ネパール産のヒマラヤン・コーヒーハチミツはコーヒーの味や匂いがするのだろうか?


ネパールレストラン・ソルマリの隣のネパール食材店で手に入れたハチミツです。
ヒマラヤン・コーヒーハニー、なんとこの小瓶で1000円!
201801CoffeeHoney-2.jpg
では、このコーヒーハチミツをいただいてみましょう。
クラッカーにクリームチーズを塗りつけたものを用意します。
201801CoffeeHoney-3.jpg
このうえに、コーヒーハチミツをとろーりとたらして食べます。
コーヒーの繊細な味を味わうために、宴の一番最初にみんなで食べてみました。
201801CoffeeHoney-4.jpg
うまい!けど、コーヒー感があるかと言われてば、はてしなく普通のハチミツだ!笑
とてもおいしいのだけれども、ここがコーヒーだ!という主張は感じ取れませんでした。
タイのロンガンハニーは「あぁ!これこれ!この匂いと味!」というのがあるんですが・・・
確かにコーヒーは豆を焙煎して湯で抽出してこその味と匂いであって、
コーヒーの花がコーヒーの匂いかどうかは嗅いでみたことが無いので分かりません。
そして、このおつまみがウマかった!というのはゆるぎない事実です。
スポンサーサイト

タイの黒いゼリー、チャオクワイ(เฉาก๊วย)のこと。


罰ゲームに使ったこの世のものとは思えないクソまずい黒いゼリーについて語ろうか。
この漆黒のゼリーはタイ語で「チャオクワイ(เฉาก๊วย)」といいます。
仙草ゼリーGrass jellyとも表記されていて、
こんなものが世界中で食べられていることに驚きを隠せません。
201711Grass_Jelly-3.jpg
今回はマレーシアのイポーという地方の「Gui Ling Tong」という店でであった
殺人的なマズさのグラスゼリーから帰国してもなお毒ゼリー騒動は続きました。
201711Grass_Jelly-1.jpg
イポーという場所にはチャイナタウンがあって、
中華料理っぽいレストランがいっぱいありました。
そこで食後に連れて行かれたデザートショップで出されたものがコレでした。
オリジナル味の毒ゼリーに蜂蜜をかけて食べるのが正式なスタイルなんだとか。
201711Grass_Jelly-5.jpg
あまりのマズさに友達に勧めてみたところ、口に入れた瞬間にのけぞって
マズさを表現する上で最高な表情をうかべて悶え苦しんでいました、笑
201711Grass_Jelly-2.jpg
マズさが軽減されているようなメニューもありましたが、基本的には毒ゼリーの味です。
なので今回の旅で何度となく登場するこのチャオクワイのことを
タイ人にも日本人にも分かりやすく「ポイズンジェリー」と呼ぶことに決めました。
201711Grass_Jelly-4.jpg
Gui Ling Tongの店内の様子。
わたしたち日本人は食べ慣れていないポイズンジェリーに尻尾を巻きましたが、
子供の頃から食べているタイのお友達は「うまいうまい!」と食べながら、
「ビター!」と叫びながら悶える日本人を見て和やかに笑っていました。
201711Grass_Jelly-6.jpg
ソンクラーのレストランの朝食のデザートに食べたポイズンジェリー。
こちらもイポーのものと同じくらいストローングな毒さ加減でした。
201711Grass_Jelly-7.jpg
これはアユタヤのレストランでランチの後に食べたポイズンジェリー。
これは使われている毒草の分量が控えめなのか、ちょっとおいしいかも!
とさえ思ってしまいましたが油断は禁物です。
そーいえば、この毒ゼリーはたびたびわたしの食卓に登場していました・・・。
「太田胃散の味」だと3年前のわたしが的確に表現しています。
201711Grass_Jelly-8.jpg
そして旅の締めくくりに持たされたタイ友達セレクトのタイみやげがコレです。
めっちゃくちゃ重かったです。
201711Grass_Jelly-9.jpg
このデカさ。
そしてこの漆黒感・・・オリジナルに限りなく近いストローングな味に違いない。
201711Grass_Jelly-10.jpg
1000グラムって書いてある!
どーりで重いはずだぜ・・・どーりで受託手荷物超過したワケだぜ・・・
世にも恐ろしいチャオクワイ(เฉาก๊วย)のお話でした。
なお、タイ人友達の証言によれば「タイ人の8割は毒ゼリーが好き!」って言ってたので
タイ人にとって、おいしいおやつであることは間違いなさそうです。

日本一太い半田そうめんは素麺というかやっぱりうどんだった件。


たまたまららぽーと東京BAYへA4コピー用紙を買いに行った7月のある日。
なんでトーキューハンズでコピー用紙を買って、
そのあと延々と電車で帰らなきゃいけないような罰ゲームをやったのか謎です。
その謎に輪をかけて、重いであろうそうめんも買いました。
201710Somen-2.jpg
揖保乃糸、特級品が250g、550円
揖保乃糸、特級品、古物が250g、600円
201710Somen-4.jpg
富山空港で350g700円で売ってた大門素麺は750円になっている!
夏の盛りには売り切れている素麺なので時価でもしょうがないきもします。
201710Somen-3.jpg
そしてわたしは、日本一太い素麺と紹介されていた半田そうめんを買いました。
900円!高いわ!って思ったけど700gも入っています。
201710Somen-8.jpg
トーキューハンズの日本全国そうめんMAPには「半田そうめん」と書いてあったけど、
商品には半田手延めんって書いてあります。
201710Somen-9.jpg
半田手延めん!
201710Somen-7.jpg
どっこにも素麺って書いてないよ!
これは本当に素麵なのか否か。
201710Somen-10.jpg
「ひやむぎ」と「そうめん」の違いっていうサイトに書いてありました。
これによると、半田そうめんは素麺ではなく「細うどん」ですね。
201710Somen-6.jpg
はじめからつゆに浸っている富山スタイルでいただきます。
半田手延めんは福岡うどんのようなツルツル感がたまらない麺です。