廻るすしざんまい越谷レイクタウン店の寿司はうまい!


すしといえば初競りのマグロでなにかと話題のすしざんまい
あれは春のことだったかしら・・・
真夜中にすしざんまい本陣にやってきました。
本店ではなく本陣。
築地には本店やら本陣やら新館やら駅前店やら、
とにかくたくさんのすしざんまいがあるのです。
社長人形が「うぇるか〜む」ってやってるのが本陣です。
201707Sushizanmai-3.jpg
寿司が1貫単位です。
なんだかメニュー表を見て寿司を注文するって外国っぽいですね。
201707Sushizanmai-2.jpg
すしざんまいにはマリファナがあるのか?
とにもかくにも隣の席の宴会がうるさすぎてこちらの会話が成り立たない始末・・・
あまりにもうるさかったためお店の人が自発的に何度も注意していましたが、
そりゃね、もう3軒目くらいの盛り上がりっぷりでヒートアップしまくりでした・・・
会話が成り立たない状態でお寿司もぐもぐ・・・
201707Sushizanmai-4.jpg
社長の始球式とか。
初すしざんまい、おいしかったですが、なんだか店内喫煙可能だったし、
煮え切らない感じでした・・・
〜〜〜〜〜ここまでが築地すしざんまい本陣です〜〜〜〜〜
そして数ヶ月後・・・↓
201707Sushizanmai-7.jpg
そしてこちらは「廻るすしざんまい越谷レイクタウン店」です。
白身三貫盛です。
白身三貫ですが、このお魚はなんですか?
201707Sushizanmai-5.jpg
メニューを見れば書いてあるに違いない!
と思ってメニューを開いてみると・・・
201707Sushizanmai-9.jpg
英語で書いてある!!!
ジャックってなんだよ、ジャックって。
201707Sushizanmai-10.jpg
こんなときにはグーグル翻訳の写真とったら翻訳してくれる機能でサクッと翻訳。
と思いきや・・・
ジャックってなんだよ、ジャックって!!!
答え:しまあじ、金目鯛、かんぱち でした。
腹抱えて笑いながら食べた三種盛りは最高に美味しかったです。
三貫盛の翻訳よりも、人気の三貫盛の翻訳がツボりました。
サーモンロー!!!
201707Sushizanmai-6.jpg
廻るすしざんまい越谷レイクタウン店、うまいです、とっても!
なんだかすしざんまい本陣よりもずっとずっとネタが新鮮で美味しい気がするの・・・
魚の身も甘くて味が良いの・・・
気のせいじゃなく、ほんとうにこっちのほうが美味しいのです。
201707Sushizanmai-8.jpg
チーバくんの鼻のあたりに住んでる田舎者のわたしとしては、
築地に行くよりも越谷のほうが断然近いのです。
覚えておこう!廻るすしざんまい越谷レイクタウン店の寿司はうまい!ってことを。
あら汁、あおさ汁などは1杯注文するとおかわり自由でしたよ〜。
ごちそうさまでした。
廻るすしざんまい越谷レイクタウン店はmoriの1階にあります。

