富山のオシャレすぎる自家焙煎カフェ「koffe」で優雅に珈琲をいただきました。2018年バージョン。[ Koffe has cozy space and tasty coffee in Toyama-city. ]


冬なのに空が青い!
そう、ここは千葉ではなく富山です、富山の冬の空が青いなんてステキすぎる!
201802koffe_TOYAMA-2.jpg
朝の冷たい空気を切るように歩き、ほっぺを真っ赤にしながらたどりつきました。
コッフェ(koffe)です。
201802koffe_TOYAMA-3.jpg
2014年に訪れた時から変わっていない安心感、白い壁と、温もりのある家具。
まだ2回目なんだけど、ただいまって言いたくなるのはここが富山だからに違いありません。
なんだかんだ言ったって千葉に住んでるからってやっぱり富山が好き!
201802koffe_TOYAMA-4.jpg
コーヒーを待っている間にじっくり手で味わうこの家具も、
以前のブログにも「欲しい」って書いてありました。
今見てもやっぱりいいな〜このテーブル。
201802koffe_TOYAMA-5.jpg
カフェオレと柑橘のタルトをいただきました。
コーヒーを味わいに来たんじゃないのか!というツッコミはちょっと、ごめん・・・
朝だったので、どーしても牛乳の入ったやつが飲みたかったの。
201802koffe_TOYAMA-7.jpg
しみる!「うまい」が全身に染みわたるよー。
シンプルで美しいカップとカトラリーと木漏れ日で朝の15分がまるで悠久のようです。
201802koffe_TOYAMA-6.jpg
柑橘のタルトのおいしさが並大抵ではありません。
オレンジのカスタードと甘露煮が最高すぎて朝から泣きそうです。
スイーツとコーヒーとお店の雰囲気の総合点で日本一です!と言い切ってよいと思います。
201802koffe_TOYAMA-8.jpg
そして仕事を控えたわたしは15分もかからず、カフェオレとタルトをたいらげ、
コーヒー豆を買って「ごちそうさま!」とまるで蕎麦屋を出るようにコッフェを後にしたのです。
201802Coffee_Story-10.jpg
季節限定モノには弱いのです・・・
200g1300円、なかなか良いお品ですよ〜、おみやげにしましょう。
ダイジョーブ、きょうの仕事はギャラが出るからな(w
201802koffe_TOYAMA-9.jpg
コッフェ(koffe)珈琲豆と焼き菓子
富山県富山市舟橋南町10-3
TEL:076-482-3131
営業時間 [ weekday 12:00PM - 7:00AM ] [ weekend 10:00AM - 7:00PM ]
木曜定休
URL:http://www.koffe-coffee.com/
スポンサーサイト

松戸の自家焙煎・ネルドリップコーヒー屋さんカルガモコーヒーに行ってきた。[ Karugamo coffee at Matsudo, Chiba. ]

20171117karugamo_coffee_Matsudo-14.jpg
松戸駅西口からちょいとあるいたところに、
カルガモコーヒーというなんとも惹かれる名前のカフェがあります。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-4.jpg
店内も女子がキャーキャー言いそうないい感じですが、
このコーヒー屋さんはキャーキャー言ってはいけない雰囲気が漂っているので
心の中でキャーキャーをかみしめましょう。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-3.jpg
北欧雑貨大好きなNさんがキャーキャー言いそうなので、
このお店を教えてあげようと思います。
くれぐれも黙ってコーヒー飲んでくるようにね、と念を押して。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-6.jpg
このカウンターの奥でマスターがコーヒーを淹れてくれます。
ネルを左手に構えて右手のポットを動かしながらドリップする作法でした。
20171117karugamo_coffee_Matsudo_17.jpg
1杯目のコーヒーはお店の名前がついているのを飲む、それがわたしのルールです。
かるがもブレンドに決まりです。
20171117karugamo_coffee_Matsudo_16.jpg
コーヒーチョコスコーンも食べるんだ♪
ケーキ類480円+270円で珈琲セットにできます。
(友達はまだコーヒーを選んでいますので、ほっときましょう)
20171117karugamo_coffee_Matsudo-7.jpg
興味深い本がいっぱい置かれています。
コーヒを待つ間、2冊の絵本と2冊の単行本を楽しみました。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-8.jpg
かるがもブレンドとコーヒーチョコスコーンがやってまいりました。
コーヒーカップの愛らしさにキューンとなります。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-9.jpg
全部違うコーヒーカップでサーブされました。
わたし以外の2杯はグァテマラが注がれています。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-10.jpg
スコーンもさることながら、クロテッドクリームがうまくて、
お行儀悪くスプーンをペロペロしているところを友達に目撃されてしまい、
「そんなにうまいの?そのクリーム」と言われたことはナイショです。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-12.jpg
ホットコーヒーはお替りを1杯いただいてもいいということで2杯目!
コーヒーの種類をかえてもいいそうです。
しかもコーヒーカップも違うもので出してくれました。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-13.jpg
かるがもブレンドがとてもおいしくて気に入りましたが、
ここはひとつ初めてのお店なのでいろんなのを飲んでみたい!ので、
かるがもアメリカンをいただきました。
2杯目にナイスチョイスなスッキリしたおいしいコーヒーでした、ごちそうさま。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-11.jpg
ものすごい余談ですが、
ここのマスターはカウンターの裏からチラッと客を見ただけで、
その人の好みが分かってしまうんじゃないだろうか?というほどに
コーヒーカップの選び方がグッジョブです、ナイスすぎです、どストライクです。
その人が好きそうなカップで出してくれます。
偶然なのかもしれませんが、2種類のカップはともにワタシのツボを押さえていて
「お見事!」と思いました。
20171117karugamo_coffee_Matsudo-18.jpg
大きな看板が見えます。
階段をのぼって2階にカルガモコーヒーがあります。

Karugamo coffee [ カルガモコーヒー ]
千葉県松戸市本町14-18 松戸敏夫ビル2F
TEL:047-710-0109
営業時間 朝10時から夜7時まで(毎週月曜・第1火曜定休)

駅南の”自家焙煎珈琲店らんぶる”でコーヒー豆を買ってみました。


富山に帰省して3日目。
駅南(えきなん)で友達と待ち合わせをしたときに友達が見つけたお店です。
「自家焙煎珈琲店らんぶる」で豆を買って友達んちで飲むことにしました。
201706Rumble_Ekinan-14.jpg
コーヒー屋さんというのは、みんなの憩いの場です。
201706Rumble_Ekinan-3.jpg
自家焙煎珈琲店らんぶるの店内は広い。
201706Rumble_Ekinan-5.jpg
お店の名前がついている豆を買って帰りましょう。
らんぶるブレンドを200gください。
201706Rumble_Ekinan-6.jpg
・・・コーヒー豆に焙煎した日付が書いてありませんでした・・・。
自家焙煎のお店なら焙煎日を書いておいてほしいものですが・・・。
201706Rumble_Ekinan-8.jpg
豆も選別されてなくて、くだけた豆や豆の皮が入っちゃっています・・・。
う〜ん、、、どうしたもんだか、、、
これ、豆で買わないでお店で挽いてもらったらクズ豆や皮がはいったまんまで、
ミルされて渡させてしまうんだろうか・・・。
201706Rumble_Ekinan-7.jpg
それでもなんとか友達がネルドリップで最善を尽くしてくれました。
まさか「らんぶる」って名前のとおり、ガラガラゴロゴロした豆も・・・
って意味じゃないことを願います・・・・・・
うるさくてゴメン。