まだ2月ですが2018年最高の和菓子屋さんに出逢いました。富山の引網香月堂のどらやき「まめ蔵」が最高すぎて、もう他のどらやきは絶対に食えない!っていう話。


帰省するたびに懐の深さをみせつけられる富山県のお話です。
ハッキリ言って最高なものしかないのか、この県には。
201802Hikiami_Kogetudo-2.jpg
きょうは、出会ってしまったことを素直に幸せだと言って良いのか否か。
引網香月堂さんのことを本当は内緒にしたいけど書いちゃう。
201802Hikiami_Kogetudo-4.jpg
いまどきの和菓子屋さんってこんなにアートアートしてんのかよ!
なんかもうオシャレすぎてごめんなさい。
201802Hikiami_Kogetudo-5.jpg
マジで助かった、きょうはヨソ行きの格好してて、ホントにセーフ、
と言わずにはいられないドラマティックな店内にドキドキします。
201802Hikiami_Kogetudo-6.jpg
落雁の型かしら?
ワークショップやってそうな雰囲気ですね。
ところでお目当のアレは?
201802Hikiami_Kogetudo-3.jpg
やはり売り切れていたか・・・
大先輩が絶賛する引網香月堂の「いちご餅」
近いうちに富山に舞い戻って来るフラグ立ちまくりですね。
201802Hikiami_Kogetudo-9.jpg
いちご餅が売り切れで悲しみに打ちひしがれていたところに、
これを食って元気出せと言わんばかりに大先輩が桜餅をくれました。
ヤバイっす、引網香月堂の桜餅、ハンパないです。
201802Hikiami_Kogetudo-10.jpg
そんでもって、おみやげもくれた大先輩、なになに、今日は優しいのね。
引網香月堂のどらやき「まめ蔵」です。
201802Hikiami_Kogetudo-11.jpg
ごめんなさい、わたし、どらやきのことを「たかがどらやき」なんて思ってました。
こんな立派な和菓子だったなんて、もう泣きそうです。
まめ蔵を知ってしまった今、わたしはもう他のどらやきなんて絶対食べれませんよ。
そう、これです。
引網香月堂に出会ってしまったことを素直に幸せだと言って良いのか否か
和菓子レベルを一気にテッペンまでひきあげてしまった引網紅月堂のせいで、
きっとそんじょそこらの和菓子じゃ満足できない悪い女になってしまいました。
201802Hikiami_Kogetudo-7.jpg
引網紅月堂さんのとなりには真っ白なカフェがありました。
201802Hikiami_Kogetudo-8.jpg
道を挟んだ向かいにはソーセージ屋さんがありました。
なんなの?この小洒落たエリアは。
絶対また来るからね!
201802Hikiami_Kogetudo-12.jpg
北陸限定・葉の茶のほうじ茶をおともに、まめ蔵と帰る北陸新幹線の中。
なんなんだよ、富山県って!
今までもこの先も、住んでる人しか知らないイイものがこんなにも溢れている県は無い
と言っても過言じゃないし、まめ蔵があるってだけでUターンして富山に住もうかと思うわ。
まってろよーいちご餅、ぜったいくってやっかんなー!!!

引網香月堂 古沢本店
富山県富山市古沢111-3
TEL:076-471-8755
営業時間:9:00から18:00 火曜定休

エピローグ
そんなもんじゃなかった、もっともっと深かったよ。
どうしよう、もうゴールデンウィークを8連休にして新幹線のチケットを
買ってしまうしか無いんじゃなかろうか?
ワタシ、小学生ふたり拉致ってどらやき小旅行するよ、マジで。
201802Hikiami_Kogetudo-13.jpg
※パブリックに適していない部分はモザイク処理をしております(w
スポンサーサイト

草加の甘味処”お葉菜”でわらびもちとおはぎを買いました。[ I love Japanese sweets, I found nice Japanese sweets shop at Souka-city, Saitama. ]


