東京ミート酒場で日本一うまいミートソースをいただく。


日本一おいしいミートソースを食べるために浅草橋に集合しました。
東京ミート酒場です。いってみよー!
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-6.jpg
3人だったので2階席に通されました。
なかなかの狭小スペースに6テーブルもあります。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-2.jpg
ハイボール的なお冷やです。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-3.jpg
ミートソースはもちろんですが、宴のメニューもいっぱい注文しましょう〜。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-4.jpg
おいしそうな小料理がいっぱいありますね。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-7.jpg
まずは肉味噌パクチーサラダ、630円です。
パクチーもりもりでうまいです。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-9.jpg
東京ミート酒場名物・牛塩もつ煮、399円。
牛アキレス腱のマリネ、390円とシシャモと生ハムのチーズ巻き1本330円です。
マリネは・・・でしたが・・・
牛もつ煮は今すぐごはんのうえにぶっかけたい!うまうまです。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-14.jpg
肉味噌納豆とうふ、390円です。
パクチーサラダにのってた肉味噌と一緒です。
肉味噌がとてもおいしいので、肉味噌系メニューはアタリです。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-15.jpg
揚げニョッキとベーコン、490円です。
ニョッキの中に枝豆が入ってます。これはもちもちでうまいです。
パラペーニョソースをかけると美味さ倍増です。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-10.jpg
ダサカッコいいイタリアン!
ところで日本一おいしいミートソスはまだかしら???
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-11.jpg
日本一おいしいミートソース、880円です。
白い!
まずは麺をそのまま味わうのが東京ミート酒場の流儀だそうです。
すっごいうまいわ。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-12.jpg
そんでもってマゼマゼしてミートソースを味わいます。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-13.jpg
鱈子と雲丹と海苔、880円も注文しました。
鱈子と雲丹と海苔はちょっと塩っからすぎました。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-16.jpg
半玉(替え玉のハーフサイズ)をもらってから割りトマトスープ投入です。
これもすっごいうまいわ!
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-5.jpg
この他、大根サラダ150円と本日の魚のカルパッチョ430円もいただきました。
はぁ〜大満足です。
難点は2階席が狭小すぎることと、
エアコンをONにされると激しいタバコ臭のする風が吹き付けてくること。
なので1階のカウンターで麺をかっくらってササッとお気に入りの小皿料理を
食べてビールをプハァーと飲み干してくる時短ランチが良いかと思いました。
20170308Tokyo_MEAT_Sakaba-17.jpg
東京MEAT酒場 浅草橋総本店
東京都台東区浅草橋1-19-2 浅草橋駅(JRなら東口)から徒歩30秒です。
スポンサーサイト

首都大学のキャンパスの中にあるルヴェソンヴェールでランチをいただきました。[ Lever Son Verre Minami Osawa is at Tama campus of Tokyo Metropolitan University. ]


首都大学・多摩キャンパスの中にあるルヴェソンヴェールへランチに行きました。
なつかしいなぁ〜南大沢。
201612leversonverre_Minamiosawa-4.jpg
ルヴェソンヴェール南大沢は首都大学のキャンパス内にあります。
キャンパスの国際交流会館のいっかくにフランス料理レストラン、ステキです。
201612leversonverre_Minamiosawa-16.jpg
ランチタイムはご近所のマダムでにぎわうと聞いていましたが、
今日も満席のようです。
201612leversonverre_Minamiosawa-3.jpg
満席だろうと予想して予約をしてきました。
201612leversonverre_Minamiosawa-2.jpg
広くて明るいレストランです。
前菜はバフェスタイルなんで、このくらいゆったりしてると嬉しいわぁ〜。
201612leversonverre_Minamiosawa-9.jpg
では、さっそく前菜を用意しましょう。
サラダコーナーです。
トッピングにはクルトン、フライドオニオン、パルミジャーノがあります。
ドレッシングも3種類ありましたが、ライムのドレッシングが美味しかったですよ。
201612leversonverre_Minamiosawa-5.jpg
謎の炭水化物コーナーと煮付けた野菜コーナーです。
おかず風パンプディング・・・ノーコメント。
ネギ・・・白菜・・・ノーコメント。
マカロニのなにか・・・うーん・・・
リゾットのようななにか・・・ノーコメント。
201612leversonverre_Minamiosawa-6.jpg
どんどん焼かれて補充されてくるパンコーナーです。
ジャムやバターがいっさい無いのがちょっと寂しいです・・・。
ちなみにバターは別料金(300円だそうです)で提供してもらえるようです。
201612leversonverre_Minamiosawa-7.jpg
ドリンクコーナーです。
冷たいものも温かいものもあります。
ミルクはコーヒーフレッシュではなく牛乳なところが好感が持てます。
201612leversonverre_Minamiosawa-8.jpg
キャロットラペと黄色い豆がおいしかったです。
サラダにかけたライムのドレッシングも気に入りました。
201612leversonverre_Minamiosawa-12.jpg
つまり、これ、最高。(笑
キャロットラペにパルミジャーノ+ライムドレッシング。
もう、前菜はコレだけでいいってほどに美味しいキャロットラペでした。
パンは四角いこのパンがやわらかくて食事に合います。
(というのも豆とサラダ以外は全部ビミョーなうえ、四角いパン以外はかたくてバター無いと食えんやろ、とな。)
201612leversonverre_Minamiosawa-14.jpg
ここでセンス無く盛りつけられたわたしの友達の前菜皿をご覧ください。
「中国人の朝食バフェか!」とツッコミたくなるような盛りっぷりです。
201612leversonverre_Minamiosawa-11.jpg
メインは鶏肉とゴボウとソーセージのシチュー的なやつと、
白身魚を煮付けたなにかです。
説明されたけど、全く覚えていません、すみません・・・
201612leversonverre_Minamiosawa-10.jpg
ルヴェソンヴェールに予約して訪問するとメインが2種類付きます。
肉メニューと魚メニュー。
どちらも程よくおいしかったですが、単品なら魚メニューを選びます。
201612leversonverre_Minamiosawa-13.jpg
デザートも予約ランチ限定です。
ゆずのコンポートやジャムがのった今の季節っぽいデザートでした。
メイン2種+デザートがつく予約ランチは1500円(税別)です。
通常ランチが1000円(税別)なので、待たずに入れる予約ランチがおすすめです。
201612leversonverre_Minamiosawa-15.jpg
ルヴェソンヴェール南大沢店は首都大学キャンパス内に建っているため、
専用の駐車場がありません。
車で行くとなると、ラ・フェット多摩やイトーヨーカドーなどの駐車場を
利用するのが便利かなと思います。
京王相模原線の南大沢駅から徒歩10分ほどです。
5年間お世話になった南大沢駅、なつかしさもあいまって楽しいランチでした。

