シュ・レカミエ松戸店でパティシエの卵ミルクティー味を買いました。これは松戸に行くたびに買ってしまいそうです。[ Chez Recamier cake shop made HAPPY for all SWEETS sweepers!!! ]


ショーケースに存在感がありすぎるクリームたっぷりのシュークリーム!
素通りできないわたしはスイートスイーパーです。
201610Chez_Recamier-6.jpg
買ってみました。
だけども買ったのはモンスターのようなシュークリームではなく、
「パティシエの卵」っていうまんじゅうみたいな形のお菓子です。
201610Chez_Recamier-5.jpg
パティシエの卵・カスタード、いっこ162円也。
モンスターシュークリームは味の想像がつきますが、こっちは未開の地です。
ということで買ってみたのですが・・・これはうまい!
カリッカリの外皮と甘過ぎないカスタードクリームが大人のおやつにピッタリ。
201610Chez_Recamier-2.jpg
どこで買ったの?
・・・えーっと・・・店の名前がよめません・・・
「シュ・レカミエ」と読むそうです。
201610Chez_Recamier-4.jpg
ケーキもいまどき珍しいくらい大きいのです。
しかもリーズナブル!
わたしが今まで知らなかったシュ・レカミエについて調べてみると、
山崎製パン系列のケーキ店で全国展開しているのだそうです。へぇ〜。
201610Chez_Recamier-3.jpg
こーゆーの、たまにガッツリいきたくなりますね。
お気に入りのパン屋さん「ハースブラウン」も山崎製パン系列です。
なかなかうまいものを繰り出してくるじゃないか!
201610Chez_Recamier-7.jpg
こちらが新製品、パティシエの卵・ミルクティーです。いっこ172円也。
わたしはカスタードよりもこっちが好きです。
201610Chez_Recamier-8.jpg
カスタードのところでも書いたけれど、サックサクでザックリした食感の良い外皮と、
たっぷり入っている甘過ぎないクリームが飽きのこない味で優秀です。
紅茶の風味がくちいっぱいに広がるミルクティー味は明日も食べたい!あさっても!笑
201610Chez_Recamier-9.jpg
Chez Recamier 松戸店
JR松戸駅東口から歩道橋歩いてってつながってるイトーヨーカドーの1F。
正面入口から入ってすぐのところです。
営業時間 朝10時から夜10時まで(ヨーカドーと一緒)
スポンサーサイト

キルフェボン・グランメゾン銀座の秋のタルト2種をいただきました。[ The Autamun Tarte at Quil Fait bon GRAND MAISON GINZA. Mont blanc and Milk tea tarte with Le Lectier. ]

201609quil_fait_bon_Ginza-3.jpg
すっかり秋の装いになったキルフェボン・グランメゾン銀座店です。
201609quil_fait_bon_Ginza-5.jpg
めっちゃ賑わっていました。
20人くらいの列が出来ていましたが、サバキがはやかったです。
201609quil_fait_bon_Ginza-6.jpg
ショーケースのタルトを眺めながら進みつつ、
列に並んでいるうちに注文するというスタイルです。
201609quil_fait_bon_Ginza-7.jpg
お会計の準備ができたら番号札で呼ばれます。
ケーキ屋さんなのに超システマチックです。
201609quil_fait_bon_Ginza-8.jpg
今日は2種類のタルトを買って帰りました。
本当はいちじくのタルトを買いにいったのですが、
ガラスケースの中の見本がイマイチすぎたので別のを買いました。
201609quil_fait_bon_Ginza-1.jpg
グランメゾン銀座限定の「ル レクチエとミルクティーのタルト」です。
ウェブサイトの写真はプリンセスのドレスのように美しいですが、
201609quil_fait_bon_Ginza-9.jpg
実際のタルトは・・・紅茶味のクリームを彩っている金粉・・・どーゆーセンスやろか?
ビジュアルのつっこみどころは満載ですが、肝心の味は・・・
201609quil_fait_bon_Ginza-11.jpg
いや、ひとことで言っても、ふたことで言っても美味いです。
タルト生地に練り込んである茶葉の香ばしさ。
洋梨のキュプットした食感と爽やかな味。
ラズベリージャムの控えめな酸味のアクセント、これ最高か!
なんで洋梨がきらいなのに選んでしまったかというと、
ミルクティーっていう部分にものすごく惹かれたからです。
見た目がアレでもとても上品なタルトでございました。
これだったらきっと見た目がアレすぎたいちじくのタルトも、
美味かったに違いない!買えばよかった・・・

