おいしいものとおいしいものの出会いは、ひととひとのいい出会いに似ている。那須ロイヤルブルーベリーのブルーベリーはちみつジャムとビラサーキットと中井直道先生のこと。[ My life likes YUMMY foods. My favorite JAM make me HAPPY everyday. Thank you my friend, thank you my life. ]


モーレツにうまいブルーベリージャムをいただきました。
これをキング・オブ・ブルーベリージャムに認定しても良い!と思いました。
おいしいものをくれる人は無条件で2000%いい人です。
こんなおいしいジャムを那須から買ってきてくださったのはミスターナカイ。
201607Nakai_Naomichi_and-2.jpg
クエストサービスの中井直道先生です。
ひょんなことから中井先生がタイでライディングスクールに招かれた時に、
通訳をすることになったのがそもそもの出会いです。
3年越しの再会です、かんぱーい!
201607Nakai_Naomichi_and-1.jpg
中井先生が記事を書いた本にサインをいただきました。
といっても、これはタイのお友達のためにいただいたもので、
わたしのではないのですが・・・。
201609NasuRoyalBlueBerry_and-5.jpg
話は戻って「ロイヤル・ブルーベリーはちみつジャム」です。
ゴロンゴロンとたくさんのブルーベリー果実が入っています。
201609NasuRoyalBlueBerry_and-6.jpg
パンに塗ったり、ヨーグルトと一緒に食べたりしてみましたが、
どうにもこうにもブルーベリージャムがキラリと光りすぎて、
何を食べてもジャムだけ食べてるみたいなんです、強いんですよ、とにもかくにも。
ま、ジャム自体がうまいからジャムだけ食べてればいいか、と思っていたところ・・・
201609NasuRoyalBlueBerry_and-1.jpg
見つけました、最高の相棒を!
セブンイレブンの「ひとくち濃厚フロマージュ」です。
コレだけ食べても実にしっかりした味と食感です。
日本のコンビニは本当にブラボー!です。
201609NasuRoyalBlueBerry_and-3.jpg
ブルーベリーはちみつジャム+ひとくち濃厚フロマージュ。
この出会いは最高です。
まるでわたしとミスターナカイの出会いのように。
201609NasuRoyalBlueBerry_and-2.jpg
いろんな食材を試しているうちにブルーベリージャムがもうほとんどありません。
ちょっとジャム買いに行ってきます。

那須ロイヤルブルーベリー:http://www.royalberry.com/

ヨックモックのオンラインショップ限定クレームブリュレ。[ YOKU MOKU de Crème brûlée. ]


デパ地下でおなじみのヨックモックですが、
通販でしか買えないヨックモックのクレームブリュレてのがあって、
デパ地下で悶絶しても買えないので、レッツ・ネットショッピング!
201507YOKU_MOKU-2.jpg
そのクレームブリュレは1箱に3個入っています。
冷凍で届きます。
201507YOKU_MOKU-3.jpg
3時間ほど冷蔵庫で解凍するとうまいのだそうです。
容器はセラミックでできています。
実家の食卓なら「梅干しを入れる小さい壺」のような
再利用可能なかわいらしい器です。
201507YOKU_MOKU-4.jpg
解凍完了!
いただきます。
201507YOKU_MOKU-5.jpg
カリカリ、パリパリのカラメルの層と、
THE濃厚!という表現が適切なカスタードの層。
201507YOKU_MOKU-6.jpg
もんのすんごく、うまいです。
できれば冷凍庫にストックしておきたいですが、
常備できるほどリーズナボーではありません。
201507YOKU_MOKU-7.jpg
小さい器ですが、
キャセロールポットと同じ作りで、しかもよくできているため、
後日「グリとグラごっこ」をすることができます。

YOKU MOKU website:http://www.yokumoku.co.jp/
オンラインショップ限定クレームブリュレ

長野の小布施堂の栗鹿ノ子。[ The ingredients are only Chestnuts and Sugar. "KURIKANOKO" Its beautiful wrapping paper became book cover after I ate. ]


先日、かの子ちゃんの内祝いに「栗かのこ」をいただくという、、、
おとーさん、おかーさん、いいんですか?!的なお菓子をいただいたのですが、
結論から言うと「うますぎ!」でした。
201507KURI_canoco-2.jpg
包装紙をひらくと、
なんと包装紙の内側にも模様がある。
描いてある文字は達筆すぎて読めないけれど、
小鳥の絵がすこぶる可愛いのです。
201507KURI_canoco-3.jpg
これはもう、栗かのこを召し上がる前に作るでしょアレ。
ステキな包装紙はブックカバーにしようムーブメント。
長野の小布施堂さん、ステキな包装紙をありがとう。
201507KURI_canoco-4.jpg
栗鹿ノ子は四角い箱に入ってた。
なんだかカタカタと音がします。
201507KURI_canoco-5.jpg
ハコの中には缶が入ってた。
パカって開けるタイプの缶だけどフタも付いてる。
201507KURI_canoco-6.jpg
原材料は栗と砂糖だけ。
もんのすっごく、おいしいです。
まだ、わたしの知らないこんなに美味いものが世の中にあるなんて!
長生きしなきゃ、と思いました。
201507handmade_book_covers.jpg
まだ、あと2個あるから、じっくり、ゆっくり味わっていただきます。
小布施堂の包装紙でつくったブックカバーは、
衝撃的に美味しかった思い出と共に本棚を彩ってくれる仲間達に加わりました。
かの子ちゃん、ごちそうさま!