ロッジのコンボクッカー10 1/4インチを買いました。蓋になる部分のスキレットが旧タイプのよりも深くなった新タイプLCC3です。



オリーブオイルと塩をかけて焼くだけ!
夏野菜が美味しい季節になりましたのでスキレット大活躍です。

202007lodge-cooking-5.jpg

蓋をして15分ほど蒸し焼きにするだけで「なぜこんなにも野菜が甘くなるのだ!!!」と
一口食べるごとに野菜のうまみにウンウン唸りながら食べること間違いなしです。

202007lodge-cooking-3.jpg

今日のレシピはこれ↑(パプリカ以外は全部庭で採れたやつ)

202007lodge-cooking-6.jpg

ヤングコーンって間引きしたとうもろこしだって知ってたか?
とうもろこしは1本の苗にひとつしか実らせないっていうのも知ってたか?
(わたしは知らなかった、両方知らなかった)
とうもろこしの苗は3つ4つほどの実をつけるのだが、甘く大きな実を実らせるために間引きします。

202007lodge-cooking-7.jpg

間引きしたものがヤングコーン(ベビーコーン)です。
なんてこった!知らずに捨ててたよ・・・

202007lodge-cooking-1.jpg

ロッジの話からそれました。ロッジの話に戻ります。
コンボクッカーを買いました。
キャッシュレス5%還元の最後の日に滑り込みで買いました。

202007lodge-cooking-2.jpg

3 QUART CAST IRON COMBO COOKER(コンボクッカー10 1/4インチ)
品番: 19240020000003 / 型番: LCC3 鋳鉄製 5.6kg っていうやつです。
重いです!
驚くのはここからです。
コンボクッカーはディープスキレットと蓋として使える浅型スキレットのセットなんですが、

深型スキレットが2.6キロ、浅型スキレットの方が3キロです。
浅型スキレットは3キロです。

浅い方が重いのです、大事なので何回でも書きます。

202007lodge-cooking-8.jpg

さっそくシーズニングしましょう。
取っ手の対角に台形のミミみたいのがついていますね。
やっとコレの意味が分かりました。
取っ手だけだと重くて持てないので、取っ手とミミを持つわけですね。

202007lodge-cooking-9.jpg

深型スキレットの方もシーズニングしましょう。
最近、日本で売ってるロッジ製品は全部シーズミングし終わったものしかないみたいなので、
シーズニングというよりは「使用前の慣らし」みたいなもんです。
いちからシーズニングするのはめちゃくちゃ大変なのでありがたいことです。

ニトリの6インチスキレットをシーズニングする

202007lodge-cooking-10.jpg

9インチのスキレットの時よりもいっぱい焼けます(10 1/4インチなので)
この餃子は、餃子というよりは饅頭でした。ごちそうさまでした。

__________ 🍳__________
スポンサーサイト



Koi フルスペクトラムBCDカートリッジとMAXバッテリー380mAhを買いました。[ Koi spectrum TRUE SPECTRUM DISTILLATE 500mg Cartridge + MAX BATTERY 380mAh. ]



Koi スペクトラム・カートリッジを買いました。
そう、わたしの中では去年から話題沸騰のBCDリキッドですが、
ここんところめっきりKoiの白がイイから吸ってみろとあちこちで耳にします。

201906Koi_spectrum-8.jpg

でも、うちにはKoi青があったのです。
Koi青はラズベリー・ドラゴンフルーツっていうものすっごく爽やかなおいしいフレーバーです。
しかも1年前の時点ではけっこうなCBD含有率の電子タバコリキッドだったハズ!
そればですよ、
「ほろよい」と「テキーラ」ほど違うっていうじゃぁありませんかぁ!
アルコール度数3%のサントリーほろよいとアルコール度数40%のテキーラほど違うと?!
即買いで。

201906Koi_spectrum-1.jpg

Koi スペクトラム・リキッドと一緒にバッテリーも買いました。
バッテリーには充電コードがついています。
赤・青・白のLEDで出力を変えることができると買いてありますが、白のLEDがキレてるのか、
赤と青と、たぶん充電残ってますよ〜の緑のLEDしか点灯しません。
さらにはカートリッジ側なのかバッテリー側なのかそもそも両方なのか、
ネジ山がテキトーすぎて、ネジ回してくっつけてもなんか違和感、まっすぐじゃないなコレ。
ま、いいか、通電してケムリが出ればなんでもいいか。

201906Koi_spectrum-2.jpg

歴代使ってきた電子タバコの中でもひときわスリムでコンパクトです。
Koi スペクトラム・カートリッジとツライチになるバッテリーなので、
見た目からしても買ったほうがいいにキマっています。

201906Koi_spectrum-3.jpg

パッケージを読むと Koi TRUE SPECTRUM DISTILLATE って買いてあるのです。
コイ・トゥルー・スペクトラム・ディスティレイト(Koi 本当の成分を抽出したヤツ!でオKですか?)
だけども日本語ではなぜだかKoi フルスペクトラム って表記で売ってるんだよな〜
フルじゃなくてトゥルーじゃないのー?
味はKoi青みたいなフルーティーで甘く爽やかな味わいではあませんよ。
言うなれば「新鮮なハーブを高原の空気の良い農場でそのままムシャムシャと味わったときの味」です。
これはなかなかよいものです。

*★*――――*★* *★*――――*★*

Koi CBD Infused Liquid の BLUE KOI 1000MG CBDリキッドを買ってみました。


こないだ AspirK4 を買ったのでCBDリキッドをためしてみます。
BLUE KOI 1000MG CBD をAMERICAN VAPEのサイトで買いました。
201802BLUE_KOI_30ml_CBD-2.jpg
それと同時に替アトマイザーも買いました。
いちいち掃除してリキッドを入れ替えるのが面倒なのでこれは必須です。
201802BLUE_KOI_30ml_CBD-3.jpg
とりあえず1回分解するのはもはやクセみたいなもんです。
高級なBLUE KOIが流れ出したら勿体無いので隅々までチェックするつもりで。
201802BLUE_KOI_30ml_CBD-4.jpg
替アトマイザーには抵抗値の違うコイルが2個付いています。
0.4Ωと0.2Ωのどっちかを選んで組むことができます。
今回はCBDをじっくり吸い込むために抵抗値の大きいコイルを付けます。
201802BLUE_KOI_30ml_CBD-5.jpg
Koi CBD Infused Liquid のエライところはフタがスポイトになってるところ!
これは便利!
容器はガラス製で値段に負けない高級感もあります。
201802BLUE_KOI_30ml_CBD-6.jpg
このリキッドはとってもねっちょりしています。
CBDってねっちょりしてるんですかね?
201802BLUE_KOI_30ml_CBD-7.jpg
フィルターにリキッドが染み込むまで20分ほど「おあづけ!」
K4に最初にセットされているアトマイザーは黒ですが、シルバーを買いました。
シルバーの方が100円やすかったので安っぽく見えるのかな?と思っていたけれど、
メッキじゃなくアルミの削り出しで、わたしはこっちの方が好きですよ。
201802BLUE_KOI_30ml_CBD-8.jpg
CBDリキッドは想像以上でした。
買ってよかった〜。
通常はエアーフロー全開で使っていますが、CBDを楽しむために全閉にしたほうが良いです。
写真は全開になっていますが・・・
吸ってない時は全開にしておくとリキッドが漏れないよっていうレビューがあったので、
嘘か本当か分かりませんが、なんとなくそうしています。
そしてなによりラズベリー・ドラゴンフルーツミックスっていうこの味がおいしい!