“とんかつ林や”のぷりっぷりのエビフライをもう一度!


こないだ食べた海老フライが衝撃的な美味しさだったので、
友達を引き連れて「林や」にやってまいりました。
台風は明日来る予定でしたが、のれんがぐるんぐるんに巻き付いています。
201609Hayasiya_Misato-1.jpg
「林や」には迷って注文できなくなっちゃうほどたくさんのメニューがありますが、
無頭エビのプリプリっぷりがたまらん!!!って話しまくっていた結果、
全員が無頭エビのエビフライが付いた定食を選びました。
201609Hayasiya_Misato-2.jpg
林やセットです。
いつものようにゴマをすりすりして待ちます。
201609Hayasiya_Misato-3.jpg
はい、エビ・ヒレカツ・アジフライのセットです。
みんなのごはんをわたしが率先してよそってあげました。
お母さんの気持ちでね!
201609Hayasiya_Misato-4.jpg
エビフライ2本、アジフライ、ヒレカツがもっりもりのキャベツの上にのってます。
写真を見るだけで、昼に食べたのを思い出してヨダレが出てきます。
201609Hayasiya_Misato-5.jpg
わたし以外の3人がオーダーしたのはコチラです。
エビフライ2本、ヒレカツ、かにクリームコロッケ2個のセットです。
ごはんの炊き加減も絶妙です。
ごはんとキャベツのおかわりができますよ、って言われて感動してました。
201609Hayasiya_Misato-6.jpg
きょうも林やのエビフライはぷりっぷりでした。
サクサクのころもとジュージーなアジとヒレ肉。
しかもどの定食もリーズナブルなんですよ、最高です、林や。
ちょうどお昼時で混み始めた頃に食べ終わってササッと帰ります。
テーブル席は1ブース空いていましたが駐車場の数が少ないのでササッとね。
201609Hayasiya_Misato-8.jpg
帰り際に矢印のところにある看板を見てみんなが目を丸くして、
「え!東京都?!」って言ってました。
そうです、ここは埼玉と東京の境目です。
ようこそようこそ千葉から来てくれました、みんなありがとう、おいしかったね!

関連記事
とんかつ林や(2014.08)
とんかつ林や(2015.09)
とんかつ林や(2016.07)
スポンサーサイト

三郷の「林や」の海老フライのプリプリっぷりがハンパなかった件。[ I decided the most YUMMY-est deep fried prawn in Japan. ]


豚がなにやら麺類を食べている看板の「林や」です。
201607Hayashiya_Misato-6.jpg
赤い矢印のところに「林や」があって、
その横野黄色い矢印のところにウナギがおいしい「川魚根本」があります。
どっちも大好きな店です。
201607Hayashiya_Misato-7.jpg
このご時世に値下げの案内とは!
ありがたいことです。
201607Hayashiya_Misato-1.jpg
「林や」は「ごますりとんかつ林や」というのが正式名称らしいです。
とんかつが出来上がってくるまでに自分でゴマをすりすりします。
201607Hayashiya_Misato-2.jpg
値下げの案内がありましたが、今日は有頭エビではなくバナメイエビの
ミックスフライ定食にしました。
201607Hayashiya_Misato-3.jpg
バナメイエビ2尾、クリームコロッケ2個、ヒレカツという夢の競演です。
びっくりするほどに海老フライがうまかったです。
あんなプリップリの海老フライは今まで食べたことがありません。
林やの海老フライさえあれば世界中の海老フライが滅んでもいいとさえ思う美味さです。
201607Hayashiya_Misato-4.jpg
ランチタイムはサラリーマンや職人さんでにぎわう「林や」ですが、
ちょっと遅めに出かけていくと空いています。
201607Hayashiya_Misato-5.jpg
とはいってもランチタイムは午後1時45分までなのでお早めに〜。
それにしても海老フライのプリプリ具合が忘れられません。
夏バテなんかになっていないで胃腸の調子を整えてあしげく通いたいです!

関連記事
とんかつ林や(2014.08)
とんかつ林や(2015.09)

休日にはありえないほどの行列になってる牛たん炭焼・利久で牛たんランチを食べました。[ We ate The Sendai style beef tongue meal AGAIN! "Rikyu" is very popular restaurant. ]


今月は重ねる月です。
福岡のウエストうどんと千葉でのウエストうどんでごぼう天肉うろんを重ね、
ロッキーバーガーとヴィレッジヴァンガードダイナーでハンバーガーを重ね、
たん之助と利久で牛たん定食を重ねます。
休日には「フルーツバスケット!」って言ってみたくなるほどに、
並べた椅子で円陣を組んでみんなが向かい合って座って待つという異様な光景の利久です。
平日の11時は並ばずにお店に入ることができました。
201605beef_tongue_Rikyu_Laketown-2.jpg
牛たん定食についてきた「牛たんのつくね」です。
可もなく不可も無い味でした。
201605beef_tongue_Rikyu_Laketown-3.jpg
わたしが食べた「まる得利久セット/税別1550円」です。
シチュー、カレー、キーマ、トマトソース煮のなかから1個選べます。
さらにテールスープも付いているというお腹タプタプセットです。
201605beef_tongue_Rikyu_Laketown-5.jpg
特にすごくうまいわけでもない、ふつうのビーフシチューです。
ゴロンとした肉のかたまりが4個も入っててボリュームがあります。
友達が食べてた芋煮汁ととろろが付いてるセットの芋煮がうまかったです。
むしろシチューよりも芋煮です。芋煮を選ぶべきでした。
201605beef_tongue_Rikyu_Laketown-4.jpg
まる得利久セットは牛たん4切れです。
4切れともに焼き具合、柔らかさが絶妙に違ってて1切れ最高に旨いのがありました。
3人で行って全員違うものを注文しましたがどの定食も税別1550円で、
芋煮セットの牛たんは6切れ、通常の牛たん定食は8切れものっかってました。
あと、漬物好きのわたしには嬉しい漬物ドッサリ盛りでした。
201605beef_tongue_Rikyu_Laketown-6.jpg
牛たんストラップなるものがありました。
今月、仙台スタイルの牛たんを2回食べてみて「仙台といえば牛たん」っていう
合点がいきました。
個人的な意見ですが「利久」よりも「たん之助」のほうが好きです、牛たんもコメも。
ごちそうさまでした。

牛たん炭焼 利久 イオンレイクタウン店
イオン・レイクタウンmori 1階
営業時間 朝11:00から夜11:00まで
WEB:http://www.gnavi.co.jp/rikyu/