ルヴェソンヴェール南大沢:オフィシャルサイト

越谷の「ゆであげスパゲッティ・ビストロ」でランチをいただきました。


超おひさしぶりの「ゆであげスパゲッティ・ビストロ」です。
最近、グルメコンダクターと化しているわたしは、
ぞろぞろとお友達を引き連れて、はるばる越谷までやってきました。
201610bistro_Taisei_Lunch-2.jpg
ランチタイムを目指してきましたがフライングです。
まだモーニングの時間でした。
201610bistro_Taisei_Lunch-3.jpg
「席についてメニューみててくださいね〜
11時になったら注文してくれればいいですよ〜」という店員さんの好意に甘えまして、
あーでもない、こーでもないとメニューを見て悩みましょ。
201610bistro_Taisei_Lunch-4.jpg
お友達が「雰囲気がいい!また来たい!」って食べる前から言っています。
わたしも「ふたり用の席もあるし!デートにもピッタリ!」と、
自虐ネタに磨きがかかっています。
201610bistro_Taisei_Lunch-5.jpg
シンプルマルゲリータ・1000円也。
スパゲッティのまえに前菜としてピッツァをいただきました。
ピザが前菜?というツッコミは受け付けておりません。
ビストロのピザカッターは切れ味バツグンらしく、
「もっと切りたい!」とYちゃんが申しておりました。
201610bistro_Taisei_Lunch-6.jpg
4等分でいいよって言ったのに切りたかったらしく8等分です。
ほっとくと16等分にされそうだったので、さっさと食べ始めます。
クリスピーな生地が最高です!
201610bistro_Taisei_Lunch-7.jpg
国産鶏肉とキノコのバジルクリーム・1080円也。
201610bistro_Taisei_Lunch-8.jpg
茄子とベーコンのアラビアータ・860円也。
国産鶏肉とブロッコリーのバジルジェノベーゼ・990円也。
ビストロのスパゲッティはS、M、Lの3サイズあってSが90gなのですが、
なかなかの量なので女性はSサイズで充分だと思われます。
Mサイズ120g(100円増)、Lサイズ180g(200円増)です。
ジェノベーゼ、やっぱりうまかったです。
今日はランチメニューをオーダーする人が居なかったですが、
お得なランチメニューもありましたよー。
201610bistro_Taisei_Lunch-9.jpg
食後のコーヒーは「本日のブレンド」をいただきます。
コーヒー豆がどっさり並んでいるだけあって、コーヒーも美味しいです。
201610bistro_Taisei_Lunch-10.jpg
デザートをちょっとだけ食べたいからって注文した「ちょぴっとパフェ」ですが、
名前にちょぴっとってついてるのに全然ちょぴっとではなく・・・
201610bistro_Taisei_Lunch-11.jpg
むしろチョコバナナパフェよりもでかいんじゃないかっていうサイズでした。
チョコバナナパフェ・450円、ちょぴっとパフェ・330円也。
ちょぴっとパフェにはビストロのおいしいコーヒーゼリーがたっぷり入ってて、
めっちゃお得な感じがします!
201610bistro_Taisei_Lunch-12.jpg
紅茶のシフォンケーキ・400円也。
店内でケーキを食べると、もれなくアイスクリームとホイップクリームがついてきます。
201610bistro_Taisei_Lunch-13.jpg
ドルチェ盛り合わせ・450円に100円プラスしてカットケーキを3個にしたバージョン。
どれも美味しいのですが、やっぱりビストロのコーヒーゼリーが好きです。
カップに入ったミニデザートがコーヒーゼリーでラッキー。
201610bistro_Taisei_Lunch-14.jpg
ゆであげスパゲッティ&手づくり珈琲 ビストロ
越谷市大成町2ー293
TEL 048ー988ー7888
営業時間 朝9時から夜10時まで
WEB:http://www.bistroda.com/

越谷の「ゆであげスパゲッティ&手づくり珈琲・ビストロ」(2014.05)
越谷の「ゆであげスパゲッティ&手づくり珈琲・ビストロ」(2014.10)