参照:すしざんまい店舗一覧
スポンサーサイト

芦峅寺の「手打ち蕎麦」という名前の手打ち蕎麦屋さんでおいしい蕎麦をいただきました。


いきなり料理の写真からお届けするディナーシリーズ、4日目です、
と言いたいところですが、今日はお昼しか営業していない蕎麦屋さんの紹介です。
その名も「手打ち蕎麦」です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-1.jpg
「ハイジの小屋」の中で土日の11時から14時だけ営業しています。
雪が溶けた5月から雪が降り出す前の11月頃までの限定営業です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-11.jpg
「ハイジの小屋」がどこにあるのかと言えば「富山キングス」の横です。
富山キングスは一年中スキーとスノーボードのアクションジャンプを練習できる施設ね。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-19.jpg
立山雄山登山口である立山駅をめざす道の途中に看板が出ています。
富山キングスの看板は見つけやすいですが、
手打ち蕎麦の看板は完全に自然にとけ込んでいるというか・・・見つけにくいです。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-10.jpg
通称ハイジの小屋だそうですが、
正式名称(?)は立山山麓・結の小屋です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-6.jpg
そう、山小屋です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-17.jpg
結(ゆい)の小屋は、YU(遊)、YU(湯)、YU(結)です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-25.jpg
ホントに湯がありました。
薪で炊く五右衛門風呂です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-4.jpg
そんな山小屋「結の小屋」で土日のみ営業中の手打ち蕎麦です。
小上がりとテーブル席があります。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-5.jpg
手打ち蕎麦のオーナーは実にサバサバとしたいい女です。
実はわたしのいとこです。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-3.jpg
手打ち蕎麦のあちこちに置かれている小物(焼物)は、
オーナーとオーナーの母が作った花瓶や鉢です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-8.jpg
お天気がよければ、小屋の中の窓から立山三山を眺めることができます。
ロケーションは最高です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-7.jpg
こちらが手打ち蕎麦のメニューです。
お店の名前は?ってきいたら「もう手打ち蕎麦でいいかな〜おもて」とザックリ答えていたので、
このままずっと「手打ち蕎麦」っていう名前になるような気がします。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-13.jpg
今年は蕎麦に一品料理が付くそうです。
その時期に採れた山菜料理です。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-23.jpg
もりそば。
つゆが去年より格段に美味しくなっているそうです。おいしかったよ!
201707Teuchisoba_Ashikuraji-15.jpg
せいろ ごま胡桃。
濃厚なゴマの風味と胡桃の食感がアクセントになってこれも美味しい!
201707Teuchisoba_Ashikuraji-14.jpg
せいろ 軟骨つくね。
食べ応えのあるお団子が3個も入っててお腹いっぱいです!
201707Teuchisoba_Ashikuraji-24.jpg
盛り付けに使われているお皿や小鉢も手作りです。
なかなか味のある器でしょ。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-20.jpg
小屋の中にはおもしろいオブジェがいっぱいあります。
このフクロウはわたしの父が掘ったものです。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-21.jpg
え?っていう大きさのコノギリだとか、
201707Teuchisoba_Ashikuraji-9.jpg
わら靴だとか、そり(?)だとか、珍しいものがいっぱい。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-18.jpg
こんな場所に蕎麦屋があるとは知らずに訪れる人も多いのだとか。
蕎麦を食べなくても、ゆっくり休んでいってね〜とのことですが、
イトコが一生懸命やってるんでぜひぜひ蕎麦を食べてってください。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-16.jpg
コーヒーはメニューにはありませんが、時折出てきます。
オーナーの手があいている時に気まぐれに出てくるそうです。
201707Teuchisoba_Ashikuraji-22.jpg
蕎麦もさることながら一品料理も手が込んでいました。(写真は3人分ね)
201707Teuchisoba_Ashikuraji-2.jpg
ツーリングや称名滝までの散歩にちょうどいい休憩場所です。
「手打ち蕎麦」によってかれ〜。

手打ち蕎麦
場所:富山キングスさん横の結の小屋
※ナビに住所を入れると別の場所をさしてしまうそうなので富山キングスを目指せば良いとのことです。
営業日:土日のみ
営業時間:11時から14時まで

“とんかつ林や”のぷりっぷりのエビフライをもう一度!


こないだ食べた海老フライが衝撃的な美味しさだったので、
友達を引き連れて「林や」にやってまいりました。
台風は明日来る予定でしたが、のれんがぐるんぐるんに巻き付いています。
201609Hayasiya_Misato-1.jpg
「林や」には迷って注文できなくなっちゃうほどたくさんのメニューがありますが、
無頭エビのプリプリっぷりがたまらん!!!って話しまくっていた結果、
全員が無頭エビのエビフライが付いた定食を選びました。
201609Hayasiya_Misato-2.jpg
林やセットです。
いつものようにゴマをすりすりして待ちます。
201609Hayasiya_Misato-3.jpg
はい、エビ・ヒレカツ・アジフライのセットです。
みんなのごはんをわたしが率先してよそってあげました。
お母さんの気持ちでね!
201609Hayasiya_Misato-4.jpg
エビフライ2本、アジフライ、ヒレカツがもっりもりのキャベツの上にのってます。
写真を見るだけで、昼に食べたのを思い出してヨダレが出てきます。
201609Hayasiya_Misato-5.jpg
わたし以外の3人がオーダーしたのはコチラです。
エビフライ2本、ヒレカツ、かにクリームコロッケ2個のセットです。
ごはんの炊き加減も絶妙です。
ごはんとキャベツのおかわりができますよ、って言われて感動してました。
201609Hayasiya_Misato-6.jpg
きょうも林やのエビフライはぷりっぷりでした。
サクサクのころもとジュージーなアジとヒレ肉。
しかもどの定食もリーズナブルなんですよ、最高です、林や。
ちょうどお昼時で混み始めた頃に食べ終わってササッと帰ります。
テーブル席は1ブース空いていましたが駐車場の数が少ないのでササッとね。
201609Hayasiya_Misato-8.jpg
帰り際に矢印のところにある看板を見てみんなが目を丸くして、
「え!東京都?!」って言ってました。
そうです、ここは埼玉と東京の境目です。
ようこそようこそ千葉から来てくれました、みんなありがとう、おいしかったね!

関連記事
とんかつ林や(2014.08)
とんかつ林や(2015.09)
とんかつ林や(2016.07)