ゆでピーナッツの開け方をタイ人にレクチャーされる。[ How to eat peanuts, so smart way to put out its seeds.]


千葉県民が大好きな(嫌いな人も居るとは思うけど)秋の味覚、ゆでピーナッツ。
採れたてのピーナッツを殻ごとゆでて食べる秋限定の食べもの。
これがタイでも食べれるのです。しかも旬は一年中だそうです。
その「ゆでピーナッツ」を不器用にむいて食べていると、見かねたタイ人が
「お前は本当に千葉に住んでいるのか?」と言ったかどうかはナゾですが、
ピーナッツの殻のむき方を教えてくれました。
2013peanut-2.jpg
ピーナッツのとんがったほうを人差し指に当てて持ちます。
2013peanut-3.jpg
こんなふうに。
そしてギュッと親指で押してやれば・・・
2013peanut-4.jpg
パカッとひらくのです。
おぉ!ブラボー!!!
2013peanut-5.jpg
こんなにキレイにまっぷたつになります。
千葉ではゆでピーナッツは「あんまり好きじゃないです」と言って
めったに食しませんが、開けるのがおもしろくて山ほど食べました。
バンコクのピーナッツ、味が濃くておいしかったです。
2013peanut-6.jpg
スポンサーサイト

タイから日本へ国際小包を船便で送ってみました。[ I sent an international package by ship from Thailand to Japan.]


タイの郵便局から日本へ小包を送ってみましょう。
ミンブリーのポストオフィスにやってきました。
2013ThaiPostoffice-3.jpg
小包の箱を郵便局で買います。
一番下の大きい箱が32THB、その上が25THB、さらに上のが20THBです。
2013ThaiPostoffice-1.jpg
宛名などの記入スペースは日本の郵便局とそっくりです。
とりあえず住所をさかさまから書けばいいんだよね、とテキトーな感じで・・・
2013ThaiPostoffice-4.jpg
そして記入し終わったら重さを計って料金を確定します。
この小包は5キロです。
EMSだと3日後くらいに日本に到着しますが5、6000円くらいかかります。
国際小包飛行機便では到着までに2週間で1600THBです。
国際小包船便では1~3ヶ月かかり1060THBです。
急がないし、途中で船が沈んでも構わないので1060THBの船便で!
2013ThaiPostoffice-5.jpg
日本からタイへ国際小包を何度か送ったことがありますが、
船便は1週間で届くこともあれば1ヶ月ほどかかることもあり、
到着時期が予想できないのでとてもワクワクするのです。
タイから日本へはどのくらいかかるのか楽しみです。
2013ThaiPostoffice-6.jpg
タイの郵便局のマスコット。
で、小包は忘れたころに届くのかな~と思いきや・・・
2013ThaiPostoffice-7.jpg
途中、税関検査で中身をチェックされつつジャスト1週間で日本に届きました。
なかなかやるじゃないか。
というか、かわいくかけた紐はどうしたんだコノヤロ!
ね、船便がそこそこがんばるもんだから高価なEMSはもったいなくて使えません。
宅配したいものがそんなに大事ではない時は船便がいいですよ。

タワンナーマーケットでお買い物。[ Tawanna (ตะวันนา) has local price shops for budget HAPPY shopping.]


タイと言えばナイトマーケットです。
暑いのでデイタイムに出歩くのは危険キケン。
なので日が落ちて涼しくなったらお出かけしましょう。
とは言っても観光客慣れしちゃったナイトマーケットは高価なので、
ローカルマーケットに行きますよ!ローカルマーケットらぶ!ですよ。
2013Tawanna-3.jpg
ビカビカつけまつげ&火星人級黒目コンタクトレンズで気持ち悪くかわいく。
山積みになったつけまつげが安い!タワンナーナイトマーケットです。
2013Tawanna-2.jpg
羽根になってるつけまつげもあるよー!
つけまつげからちょっと離れてみましょう・・・・・
2013Tawanna-5.jpg
毛も売っています。
400THBからと大変お手ごろ価格です。
2013Tawanna-4.jpg
タワンナーナイトマーケットはとてもとても広くて、
暑くて夜じゃないと無理でしょっていう屋外エリア(屋根付き)と、
2013Tawanna-6.jpg
エアコン効いてて涼しい屋内エリアがあります。
タイ人友達は「ナイトマーケット!」と言い張っていたけれど、屋内エリアは日中も
営業してるよね、ちゃんとしたモールみたいな建物になってるし・・・
とにかくエリアマップが欲しい!と思うほどに広いです。
2013Tawanna-7.jpg
手作りのかわいいiPhoneケース売ってたお店ですが、早々に店じまい・・・
そうです!お店によって営業時間がまちまちなのです。
というか同じお店でも日によって営業時間がまちまちです。
これはもうタイの常識なので、さっき見ていいなって思ってたお店が、
帰りに寄ったら閉まってて買えなかった・・・ということは多々あります。
2013Tawanna-8.jpg
編みぐるみのお店。ちっこいマスコットは1個50THB。
ボリュームディスカウントありです。
2013Tawanna-9.jpg
ネイティブアメリカンなショップもあります。
多いのはヒラヒラ金魚みたいなパーティードレスのお店。
そうか!ここでリーズナボーなドレスを買えばシロッコの入口で追い返されずに
入店できるわけだなコンチキショウ!とドレスを物色。
2013Tawanna-10.jpg
ワンちゃんのハーネスや洋服のお店もあったよ。
なんでもありそうなタワンナーナイトマーケットですが、ベビー服が無い!
こんな広いマーケットの中でたった1店舗しか見つけられませんでした。
2013Tawanna-11.jpg
そして営業時間中にも新店のオープン作業が行われます。
このコンテナの行列が途切れることなく30個以上通過していくので
反対側のエリアに移動できない人たちが渋滞をつくっていました。
そんなエネルギッシュなタワンナーナイトマーケットはこちら。

より大きな地図で Tawanna (ตะวันนา) を表示