スラックラインをやる森が無い?![ Where should we go to play slackline ?! We checked radiation levels in the park. We have nowhere to play in east of Japan.Oh well...]


梅雨の晴れ間の快晴のある日、山の天気予報を見ると・・・
「雷雨、油断大敵!!!」なんて書いてあるもんだから、
雷は怖いよね、公園でスラックラインでもやっとく?となった運びで、
八千代台北子供の森公園にやってきました。
20130627-4.jpg
「線量が高い」と言われているこの公園。
とりあえず裸足でスラックラインをやることが可能なレベルなのかを
エアーカウンターにてチェックしてみることにしました。
0.24マイクロシーベルト。
0.24マイクロシーベルトという数字はここを参考にしてください。放射能の安全レベル
311以前は自然放射線量が毎時0.05マイクロシーベルトだということを思うと、
余計な被爆を強いられていることは否めません。
20130627-1_R.jpg
覆面調査員T氏。
手足がむき出しですけどもぉーーー!笑
20130627-5.jpg
八千代台北子供の森公園内でも線量の低い場所、高い場所があり、
やはり落ち葉が吹きだまる場所や汚泥がたまる場所は高めです。
木馬の首の付け根辺りは0.20マイクロシーベルトでした。
ちょっとここじゃ裸足になりたくないね・・・ということで移動。
20130627-7.jpg
高津東第二公園です。
入り口の石段では0.05マイクロシーベルト。
あれ?低いね。これだったら遊べるね、この公園!
20130627-6.jpg
実に3、4年ぶりくらいにスラックラインをやりました。
やばい・・・ぜんぜんできなくなってる・・・くやしい・・・
20130627-2_R.jpg
覆面調査員T氏、うまい!すぐにカンを取り戻したようです。
アクティビティを楽しみましたが、実は公園の中は0.20マイクロシーベルトでした。
入り口は石段で水の流れが良い場所だったので低かったようです。
第二公園は公園全体が砂地です。
よく雨水を吸い込む砂地です。
おうちに帰って足をよく洗いましたが、確実に被爆しましたね。
だけどもスラックラインは楽しかったんですよ~。
結局、また行っちゃうんだろうな・・・

<おことわり>
エアカウンターの数値は絶対的なものではありません。
また、エアカウンターの機種によっても数値にバラつきがあります。
今回は地面からの高さを各地で同じにして計測時間もそろえました。
個人が計測した結果です。
スポンサーサイト

梅雨ですが芝生の上で豪華なキャンプをやってきました。[ We throw a party under the TARP, this's a Japanese camp style in the rainy season.]


アジサイの花が美しい梅雨の6月。
台風3号が日本に接近しているですって?ノープロブレム。
20130611staffcamp-2.jpg
おろしたてのヘリノックスチェアと共にキャンプ、スタート!!!
20130611staffcamp-3.jpg
今回は大所帯のため、ランドステーションパーティー張りバージョンです。
キッチン部分はテンマク・ムササビ焚火バージョン。
20130611staffcamp-4.jpg
キャンプの料理といえば男!
シェフ達がいろいろな料理を繰り出してきます。
20130611staffcamp-5.jpg
昼間の参加者は12人。
料理の傍ら、テントたて方講習・焚火講習・ランタン講習・ツーバーナー講習、
エスプレッソメーカー講習・パーコレーター講習・モッフル作り方講習・・・
プログラム満載です。
20130611staffcamp-6.jpg
ツーバーナーキッチンでは、ゆでたまご?
20130611staffcamp-7.jpg
ゆでたまごはカメシェフによって豚バラの角煮になりました。
うますぎた!
20130611staffcamp-8.jpg
クロシェフによるアサリの白ワイン蒸し。
色合いがオシャレなモテメニューです。
うますぎた!
20130611staffcamp-9.jpg
で、アサリの白ワイン蒸しの下段部分のダッチオーブンでは、
蒸しトウモロコシができあがっておりました。
バターと醤油をまんべんなく塗りこめて、
うますぎた!
20130611staffcamp-10.jpg
ステンレスダッチオーブン2号機の中では豚バラ肉がスモークされていました。
このままでも十分すぎるほどにうまいんだけれども・・・
20130611staffcamp-11.jpg
その2号機から肉を取り出して、ごはんが炊けたころ・・・
20130611staffcamp-12.jpg
さっきの燻製豚バラ肉がカレーになっていました。
これがかの有名な「おいしいスープがおいしいカレーになるカレー」ですか?!
モモシェフからクロシェフへの伝承レシピだって。
このカレー、うますぎた!うますぎた!
20130611staffcamp-14.jpg
キャンプのお約束。焼きマシュマロももちろんやるよ!
20130611staffcamp-13.jpg
豆を蒸すとうまいらしい!というので、
ダッチオーブンでソラマメを蒸してみましょう。
うますぎた!
20130611staffcamp-15.jpg
キャンプはうまいコーヒーと共に。
「移動カフェSTARBOCKLE」が美味しいコーヒー講習会を開催中。
(注:スターバックスのロゴによく似ていますが、顔が違います)
20130611staffcamp-16.jpg
キャンプサイトを照らす大型ランタンは4~5個あると幸せです。
「明るいにこしたことはない!」
明るいと料理がうまそうに見えます。
20130611staffcamp-17.jpg
夜に到着する部隊のために、ローストチキン、スタート!
ローストチキンもクロシェフの十八番です。
20130611staffcamp-20.jpg
焚火台はどんどん重ねて使うもの。
親焚火台の上に子焚火台、子焚火台の上にダッチオーブン、
オーブンの上にはパーコレーター。
これが正しい焚火ナイツツリーです。
20130611staffcamp-18.jpg
感激なおいしさのサングリア!
夜の部参加人数13人。
焚火でR1フーディーに穴をあけたりしながら、たのしいキャンプナイツは更けていくのでした。
20130611staffcamp-19.jpg
6月の小雨キャンプはギラギラ太陽光線がなくて、これはこれでアリですよ。
のべ参加人数18人?
設営とお料理をしてくれたみんな、ありがとー!
次の日、撤収してくれたみんな、本当におつかれさま!
キャンプは大所帯が楽しいね。