日本一太い半田そうめんは素麺というかやっぱりうどんだった件。


たまたまららぽーと東京BAYへA4コピー用紙を買いに行った7月のある日。
なんでトーキューハンズでコピー用紙を買って、
そのあと延々と電車で帰らなきゃいけないような罰ゲームをやったのか謎です。
その謎に輪をかけて、重いであろうそうめんも買いました。
201710Somen-2.jpg
揖保乃糸、特級品が250g、550円
揖保乃糸、特級品、古物が250g、600円
201710Somen-4.jpg
富山空港で350g700円で売ってた大門素麺は750円になっている!
夏の盛りには売り切れている素麺なので時価でもしょうがないきもします。
201710Somen-3.jpg
そしてわたしは、日本一太い素麺と紹介されていた半田そうめんを買いました。
900円!高いわ!って思ったけど700gも入っています。
201710Somen-8.jpg
トーキューハンズの日本全国そうめんMAPには「半田そうめん」と書いてあったけど、
商品には半田手延めんって書いてあります。
201710Somen-9.jpg
半田手延めん!
201710Somen-7.jpg
どっこにも素麺って書いてないよ!
これは本当に素麵なのか否か。
201710Somen-10.jpg
「ひやむぎ」と「そうめん」の違いっていうサイトに書いてありました。
これによると、半田そうめんは素麺ではなく「細うどん」ですね。
201710Somen-6.jpg
はじめからつゆに浸っている富山スタイルでいただきます。
半田手延めんは福岡うどんのようなツルツル感がたまらない麺です。
スポンサーサイト

埼玉県の「いがまんじゅう」という名の饅頭を赤飯で包んだ赤飯饅頭のこと。


もう5月も終わりに近づいていますが・・・
5月といえば「かしわ餅」です。
201705Manjyuya_Misato-2.jpg
創業100年以上の老舗和菓子屋さん「饅頭屋」さんへ、
かしわ餅を買いに行きましょー!
201705Manjyuya_Misato-3.jpg
どっさり買ってきました。
季節のものは悔いの残らないように食べておきませんと。
201705Manjyuya_Misato-6.jpg
柏の葉っぱの香りがお餅にしみこんでて美味しいです。
「餅は餅屋」といいますが、饅頭屋さんのかしわ餅、大変美味しゅうございます。
201705Manjyuya_Misato-7.jpg
なんといってもあんこがうまい。
たくさん買ったつもりでしたが、あっという間に食べ終わってしまいました。
201705Manjyuya_Misato-4.jpg
かしわ餅を買った時にレジ横でみつけた「赤飯饅頭」なるものです。
お店の人に「赤飯の中にあんこが入っているんですか?」ときいたところ、
「あんこだけじゃなくて饅頭が丸ごと入っています」とのことでした。
ためしに1個買ってきてみました。
201705Manjyuya_Misato-5.jpg
ナニコレ!超ウマイ!
お赤飯のしょっぱさと、饅頭の甘さが絶妙です。
201705Manjyuya_Misato-8.jpg
赤飯饅頭の美味しさに魅了されて翌週も饅頭屋へ行きました。
赤飯饅頭を求めて「ごめんくださーい、赤飯饅頭くださーい」
201705Manjyuya_Misato-9.jpg
・・・赤飯饅頭、売ってなかった・・・
なんでも土日やイベントのある日、ご注文があった日にしか作っていないそうな・・・
というわけでこの日は注文を入れてきました。
201705Manjyuya_Misato-10.jpg
せっかく饅頭屋さんに来たので、手ぶらでかえるのもなんなので、
茶饅頭と水ようかんを買いました。
毎日仕込んでいるあんこが旨いので、茶饅頭も水ようかんも安定のおいしさです。
201705Manjyuya_Misato-13.jpg
そして翌々日、予約しておいた赤飯饅頭を買いに訪れました。
あります!あります!
赤飯饅頭もお赤飯もあります。
201705Manjyuya_Misato-11.jpg
これがわたしの愛する赤飯饅頭です。
いっこ110円というお財布に優しいお値段です。
201705Manjyuya_Misato-15.jpg
しかも、いっこがこんなに大きいのです。
赤飯饅頭だと知らずに見た目だけで判断して食べると、
中からあんこが出てきてビックリすること間違いナシです。
ところで、なんで赤飯の中に饅頭なんて入れちゃったんだろうか?と思ったら、
そもそも埼玉県には「いがまんじゅう」という名前の、
赤飯の中に饅頭を入れた食べ物が存在するんだそうです。
デイリーポータルZ:包んだり包まれたりする赤飯と饅頭
↑興味のある人は読んでみてください。
201705Manjyuya_Misato-14.jpg
8個買ってきた赤飯饅頭もあっというまに完食です。
この食感と味、思い出すと食べたくてしょうがなくなります、中毒性あり!
危険です、体重的にも・・・ごちそうさまでした。