草加駅前の甘味処「お葉菜」です。
おはぎを買いにやってきました。
201702Ohana_Souka-5.jpg
ごめんくださ〜い、とお店に入ってみたら・・・
和菓子屋さんを想像していたのでちょっと面食らった瞬間です。
店内は完全に「お食事処・甘味処」といった飲食店でした。
201702Ohana_Souka-2.jpg
お持ち帰りメニューをみせていただいて、注文します。
黒ごまをすっていた最中ようで、店内にすりたてゴマのいい匂いがただよっています。
201702Ohana_Souka-6.jpg
商品を用意してもらうあいだ、お茶をいただいて待ちます。
201702Ohana_Souka-7.jpg
店内のメニューです。
201702Ohana_Souka-3.jpg
お座敷席の他にテーブル席もあります。
201702Ohana_Souka-4.jpg
食べてみたいものだらけ!
お昼時にはお食事ランチメニューがあるらしいので次はランチどきに来てみたいです。
201702Ohana_Souka-8.jpg
わらびもちとおはぎ(あんこ)を買ってきました。
201702Ohana_Souka-9.jpg
わらびもちに黒蜜をかけていただきます。
201702Ohana_Souka-12.jpg
しっとりツルンとしたわらびもちは、きな粉とすりごまをまとっています。
きな粉と黒ごまとわらびもちの、ほんのり自然な甘さが最高なので、
わたしは黒蜜をかけないほうがうまいんじゃないかな、と思います。
201702Ohana_Souka-10.jpg
つづいて、お葉菜のおはぎです。
201702Ohana_Souka-11.jpg
お葉菜のおはぎは黒米です。
黒米のおはぎは生まれて初めていただきます。
もっちりしていてとても美味しかったです。
月末にネパール人のお宅に招かれているので、このおはぎをお土産に持っていこうと思います。

お葉菜 (おはな)
埼玉県草加市高砂2-16-3
TEL:048-927-8016
営業時間 朝10時から夕方6時 年中無休

「厳美渓名物・滝見だんご」で新鮮なずんだだんごを食べました。[ How to make "Genbikyo Dango"? Mom made dumplings using by the thread to cut. ]


ひきづつき厳美渓です。
きのうの空飛ぶだんご「郭公だんご」はとても美味しかったのですが、
わたしの大好きなアレが無かったのです・・・アレ。
そう、アレはそれです「ずんだ」です。
201609Takimi_dango_Iwate-2.jpg
ずんだのおだんごをいただくために滝見だんごさんにやってきました。
てぎりだんごのずんだ、くださーい。
201609Takimi_dango_Iwate-3.jpg
滝見だんごの店内でずんだだんごをいただきましょう。
ラッキー空いてる!と思ったら、あっという間に満席になりました。
近所のおじちゃんたちのおやつの時間だったらしく、
常連のおじちゃんグループがおいしそうにお団子タイムを満喫していました。
201609Takimi_dango_Iwate-6.jpg
滝見だんごの「てぎりずんだだんご」です。
なんと大粒のお団子が9個も入っています。
201609Takimi_dango_Iwate-7.jpg
そしてこの色鮮やかな新鮮なずんだ!
たまりませんね、さっき空飛ぶだんごをたらふく食べたのに、ずんだは別腹とか。
201609Takimi_dango_Iwate-4.jpg
ずんだだんごを頬張りながら、厨房でお団子ができ上がってくる様子を見ています。
そこで気がつきました💡
今食べている「てぎりだんご」というのは文字どおり、
おかーちゃん達が手でちぎってお椀に入れてくれたお団子です。
一方「てぎり」では無いお団子はと言いますと、で切っています。
エプロンにうまい具合に固定された糸でクルンクルンと長い団子を切り分けていきます。
そ、それも食べてみたいです!!!
201609Takimi_dango_Iwate-8.jpg
というわけで、糸で切り分けたおだんごです。
5色セットで650円のお団子ですが、1本130円で購入することも可能です。
糸で切ったおだんごは、きのう見た「郭公だんご」のデンデン太鼓型です。
そうか、あのやたらキレイな形の団子は糸で切っていたのですね。
201609Takimi_dango_Iwate-5.jpg
厳美渓名物の美しい円柱形のだんごの作り方を知って満足です。
そのうえ、だんごもうまくて大満足です。
おだんごを食べ過ぎて腹パンパンです。
201609Takimi_dango_Iwate-9.jpg
滝見だんご
岩手県一関市 厳美町滝ノ上291-2
TEL:0191-29-2139
営業時間 朝9時から夕方5時まで。年中無休