モンブランは9〜11月の限定です。
201609quil_fait_bon_Ginza-10.jpg
モンブランにはうるさいですよ、わたし!
アテスウェイやグラマシーNYのモンブランを超えられるかしら。201609quil_fait_bon_Ginza-12.jpg
一番上の層の栗クリームの「栗感」がすごいです。
タルト生地の上のホクホク栗の層もたまりません。
値段だけじゃなくちゃんと味も栗の満足度も私の好きなケーキ屋さんの
モンブランを超えてきました、大好きですキルフェボンのモンブラン。
デートで食べたくないものナンバーワンと言ってもいいほどに、
見るも無惨なボロボロになりがちなタルトですが、
キルフェボンのタルト生地はクッキーよりもパイ生地系で、
かといってグッズグズにならない素晴らしいタルト生地です。
フォークでキレイに割って食べることが出来るので、
ぜひとも、おデートにどうぞ。
201609quil_fait_bon_Ginza-4.jpg
Quil Fait bon GRAND MAISON GINZA
キルフェボン・グランメゾン銀座
東京都中央区銀座2-5-4・ファサード銀座1F(テイクアウトスペース)
TEL:03-5159-0605
営業時間 朝11時から夜9時

田原町のレモンパイ(お店の名前)でレモンパイ(ケーキの名前)をいただきます。[ YUMMY! Merengue on the lemon pie made by Lemon Pie in Tokyo. ]


ずーっとずーっと食べてみたいケーキがありました。
レモンパイのレモンパイです。
レモンパイ(お店の名前)のレモンパイ(ケーキの名前)です。
201606lemon_pie_Tawaracyo-1.jpg
やってきました、田原町のレモンパイ。
屋根の色がレモン色のかわいいケーキ屋さんです。
201606lemon_pie_Tawaracyo-2.jpg
ショーケースをのぞきこみます。
メレンゲたっぷりのレモンパイにやっと会えました。
201606lemon_pie_Tawaracyo-3.jpg
ホールのレモンパイを持って帰りたいのはやまやまですが、
なにせ夏ですので、これをもって千葉まで無事にかえれる気がしません。
割愛です。
201606lemon_pie_Tawaracyo-4.jpg
店内には4席ほどですがイートインスペースがあります。
尚、飲み物の提供はありません。
お店のスタッフがコンビニの方を指さして持ち込み可能なんで・・・と
ちょっと申し訳なさそうに教えてくれました。
逆にすんません・・・
201606lemon_pie_Tawaracyo-8.jpg
レモンパイ、いただきます!
ふわふわのメレンゲとしっとりレモンの層がたまらんです。
こちらはレモンパイ1/4カット420円なり。
201606lemon_pie_Tawaracyo-7.jpg
レモンパイ1/6カット280円とチョコレートケーキ410円です。
レモンパイのレモンパイを食べてみた方のですが、
このチョコレートケーキのうまいことったら!
201606lemon_pie_Tawaracyo-9.jpg
切り口きたなくってすんません。
もんのすんごい大人味です。
まわりのチョコレートの洋酒感ったら最高です。
ごちそうさまでした。

レモンパイ
東京都台東区寿2-4-6
TEL:03-3845-0581
営業時間 12:00 - 18:30 日と月定休