御菓子司(有)篠田製菓 饅頭屋
埼玉県三郷市番匠免1-48 TEL:048-952-6054
営業時間 9:00AM - 5:00PM  定休日:月曜日
三郷の創業101年の歴史ある和菓子屋さん「饅頭屋」

沢口靖子が「ルヴァンパーティーへようこそ!」と言っていたので新旧リッツとルヴァンを食べ比べてみた。[ Welcom to the Levain Party ! ]

201702RITZ_Levain-1.jpg
日本でリッツといえば沢口靖子ですが、その靖子がルヴァンのCMをしていたんだ。
「ルヴァンパーティーへようこそ」って優雅に言ってたんだ。
それは日本のリッツファンが察するには充分すぎるCMである。
2016年9月12日にヤマザキナビスコのリッツの歴史が幕を下ろしてかたというもの、
変わってしまったリッツの味に日本のリッツファンは悲しみに明け暮れていた。
そんな時に靖子がルヴァンを持って現れたんだ。
まさに女神。
(試験に出ない順英単語帳はわたしの愛読書です。Amazonでどーぞ。)

さっそくルヴァンを探しにいってみたら新リッツの隣に置いてありました。
しかもイトーヨーカドーでは新リッツ1列に対してルヴァン2列です。
201702RITZ_Levain-3.jpg
ここに新旧リッツとルヴァンがあります。
こないだチェンマイへ一緒に行ったMちゃんが旧リッツをチェンマイにまで
持ってきてました。わたしたちの旧リッツ愛はそこはかとなく深いのです。
201702RITZ_Levain-4.jpg
というわけで、こんだけそろったらやってみるでしょ。
Let's たべくらべ。
201702RITZ_Levain-5.jpg
リッツパーティーが始まりそうな雰囲気ではありますが、
のせる具材がありません。
201702RITZ_Levain-6.jpg
旧リッツとルヴァンの味が同じです。
サクサク具合も同じです。
違うのはカタチだけです。
さすがヤマザキナビスコ!
「日本のリッツは日本人の好みに合わせて日本オリジナルのレシピで作られていた」
そうですよ、リッツを愛するMちゃん談です。
新リッツも美味くないわけじゃなくて、新しい食べ物として認識すればおいしいです。
201702RITZ_Levain-8.jpg
旧リッツとルヴァンの原材料の比率や品目が違うのに絶妙な旧リッツ味です。
新リッツはインドネシアでつくられているそうです。
201702RITZ_Levain-7.jpg
さぁ、こんなに開封しちゃったクラッカーをどうするんですか。
リッツ&ルヴァンパーティーを開催するしかないじゃないですか。
201702RITZ_Levain-9.jpg
ここでひとつ、とっておきのレシピを紹介します。
用意するものは、
新鮮なおいしいリンゴ、クリームチーズ、リッツもしくはルヴァンです。
201702RITZ_Levain-10.jpg
クラッカーにクリームチーズを塗ってリンゴをのせるだけ。
リンゴとリッツの質の違うサクサク感と3種が口の中で交ざり合った味が、
想像している以上においしくてさっき開封したクラッカーなんて瞬殺です。