酒屋モモで壮行会をして、いざ出発!
201307Yakushi-2.jpg
新宿発、夜10時半の高速バスに乗って翌朝5時半に富山駅に到着。
迎えに来てくれてた大学時代からのお友達の車に乗り込んで、
秘境への登山口「折立」に到着です。
201307Yakushi-3.jpg
いきなり雨の山行です。
アラレちゃん、発見。
アラレちゃんの服がおかしい件について話し合いながら登ります。
201307Yakushi-4.jpg
なかなかの登りっぷりだぜ、やっほー!
この先、デジャブのように繰り返す悪夢のような登山道をまだ知らなかった・・・
201307Yakushi-5.jpg
丸い石を敷き詰めて作ってある登山道に苦戦。
歩きににくい・・・
201307Yakushi-6.jpg
・・・・・・・・・・・・。
丸い石の道が延々と続くので、言葉を失っているところ。
201307Yakushi-7.jpg
なんだか、このテキトーな道・・・ながい・・・
201307Yakushi-8.jpg
やっとちょっと変化がありました。
木道です。
201307Yakushi-9.jpg
と思ったら、また半人造ロードです。
しかも・・・長いんだってば!
201307Yakushi-10.jpg
木道、ふたたび。
なんだか、わかってきたぞ、この繰り返し・・・
201307Yakushi-11.jpg
ほらキタ!
丸い石の道!
201307Yakushi-12.jpg
あれ?雪もあるの?
いいね~雪渓歩き!
201307Yakushi-13.jpg
はい、有無も言わさず木道、またたび!
(「ふたたび」の次は「またたび」ではなく「みたび」です。)
木道と丸い石道に苦悩しながらやっと太郎兵衛平に到着。
201307Yakushi-15.jpg
ひゃー!さむーい!!!
薬師岳へ行く人は向かって左へ。雲の平へ行く人は向かって右へ。
ここが分岐点です。
201307Yakushi-14.jpg
ここでランチタイム。
「立山サンダーバード」で買ったおにぎりを食べます。
立山サンダーバード」は地元民にも、登山客にも、釣り人にも愛される
超ローカルコンビニエンスストアです。
プチトマトぶどう、山行を共にしている大学時代からの友達の女子力の高さに脱帽。
甘い果実で、めっちゃ生き返りました!
201307Yakushi-16.jpg
さ、ランチが終わったらまた木道。
もはや、笑うしかないくらいに木道!
201307Yakushi-17.jpg
木道が終わればお約束の石の道。
くっそ、木道くっそ、石の道くっそ!と思いながら歩く。
201307Yakushi-18.jpg
そして手のひらを返したようにガレている。
201307Yakushi-19.jpg
まだまだ雪もたくさん残ってる。
201307Yakushi-20.jpg
木道・・・。
もはや私の薬師岳のイメージは「木道」になりつつある。
201307Yakushi-21.jpg
そして雪またたび。
これらの写真だけ見て「なだらかだ」とか思っちゃダメですよ。
今回、歩行スピードが速く急登では写真を撮ってる隙がありませんでした。
201307Yakushi-22.jpg
まだ、今日の宿は見えぬのか!
201307Yakushi-23.jpg
着いた!薬師岳山荘!
このあと天候が悪化して暴風雷雨になります。
下山できないんじゃないだろうか・・・と思うほどに。
201307Yakushi-24.jpg
一日目、折立から薬師岳山荘まで。
歩行距離13.6キロ、歩行時間4時間54分。
デジャブのように繰り返す登山道が印象的です。
おつかれさま!

関連記事
夏山登山、折立から薬師岳山荘編
夏山登山、薬師岳山荘でおとまり編
夏山登山、薬師岳山荘から薬師岳山頂編

恋愛成就の神様としてタイの女性から絶大な信仰をあつめるトリムルティにお参りしてみました。[ Her mane is Trimurti. She has most strong power of LOVE. They were gathering around her who looks like stray sheep in love.]


セントラルワールドの伊勢丹前に真っ赤なバラの花が山積みになっている場所があります。
ここには何があるのかといいますと・・・
強烈な恋愛成就のパワーがあるという「トリムルティの祠」があるのです。
Trimurti201302-3.jpg
このスリムな美しい神様がトリムルティ神です。
では、さっそくお参りしてみましょう。
Trimurti201302-1.jpg
トリムルティへのお参りは、木曜の夜9時半に赤いバラ9本とお線香9本をお供えすると
ものすごく効果的なんだとか。
なかなか木曜の夜9時半をねらって行く事は難しいので、9本のバラの部分だけ守りましょうかね。
H.I.S.タイのガイドによれば、タイ語の呪文を読むそうですが、
フリガナふってないし、読めないので、とりあえず日本語でお参りしました。
Trimurti201302-4.jpg
バンコクの神様を三日連続で紹介しましたが、大都会に立派な祠があって、
遠くからお参りに来る人、前を通るときに会釈する人、そんな日常がいいな~と
思いました。
「困ったときの神頼み」とか言うけど、神様はいつもそばに居て、実は頼んだりしなくても
困ったときには助けてくれているんじゃないかな~。


大きな地図で WTC を見る

トリムルティとガネーシャはセントラルワールドの伊勢丹側にあります。
ちなみにCentral World Plazaは「セントラルワールドプラザ」ではなく、
「センタンワー」と言うとタイの人にすぐに理解してもらえますよ。